FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『検察側の罪人』トーホーシネマズ渋谷3


▲ネタ
「松倉を自供に追い込めませんでした。
 机を叩く際のスナップに力が足りませんでした」
「そこにケチを付けるのは違うだろう」
「ダンススタジオに通って歌って踊れる検察官を目指します」
「……検察官である意味がない!」

五つ星評価で【★★★役者はいいが映画に変な不純物が紛れ込んでる】
キムタクとニノの正義論争に、糾弾される正しい政治家みたいなエピソードが挿入される。これが邪魔。こんなの、ただ言いたい事を一人の人物に語らせてるだけで、キムタクの正義ともニノの正義とも関係ない。この寄り道が映画内に占めるパーセンテージがそこそこ高く、そんなに言いたいなら、摘み食いみたいに挟むんじゃなく、これだけでちゃんと映画にすればいい。この人の褌で相撲を取るみたいなアイデアで映画全体が迷走してしまったように見える。

キムタクとニノの関係性がリアルで良い。ジャニーズ内での立ち位置その物とかではなく(そんな単純な関係ではないでしょ)、役柄に合わせて作り込んだそれぞれの態度や演技が見事だと思うのである。

キムタクの煮え切らずにイヤな奴感がまずよい。キムタク確かにイヤな奴で許されざる罪を犯すのだが、周りが大倉孝二(屑)、松重豊(怪人)、酒向芳(モンスター)に囲まれていると、キムタクの悪事が観客の中で薄れていく。心のない化け物の中で、キムタクが犯す悪事だけが心があるからだ。

ニノのあまりに簡単に手玉に取られていて観客をハラハラさせる感じもよい。ニノ検察官になっても自分の呼称を「ボク」と言うのはどうかと思うが、違和感がないのが逆に「痛い」と思った。これは脚本とか演出に応じた結果かもしれないけど。キムタクが力がある悪なら、ニノは力不足の善。一見ニノの方が正しく見えるが、実はどちらも同じように罪深い存在だ。

キムタク、ニノに次ぐ第三の位置にいるのが吉高由里子。キムタクやニノがボクサーのように己の人生を賭けて殴り合いしている横に正義を再確認する役柄でシレっと入ってくるのが彼女の役目。彼女自身は自らのモラルに従って行動をしているが、詰めが甘く足元を救われる。彼女もニノ同様、力のない善である。

この正義を遂行すべきである三人が主役。
では悪役はその逆に正義に無頓着な男たちになる。

メフィストフェレスのように有能で、日常における正義感が欠落してる男、松重豊。彼の行動は正義には支配されていない。影響を強く受けた祖父(父だったかも)から受けたインパールの教訓により、正義とされる秩序側が牙を剥かない事もない事を知っている。正義など信じるに値しない。信じるに値する状態は自分で作り出すというのが彼の立ち位置。

第一の屑、松倉、酒向芳。素晴らしい。
第二の屑、大倉孝二。なんて表面的にも深層的にも屑なんだろう。ずっと屑を演じてきた大倉孝二の磨きがかかった屑の演技が眩しいくらいで唾を吐き付けてやりたくなるくらい、こちらも素晴らしかった。
どっちの屑が処刑されても、世の中の為になる。どちらかが処刑されなければ、それは正義サイドの損失である。今回の事件に関わっている、関わっていないは別にして、生かしておけばいずれ息を吸うように悪事を遂行するようにしか見えない二人だった。

八嶋智人の出てきただけでそこそこ無能具合が分かるキャスティング良いなあ。
キムタクがぺー師匠っぽかった。
予告編で見た通りの内容で、何一つひっくり返って驚かせるような内容がなかった。


【銭】
東宝メンバーズカードのポイント6回分で無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
検察側の罪人@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
検察側の罪人@ここなつ映画レビュー
検察側の罪人@あーうぃだにぇっと
スポンサーサイト



コメント

邪魔

正しい政治家エピソードは邪魔でした。
原作に無い要素いれて有るものをカット。
正直言って成功とは言い難い。キムタクとニノに少し救われました(笑)

  • 2018/08/29(水) 07:09:02 |
  • URL |
  • まっつぁんこ #L1vigvx6
  • [ 編集 ]

Re: 邪魔

こんちは、まっつぁんこさん。

> 正直言って成功とは言い難い。キムタクとニノに少し救われました(笑)

でも見てる間飽きなかったし、ずっと緊張感が持続してたのは、やっぱ上手い事演出してたんじゃないですかね?

  • 2018/08/29(水) 10:29:53 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

アレいらなかった

こんにちは。
私もアレ…政治家崩れの同期の話、いらなかったと思います。
最上と彼の同郷・同期の揺ぎ無い友情を描こうとする前フリとしてだとしても、不要だったと思います。
それに、最上があのあと遺稿を使って何か権力に対峙できるとは思えない。そもそも自分が犯罪者に堕ちちゃったんだからね。

Re: アレいらなかった

こんちは、ここなつさん。

> 私もアレ…政治家崩れの同期の話、いらなかったと思います。

アレ原作にない下りらしく、そんなん、あのサイズでぶち込むのは原作に失礼ちゃうかな。原田監督はちゃんと映画に仕上げてくるなとは毎回思うものの、これをこうと思ったらデメリットとか無視して貫き通す、悪い意味で「我」が強いんじゃないかと思ってます。

  • 2018/08/29(水) 23:34:42 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

インパール

ちなみに原作にはインパールつながりなし。
芦名星もいない。橘沙穂はただの事務官。
似て非なるモノと言ってまちがいありません。

  • 2018/08/30(木) 07:11:13 |
  • URL |
  • まっつぁんこ #L1vigvx6
  • [ 編集 ]

Re: インパール

こんちは、まっつぁんこさん。

> 似て非なるモノと言ってまちがいありません。

違いすぎてどうもよう分からんすね。

  • 2018/08/30(木) 21:18:26 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5501-36fa5fa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検察側の罪人

都内で殺人事件が発生した。 東京地検刑事部のエリート検事・最上は被疑者の中から一人の男・松倉に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。 松倉は過去の未解決殺人事件の重要参考人だった。 最上を師と仰ぐ駆け出しの検事・沖野と、沖野の事務官・橘は、最上の強引な捜査方針に疑問を持ち始める…。 ミステリー。

  • 2018/09/11(火)21:16:13 |
  • 象のロケット

『検察側の罪人』: 堕ちるときは堕ちるべくして堕ちる @ロードショウ・シネコン

お気に入り監督のひとり原田眞人監督最新作『検察側の罪人』、ロードショウで鑑賞しました。 タイトルは、これもまた敬愛する作家アガサ・クリスティの『検察側の証人』のモジり。 主演がジャニーズのおふたりということで、心配でしたが・・・ さて、映画。

  • 2018/09/09(日)22:53:15 |
  • キネマのマ ~ りゃんひさ 映画レビューなどなど

「検察側の罪人」:面白いけどアラが多い

映画『検察側の罪人』は、ジャニーズの二枚看板による新旧対決という娯楽映画の衣をま

  • 2018/09/09(日)22:32:56 |
  • 大江戸時夫の東京温度

映画『検察側の罪人』★正義のためなら罪悪感ナシwith松倉のインパクト!

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173241/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・最上: 木村拓哉 ・沖野: 二宮和也 タイトルで言うように、検事が罪を犯しますが それは、彼の“正義感”からーなのが厄介です… ところどころ、詳細スッ飛ばし感ありますが 早いテンポなので、飽きません。 「罪を...

  • 2018/09/04(火)21:05:50 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

映画「検察側の罪人」

9月1日のファーストデーに、映画「検察側の罪人」を鑑賞しました。

  • 2018/09/02(日)19:45:09 |
  • FREE TIME

『検察側の罪人』 2018年7月24日 東宝試写室

『検察側の罪人』 を試写会で鑑賞しました。 良い作品だった。 【ストーリー】  東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松...

  • 2018/08/30(木)07:58:44 |
  • 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-

検察側の罪人

木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。さらに、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に吉高由里子、闇社会...

  • 2018/08/29(水)19:07:35 |
  • 映画に夢中

「検察側の罪人」

原作を知らないので的外れな感想だったらごめんなさい、なのだけれど、ちょっと詰め込みすぎでそれ故とっ散らかってしまった印象である。メインは二人の検事が紐解こうとする老夫婦殺害事件…その犯人として目星が付けられたのは、あの男…そう、20年以上前に起き、既に時効になっている女子高生殺害事件の時にも、犯人と思された男だったのである。その時は結局立証されず、無罪放免となって月日が経っていた…。という、...

  • 2018/08/29(水)14:28:28 |
  • ここなつ映画レビュー

劇場鑑賞「検察側の罪人」

詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201808240000/ オリジナル・サウンドトラック 検察側の罪人 [ 富貴晴美 土屋玲子 ]価格:2700円(税込、送料無料) (2018/8/18時点)

  • 2018/08/29(水)13:02:24 |
  • 日々“是”精進! ver.F

検察側の罪人

検察側の罪人@東宝試写室

  • 2018/08/29(水)07:03:24 |
  • あーうぃ だにぇっと