ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『やくざ番外地』『刺客列伝』シネマヴェーラ渋谷

特集上映「西村昭五郎を再評価する!」から1プログラム。

◆『やくざ番外地』
五つ星評価で【★★★丹波哲郎がが最後にトチ狂って大虐殺】
1969年、カラー、86分。初見。
そもそも西村昭五郎、成人映画しか見てなくて、これが最初の一般映画だわ。
しかし、何となく煮え切らずにずっとずっと話が続いていく感じは西村昭五郎っぽい気がする。何となく、そんなイメージなんだけどなあ。見せ場は見せてやる。だが、テンポは俺の好きなようにやるぜ、みたいな。
主人公の丹波哲郎がこれから儲かるのは「多摩市よ」と言われて、土地のヤクザと愚連隊が諍いを起こしてるのに目を付けて愚連隊を支援して、土地のヤクザを追いだそうとする。土地のヤクザには昔の兄弟分、佐藤慶がいて、丹波、頑張るのだけど、妹の為にヤクザやってるのに妹が敵に付いたりして停滞状態になってしまう。丹波哲郎抗争から外された挙句、妹も含めて邪魔者皆殺しにされて、ついにとち狂った丹波哲郎抗争集結した手打ち式で偉い奴ら全て叩き殺して自分も殺されて完。
そこでやっと怒るのかよ、みたいな。
それにしてもヤクザの手の付いた飲み屋が山のようにあったり、賭場が開帳されてたり、これは自分の知る多摩市ではない。多摩市ってそんなに利権が唸ってるようにも思えんのだが、実録的な下地を元にして作られてるんだろうか?
丹波哲郎には丹波哲郎の事情があるのだけど、仕事のはかどり悪いんだから干されたりするのはしょうがないだろう。主人公だからそれなりに同情はするけど、どちらかと言うとキッチリ仕事こなしたゲスいヤクザの方がヤクザとしては正しいんじゃないかと思わなくもない。



◆『刺客列伝』
五つ星評価で【★★★高橋英樹が最後にトチ狂って大虐殺】
1969年、カラー、87分。初見。
前科者で手配犯の高橋英樹が大金を得るために身分を隠し人足になる。が、滅法強い高橋英樹は管理者側の用心棒チームに引っこ抜かれる。この管理者側の用心棒チームも管理者には信用されていず、離反者には等しく死が与えられる。間いろいろあって、人足と用心棒チームは管理者達に牙を剥いて大乱闘になる。
何か高橋英樹がヤクザの癖に真面目馬鹿で仕事が仕事なだけにストレスたまる。
最後になってそこでやっと起こるのかよ、みたいな。松原智恵子はなかなかカワイ子ちゃんだがいかつい英樹との組み合わせでは恋人と言うよりは娘みたいだ。



【銭】
通常二本立てて興行価格1500円-400円(会員割引)、、、じゃないや。会員9ポイント引き換えで無料入場をしたんだ。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
やくざ番外地@ぴあ映画生活
刺客列伝@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5353-e474ce78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad