FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『探偵はバーにいる3』をトーホーシネマズ新宿11で、『探偵はバーにいる2』を丸の内TOEI②で、『日本敗れず』をユーロスペース2で観て、おおーおーあら

同日鑑賞繋がりと同シリーズ繋がり。
『日本敗れず』『探偵はBARにいる3』は同日鑑賞。『探偵はBARにいる2』は『3』を見る前に未見だったので「大泉洋映画祭」で見た。

◆『探偵はBARにいる3』トーホーシネマズ新宿11

▲かっけーぜ、セーラーマーズ。

五つ星評価で【★★★★北川景子はいいぞ】
トホホな探偵が自分なりの仁義を守りつつ巨悪と競り合って女とかかわりながら守っていく、みたいなラインはそのまんま。まあまあ、いつも通り、いい部分も悪い部分も併せ持ちつつ、今回は北川景子がとてつもなく良い役。作品の出来は北川景子で決まったと言っていい(あと鈴木砂羽とちょっとだけ前田敦子)。
大泉洋と松田龍平のコンビは安定している。この二人が何かとヤクザに絡まれて喧嘩沙汰になる事が多いのだが、いつもそこそこ有利な展開に持ち込みつつ、数で圧倒されないうちに逃げる、というパターンが確立されすぎてて、アクションシーンはダレる。
リリー・フランキーは普通。もっと出来たんじゃないかと思ってる。
北川景子が強くて弱くて自分が泥を被っても守る者は守るという姿勢がもう泣けてたまらない。
鈴木砂羽の元ソープ嬢、現定食屋のおかみ、って本物連れてきたみたいにしか見えないのが凄い。
前田敦子は今回の映画で一番「したたかな」役。

監督変わったのね。全く気付かなかった。
主役と脚本の映画なんだろうなあ。


◆『探偵はBARにいる2』丸の内TOEI②

▲コロコロ転がる関西弁がかーいー。

五つ星評価で【★★★★欠点だらけだけどこれも好き】
すこぶる評判が悪い。それも分かる。
ミステリーとしてボロボロなのである。
意外性はあるが、説得力のない犯人。
前作を踏襲して襲ってくるチンピラども(そんなんはよう分からんわ)

これが好きであると言う事はミステリーよりも人情ドラマが好きと言う事。恥ずいね。年取ったみたいで(取ったんたけとげ)。まあ、年は取ったんだけど。

尾野真千子ええがな。ガレッジセールのゴリも適役。
公開当時より今、見た方が政治家の「忖度」とかリアルでおもろい。


◆『日本敗れず』ユーロスペース2
五つ星評価で【★★眠いは眠い】
『日本のいちばん長い日』より13年早く同題材を取り上げた新東宝の映画。同題材だけあって見た事のある流れが面白いのだけど、それでも岡本喜八の娯楽力の高さには驚くしかない。
義憤にかられて決起する将校の中で宇津井健が一番真面目馬鹿でヤバい。
沼田曜が人情派。
丹波哲郎が切れ味鋭い懐刀と言った感じ。
日本人の役者は囚人と軍人をやらせたらピカ一と言われているがまっことそんな感じ。

早川雪舟は何だか軍人すぎる。
あと陸曹早川雪舟とやりあう外相山村聡がナイスミドルだった


【銭】
『探偵はBARにいる3』:トーホーシネマズメンバーポイント6ポイント使用で無料入場。
『探偵はBARにいる2』:旧作上映の「大泉洋映画祭素(旧作上映)」で1300円で鑑賞)。
『日本敗れず』:映画祭「映画と天皇」、ユーロスペース会員割引で300円安い1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
探偵はBARにいる3@ぴあ映画生活
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点@ぴあ映画生活
日本敗れず@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
探偵はBARにいる3@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト



コメント

今晩は。
『探偵はBARにいる3』ですが、「今回は北川景子がとてつもなく良い役」などとおっしゃっているところを見ると、前作について「ミステリーよりも人情ドラマが好き」とされるのと同じようなところから、本作をご覧になっているのがわかります。ただ、クマネズミは、大泉洋の「あの手の女は信用できない、病気というのも嘘じゃないか」という呟きの方にも真実味があるような気もするのですが。
また、『探偵はBARにいる2』については、先月開催された「大泉洋映画祭」でご覧になったとのこと。ネットで調べると、同映画祭は、『探偵はBARにいる3』の公開を記念して、大泉洋主演映画7作品を上映するというものながら、最優秀主演男優賞(!)を受賞した際の挨拶において、大泉洋は「茶番感がひどいというか、もうちょっと重々しくやってほしかったな」とぼやいたようですね。それはともかく、「ふじき78」さんが「ええがな」とされる尾野真千子は、“性格悪すぎ”とか“悪魔”とも言われるヴァイオリニストの高嶋さち子に似ているところがありました!
結局、第1作目に登場する小雪といい、第2作目の尾野真千子や最新作の北川景子といい、皆二面性を持つ女として描かれている用に思えました。

  • 2017/12/16(土) 17:49:21 |
  • URL |
  • クマネズミ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コンチハ、クマネズミさん。

> 結局、第1作目に登場する小雪といい、第2作目の尾野真千子や最新作の北川景子といい、皆二面性を持つ女として描かれている用に思えました。

ヒロインの設定(必ず謎があり、その謎は探偵にプラスにならないが、探偵は全力を尽くす)がルーチンつーか、パターン。話の全体構成も割りと似ている。あまり特殊な違った物を作ろうとする気かあまりないんでしょうね。

  • 2017/12/16(土) 22:03:09 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんにちは!

北川景子でしょうねぇ。
存在感が他者を圧倒させておりました。
内容も安定した面白さでしたが、確かに役者で見せるシリーズだったように思います。

  • 2018/06/16(土) 13:09:04 |
  • URL |
  • ヒロ之 #-
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは!

こんちは、ヒロ之さん。

> 北川景子でしょうねぇ。

1・2・3とどれも客演した女優さんは美味しい役でした。

  • 2018/06/17(日) 00:09:39 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5308-171e5518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

探偵はBARにいる3

相棒・高田の後輩・原田からの依頼は、失踪した恋人・麗子の捜索。 暇つぶしにと軽い気持ちで依頼を受けた探偵の俺は、麗子がモデル事務所を装った風俗店でアルバイトしていたことを知る。 店を嗅ぎまわっていたことがばれてボコボコにされるが、その店のオーナーだという美女・岬マリには見覚えがあった…。 人気ミステリー第3弾。

  • 2017/12/21(木)22:06:38 |
  • 象のロケット

探偵はBARにいる3

大泉洋と松田龍平の共演で映画化した『探偵はBARにいる』シリーズ第3弾。今回も札幌のススキノを舞台に、大泉演じる探偵と松田演じる高田の名コンビが女子大生失踪事件の真相に迫る様子を活写する。田口トモロヲ、松重豊らシリーズおなじみのメンバーに加え、新たに北川景子、前田敦子、リリー・フランキーらが参加している。あらすじ:ある日、高田(松田龍平)が探偵(大泉洋)に、行方不明になった大学生の麗子(前田...

  • 2017/12/19(火)12:49:10 |
  • 映画に夢中