FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』シネリーブル池袋2『人間機械』ユーロスペース2

同日に見た2本をまとめてレビュー。

◆『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』シネリーブル池袋2

▲ホラーマンとドキンちゃんは輪廻二巡目。トリオ漫才がちょっと弛めかもしれない。

五つ星評価で【★★★とてもいつも通り】
今年も期待するほど大した話ではなかったが(アンパンマンは油断してるとごくごく希に凄いのぶち込んでくる)映画30周年記念作品と言う事で、今までの作品に出てきたあんなキャラやこんなキャラ、あんな世界やこんな世界、いろいろ目端が利いてます。
ゲストキャラのクルン(CV:杏)可愛い。このクルンがアンパンマンサイド、バイキンマンサイド共に平等に居候して楽しい生活を送るのが何かフェアーだ。
バイキンマンがアンバンマンに助けられ、頭のアンパンまで御馳走になりそうになって、急いで自分を律するとか、
謎の敵にやられてしまいそうなアンパンマンを「あいつを倒していいのは俺だけ」と言うジャンプのライバル理論で助けに行くバイキンマンが実にいい味出してた。
ゲスト声優は前出の「杏」と、悪のロボット、ダダンダンに渡部健。同じく悪のロボットゴロンゴロに児嶋一哉。セリフが「だだんだん」と「ゴロンゴロ」しかないから上手いとか下手とか全く問題ない。しかも一言とか二言だ。いいなあ、あれでギャラまで貰うんかよ。声優と言えば、ドキンちゃん、ホラーマンが代替わり。ホラーマンは矢尾一樹氏。肝付兼太氏の特徴のある声をちゃんとコピーしてる。こっちは打って変わってプロの声だった。

映画館デビューお子さん仕様という事で、場内はかなり明るく、音も控え目。明るいのはしょうがないにしても(暗がりが怖くて子供けっこう泣くから)、音がくぐもった感じになっちゃうのは慣れちゃえば何て事もないけど、効果としてはちょっと残念だった。


◆『人間機械』ユーロスペース2

▲労働労働また労働。

五つ星評価で【★★★お芸術なのよ】
美しく退屈で残酷


【銭】
『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』:テアトル会員割引1300円。
『人間機械』:ユーロスペース会員割引1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星@ぴあ映画生活
人間機械@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5480-405abc84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad