FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パパはわるものチャンピオン』『累』『響』『コーヒーが冷めないうちに』『3D彼女 リアルガール』

書きかけのレビューが訳わかんない古さになったので緊急放出(これも)。

◆『パパはわるものチャンピオン』ユナイテッドシネマ豊洲1

▲ゴキブリマスクってヒール以外の何物でもない。

五つ星評価で【★★★ちょっと寺田心は苦手】
映画が土下座をして「お願いですから泣いてください」と懇願してる映画。けっこう演出とか演技で垢抜けない部分も多いのだけど筋肉の説得力で物語がどうとかの論理的な思考がストップしてしまう。プロレスファンの代弁者である仲里依紗の狂いっぷりがチャーミング。寺田心は如才ないんだけど、何かもうちょっと突き抜けた演技もできるんじゃないかな、と邪推してしまう。ちゃんといつもと同じ演技をしている、そんな風に見えてしまう。とても若い彼にそういう事を言うのはお節介かもしれないが、同じ人の役を演じているのでないなら、違った人に見えるように演技をしてもええねんで。日本には丹波哲郎さんみたいなずっと同じって人もいっぱいいるけど別に真似しなくてもいいんやで。


◆『累』ユナイテッドシネマ豊洲5

▲これくらい傷があった方が好きよ(普通じゃない意見です)。

五つ星評価で【★★★特に退屈せんでグングン引きこむ話はええんちゃう】
個人的には私は芳根京子ちあんが好きで、土屋太鳳はつねづね警戒してる。ただ、どちらかと言うとヒールや、なりふり構わぬ役をやる時の土屋太鳳は活きる、いい演技をする。今回はこっち方面。
キスをすると人格と顔の傷が入れ替わるルージュを手段として、芳根京子、土屋太鳳が醜い純粋な子、美しいゲス女をそれぞれ演じるが、その演じ分けは中々両方ちゃんと出来ていて、ようやっとるなあと感心した。
横山くんが出番少なかったからか自然だったのは良し。
何回も偽物が本物を凌駕するような演技をしてきた浅野忠信に「偽物が本物を」と言わせるのもいい趣味。


◆『響』109シネマズ木場1

▲地震があったら不味い部屋。

五つ星評価で【★★★そういや見たなあ】
すげー歪な「アマデウス」。
マンガから抜粋して一つの話として決着が付いてないのが映画として弱いが、キャラクターを魅力的に見せる話としては成功している。
平手友梨奈の演技は決して上手ではないが、これは下手でもいい役。
問題はエンドロールにかかるタイアップ曲の方で、本職の歌手として歌が下手な事は恥ずかしいし、みっともない。
希望の見えない小栗旬がイカす。


◆『コーヒーが冷めないうちに』ユナイテッドシネマ豊洲1

▲店長+看板娘。

五つ星評価で【★★★まあまあまあまあ】
「4回泣けます」というキャッチコピーがやっぱりイヤだなあ。泣かなかったけど映画はまずまず楽しんだ。流石脚本奥寺佐和子。
但し、おそらく原作にある設定とその設定を覆すトリックは繁雑すぎて、如何にも「作った」感じなのはよくない。しかし、タイムスリップ物で、舞台が喫茶店内という空間に限定されるのは珍しいというか、こんな話を作るのは大変だ。結局、過去改変は出来ないのだから、本能寺と間違えて喫茶店に織田信長がやってきて、明智光秀に焼き討ちに会うとかくらいやってほしい気もする(しないしない)。
ともかく架純たんかーいーな。きしょー 。


◆『3D彼女 リアルガール』ヒューマントラストシネマ渋谷1

▲イジメ。

五つ星評価で【★★★★中条あやみだもんなー】
中條あやみは人外のように綺麗。あんな綺麗なん3Dであっても逆にリアルじゃない。
そして、こんな真っ当に愛を語る物語になってるとは思わなかった。浸ったあ。
物語の上でのバランスを取るため、「アニメが好きでコミュ障で引きこもり」のグズグズのオタクを佐野勇斗が演じて、その対極として外見が完璧な中条あやみが相手になるのだが、こういうヒエラルキーの差は見ていてやっぱり気分が悪い。そら、その溝を埋めるのが物語だってのは分かるけれど。速水もこみちみたいなオタクはいないのかもしれんが(栗原類ってのがリアルではいるけど、アレはアレでオタクとして世に誇りたいオタクではないのだし)。


【銭】
『パパはわるものチャンピオン』:ユナイテッドシネマ豊洲20周年記念会員価格で1000円。
『累』:ユナイテッドシネマ豊洲20周年記念会員価格で1000円。
『響』:109シネマズ20周年記念価格(毎月20日)で1000円。
『コーヒーが冷めないうちに』:ユナイテッドシネマ会員感謝デー(毎週金曜日)で1000円。
『3D彼女 リアルガール』:テアトル会員割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
パパはわるものチャンピオン@ぴあ映画生活
累-かさね-@ぴあ映画生活
響 -HIBIKI-@ぴあ映画生活
コーヒーが冷めないうちに@ぴあ映画生活
3D彼女 リアルガール@ぴあ映画生活
▼他のブログにTB付ける余裕がないわ。
スポンサーサイト



コメント

コーヒーがが冷めないうちに

コーヒーがが冷めないうちには舞台が原作という珍しい作品です。
その舞台を小説にしたのだけど文章にすると無理が出るという問題が。
その小説を映画にするとなると・・・ねぇ。

時田家は女の子しか生まれないというのはそういう設定だそうです。
これは原作者から直接聞きました。

  • 2019/11/25(月) 19:25:43 |
  • URL |
  • 谷 #MoaP6vyk
  • [ 編集 ]

Re: コーヒーがが冷めないうちに

こんちは、谷さん。

> 時田家は女の子しか生まれないというのはそういう設定だそうです。
> これは原作者から直接聞きました。

時田家の血がやんごとなき家柄に入ってしまったら国家的な大問題になってしまう、、、、、「ベルサイユの天皇家」

  • 2019/11/26(火) 10:26:51 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんばんは!

>累
実は太鳳ぱいぱいはデカいてのを「人狼ゲーム」で知りました。
あの時の演技と、本作の演技は個人的に神掛かっていると思います。

>響
平手友梨奈はどうせ欅に居ても平手と愉快な仲間達にしかならないので、さっさと卒業して女優業を極めた方がいいと思います。

>コーヒー
やっぱ有村架純ちゃんは可愛いなあ。
彼女の映画を観ると優しさに包まれます。

>3D
あやみちゃんの可愛さだけしか記憶に残ってないんですよねえ。
鑑賞当時、話がお粗末だなあと思っていたら脚本も英勉てのが分かって、妙に納得してしまいました。
でも「賭ケグルイ」の脚本も英勉なんですよね、おまけに「貞子3D」も彼。
高低差が激し過ぎですよ。

  • 2019/11/26(火) 22:02:05 |
  • URL |
  • ヒロ之 #-
  • [ 編集 ]

Re: こんばんは!

こんちは、ヒロ之さん。

> 実は太鳳ぱいぱいはデカいてのを「人狼ゲーム」で知りました。
> あの時の演技と、本作の演技は個人的に神掛かっていると思います。

「人狼ゲーム」太鳳ちゃんのは見てない。あの全身麻痺になっちゃう映画見てすげーなと思った。



> 平手友梨奈はどうせ欅に居ても平手と愉快な仲間達にしかならないので、さっさと卒業して女優業を極めた方がいいと思います。

演技力的には微妙かなあ。「響」はこの演技でいいけど。



> やっぱ有村架純ちゃんは可愛いなあ。
> 彼女の映画を観ると優しさに包まれます。

そういう子だよねえ。



> あやみちゃんの可愛さだけしか記憶に残ってないんですよねえ。
> 鑑賞当時、話がお粗末だなあと思っていたら脚本も英勉てのが分かって、妙に納得してしまいました。
> でも「賭ケグルイ」の脚本も英勉なんですよね、おまけに「貞子3D」も彼。
> 高低差が激し過ぎですよ。

アランスミシみたいに一人の名前じゃなかったりして。

  • 2019/11/26(火) 22:37:53 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コーヒーが冷めたら、響と累がやってくる!

  • 2019/11/27(水) 07:26:13 |
  • URL |
  • ボー #0M.lfYJ.
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> コーヒーが冷めたら、響と累がやってくる!

こわいよ。

  • 2019/11/27(水) 23:09:36 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

ふじき様、すっかりご無沙汰しております(9月に母も倒れまして)。「累」には私も出てました。雨の中走る芳根ちゃんとすれ違ってます(Yシャツしか映ってないけど)。高評価、出演者(Yシャツ)として嬉しいです。これからYシャツ野郎と呼んでください。私はますます映画見れないので私の分までお願い致します。以上、Yシャツでした。

  • 2019/12/01(日) 08:17:26 |
  • URL |
  • 豆はんてん #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、Yシャツさん。

> 「累」には私も出てました。雨の中走る芳根ちゃんとすれ違ってます(Yシャツしか映ってないけど)。高評価、出演者(Yシャツ)として嬉しいです。これからYシャツ野郎と呼んでください。私はますます映画見れないので私の分までお願い致します。以上、Yシャツでした。

芳根京子の着るYシャツになりたいなあ。

  • 2019/12/01(日) 22:22:53 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5529-7ee0bad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「響-HIBIKI-」

この子のキャラ設定、どうなってんのかな、と思った気がする。

  • 2019/11/27(水)06:27:33 |
  • 或る日の出来事

「累 -かさね-」

土屋太鳳さん、芳根京子さんを愛でる作品ですね!

  • 2019/11/27(水)06:26:55 |
  • 或る日の出来事

「コーヒーが冷めないうちに」

喫茶店のその席に座ると、過去に行けます。

  • 2019/11/27(水)06:26:30 |
  • 或る日の出来事

3D彼女 リアルガール

”つっつん”こと筒井光(ひかり)は、アニメやゲームの2次元世界を愛する、超絶オタクの高校3年生男子。 ある日、男グセが悪く性格は最悪という噂の、リア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉(いろは)が、なぜか彼に急接近してきた! 色葉の突然の告白に、筒井は新手のイジメではないかと疑うが…。 ラブ・コメディ。

  • 2019/11/25(月)04:19:27 |
  • 象のロケット

コーヒーが冷めないうちに

店主・時田流と姪の数が切り盛りする喫茶店「フニクリフニクラ」には、【ある席】に座ると望んだ通りの時間に戻ることが出来るという都市伝説があった。 ただし、『どんな事をしても、現実は変わらない』し、『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ』。 様々な客が、その席に座る…。 ファンタジー。

  • 2019/11/25(月)04:18:32 |
  • 象のロケット

響 HIBIKI

活字離れが急速に進み、出版不況の文学界。 そこに現れた15歳の天才少女「鮎喰響(あくいひびき)」の才気あふれる小説は、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。 編集者・花井ふみとの出会いを経て、一躍脚光を浴びる響。 だが、彼女の歯に衣着せぬ物言いや、常軌を逸した行動は、世間の非難を浴びることに…。 ヒューマンドラマ。

  • 2019/11/25(月)04:17:47 |
  • 象のロケット

累 かさね

母親が伝説の女優・淵透世(ふちすげよ)で天才的演技力を持つ少女・淵累(ふちかさね)は、顔の傷にコンプレックスを持って生きている。 そんな彼女に、母はキスした相手の顔を一定時間奪い取ることができる不思議な口紅を遺していた。 その口紅の秘密を知る男・羽生田(はぶた)の紹介で、累は美貌の女優・丹沢ニナと出会う…。 サスペンス・スリラー。

  • 2019/11/25(月)04:16:51 |
  • 象のロケット

パパはわるものチャンピオン

人気と実力を兼ね備えたエースレスラー大村孝志は、膝に大ケガを負ってしまう。 …それから10年、かつての強さを取り戻せない孝志は悪役レスラー“ゴキブリマスク”となり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。 理髪店を営む妻・詩織は応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子・祥太に打ち明けられずにいた…。 ヒューマンドラマ。

  • 2019/11/25(月)04:16:00 |
  • 象のロケット