FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『空の境界 第五章』シネリーブル池袋2もういっちょ(ネタバレ)


▲荒耶の指がちょっと可愛らしい。

ネタバレあり

五つ星評価で【★★★★脱ぎ捨てられたブラ、パンツの質感がいい】
4回目。
何度見ても分からない。一応、見て納得はするのだが、「分かった」という満足した状態にはほぼ遠い。だから、何回も見れるし、見てしまうのだと思う。何回見てもそれなりに飽きないのはゴージャスな音楽、気が狂ったかのような異能なキャラたち、論理的に迷うように意図的に作られているストーリー、緩急際立つアクションなどがあるからだ。ただもっさり長い感もあって、何回かの見直しで後半だんだんキツくなってきている。

主人公の式は別にして「魔術師」と呼ばれる異能者が3人も出てくるのが楽しい。そのうち一人コルネリウス・アルバなんて癖しかない変な奴だし。シリーズずっと出ている蒼崎橙子のいっちゃってる方の側面が色濃く出てるのも面白い。荒耶宗蓮なんて「死の収集家」はいいとしても「死」を収集していれば根源への道が開くみたいな考えは人間自身の世界に対する自意識過剰じゃないだろうか?

あと、臙条巴のズタズタさが尊い。彼は主人公・式の相棒を担うキャラだが、式を捕獲している敵の荒耶宗蓮に手も足も出ず、一笑に伏すような状態で最期を迎える。しかも、彼はオリジナルではないし、荒耶宗蓮に作られたコピーだし、意識の一部さえも荒耶に操られていた。いいとこなしである。その上、式が荒耶の捕縛から開放されると、それは臙条巴の活躍でなどなくとご丁寧にも行動を否定され、式自身による脱出だと宣言されてしまうのである。そんなのちょっとひどくね(笑)。本当にそうでも、もうちょっと何か取り繕ってやってもいいだろ。
世界の存在がどうだこうだには無力な臙条だが、ラストでは式と相克であり螺旋であるとの解釈が促される。式にある異常な部分を全部反転させると臙条巴みたいな、いい意味での青春野郎(ポジティブではなくネガティブだが)になるのかもしれない。

しかしまあ、あのブラとパンツのカット、もう少し長いと嬉しいのに。


【銭】
プログラムC(第五章)で1500円均一だがテアトル会員限定で200円割引。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 空の境界/第五章 矛盾螺旋@ぴあ映画生活
画生活
▼関連記事。
空の境界第一章(2回目)+第三章(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
空の境界第一章3D(3回目)@死屍累々映画日記・第二章
空の境界第三章(4回目)@死屍累々映画日記・第二章
空の境界第四章(3回目)@死屍累々映画日記・第二章
空の境界第五章@死屍累々映画日記・第二章
空の境界第五章(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
空の境界第六章@死屍累々映画日記・第二章
空の境界第六章(2回目)+REMIX(3回目)@死屍累々映画日記・第二章
空の境界第七章@死屍累々映画日記・第二章
空の境界REMIX@死屍累々映画日記・第二章
空の境界REMIX(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
空の境界未来福音@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5433-be895e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad