FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『日日是好日』シネ・リーブル池袋1


▲顔の形が将棋の駒、米、将棋の駒で、オセロだったらひっくり返される黒木華。

五つ星評価で【★★★★これはこれでよし】
黒木華+多部未華子+樹木希林の割合が見る前は「4:3:3」くらいかと思い込んでた。
黒木華と多部未華子が茶と出あい惑いながらも、樹木希林に教えを受けて少しずつ茶に親しんでいく、そんな軽コメディーという認識だった。見終わった後は「7:1:2」。もう、純粋に黒木華の主演映画で、樹木希林と多部未華子ははっきり助演だった。個人的にはもう少し多部未華子側独自の心情やドラマも見たかったが、多部未華子も樹木希林も黒木華と共演している場面でしか出てこない。あくまで映画の主観が黒木華にあり、黒木華が体験していない事は登場しない。黒木華はエスパーではないので、多部未華子や樹木希林の思っている事は発言したセリフやその時の表情からしか窺い知れない。
小説ではなく、エッセイが原作という事で、作者が感じた事を羅列するという姿勢が貫かれている。劇のように伏線が張られたり、ドラマチックな展開はほぼない。あえて避けているのかもしれない。淡々としすぎていると低い評価を付けてしまう人もいるかもしれないが、この映画の描き方は「茶」という主題と相まって、実に適していると思う。私自身は大声を張りあげたり、喜怒哀楽が500%増しみたいな嘘のようにドラマチックな映画や爆撃のように落涙を誘う映画が好きではあるが、これはこれで居心地の良いいい映画だと思う。あ、ただ、そういう描き方だとは分かっていても天才の女の子のその後とか全く触れられなかったのは「ちょっとどうよ」と流石に思った。勿論、あの子はそういう劣等感を刺激するような出来事ですら後になって考えてみれば「日日是好日」の一端であったのだろうという意味合いで再度出す謂れはないのだけど、やはり気にはなるじゃん。

贅沢なのは黒木華の演技に使われる間だ。間がたっぷり長い。お茶をゆっくりじっくり味わうように黒木華の表情の代わりゆくさまを堪能できる。こんな映画を主役として作ってもらえて黒木華は幸せだ。そして、その幸せに答えるような演技で映画に報いている。

多部未華子は風が吹くように黒木華と笑いあっている。トロトロのお湯ではなく、水が跳ねるようにキャッキャッ笑う二人の音の可愛く気持ち良い事。ハァハァ(←おいおい)。

樹木希林は流石、ちゃんとしていて、演技に嘘がないように見える。いや、多分、演技とは演技その物が嘘であるのだから、その嘘すらないようにその人の佇まいが正しく見えるという事か。犬の椀の話とか、病んだ身で、ああ軽やかに受けている事を考えると凄い女優なのだと再認識する。何、いつも通りの樹木希林と言うだけなのだが。日本映画界は樹木希林の座を継ぐ「癖が強い癖に威圧感の薄い老婆」を探し出さなければいけない。一応、癖の種類が違うのだけど、かなり近い所にいるのが中村玉緒か。樹木希林か「あぶらすまし」のように画面の脇にいる存在なら、中村玉緒は「天狗」のように主役に突っかかってきて話を能動的に動かしてしまう空気感があるから、やっぱり違うは違うんよなあ。樹木希林、絶妙な添えもの感。最近、出演本数が増えてる富司純子は閻魔大王並に威圧感が大きいし。

★ここからはオマケ
※① あのメンツだからもっとやれたのではと言う感想ツイートを読んで思った事。
茶の道に対してみな超プロに徹した映画として作ったらどうだろう?
19秒で茶をたてて、19秒で飲み干して、19秒で茶室を出る。
※② これ以上のキャストはあまり思い浮かばないと言う感想ツイートを読んで思った事。
でも、試しに教わる側が叶姉妹、先生が富司純子みたいな限界突破の組み合わせも見てみたいと思わなくもない。まあー、でも、それははっきり言って別の映画だよなあ。
※③ せっかく畳がいっぱい出てきたのだから一回くらいは誰かが畳返しをしてもよかったのではないか(いや違う)。
※④ 一回くらい黒木華、多部未華子、樹木希林の三人で腹ふりダンスを踊ってくれてもよかったのではないか(何だよソレ、おいおいおいおい)。
※⑤ ドラマチック要素をもう少し増やすなら、黒木華が小さい頃に見た映画をフェリーニの「道」ではなく、冒険する熊ブリグズビー・ベアの冒険ドラマにしておいて、小さい頃は誘拐されていた事にする。黒木華は怒られる。熊の事は忘れて茶に専念しなさい!
※⑥ ドラマチック要素をもう少し増やすなら、黒木華と多部未華子が遊ぶ浜辺に巨大メガノドンが漂着する(もう何でもええんやろ、それなら)。
※⑦ 「日々是好日」で思いだすのはヒカシューのアルバム「噂の人類」の中の一曲「匂い」の歌詞。


【銭】
テアトル会員割引+曜日割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
日日是好日@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

こんにちは☆
Tbありがとうございます!(^^)/
返礼TBさせてくださいませ。
よろしくお願いします。

  • 2018/10/27(土) 20:32:10 |
  • URL |
  • yutake☆イヴ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、yutake☆イヴさん。

うぃーっす、よろしくであります。

  • 2018/10/28(日) 01:42:23 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

狂気

>教わる側が叶姉妹、先生が富司純子
なにそれ観たいw

  • 2018/11/04(日) 22:21:03 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集 ]

Re: 狂気

こんちは、ノラネコさん

> >教わる側が叶姉妹、先生が富司純子
> なにそれ観たいw

見たいっすよねえ。園子温辺りが焼けクソで撮ってくれないかな。

  • 2018/11/05(月) 11:44:28 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5533-3a78e024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日日是好日・・・・・評価額1700円

雨音が心に染み入る。 エッセイストの森下典子が長年通っていた茶道教室での出来事を綴った、「日日是好日 『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」を大森立嗣監督が映画化。 タイトルの「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」は、教室に掲げられている書の言葉で、そのまま捉えれば「毎日がよき日」となるが、本当はどういう意味が込められているのか。 黒木華演じる主人公の典子は、まじめな性格だが特に人...

  • 2018/11/04(日)21:54:04 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

日日是好日

茶道教室に通った約25年について記した森下典子のエッセイを映画化した人間ドラマ。母親の勧めで茶道教室へ通うことになった大学生が、茶道の奥深さに触れ、成長していく姿を描く。メガホンを取るのは『ぼっちゃん』などの大森立嗣。主人公を『小さいおうち』『リップヴァンウィンクルの花嫁』などの黒木華、彼女と一緒に茶道を学ぶ従姉を『ピース オブ ケイク』などの多部未華子、茶道の先生を『わが母の記』などの樹木...

  • 2018/10/27(土)22:17:21 |
  • 映画に夢中

映画『日日是好日』★樹木先生にお茶と色々教わる醍醐味☆

作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/174476/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・お茶の先生: 樹木希林☆ ←すごく楽しみでした!(^^)/ ・典子: 黒木華 樹木さんがお茶の先生の、お茶の映画☆ その世界に、浸りたかった~!(*^-^*) 樹木さんが教えてくれる“作法“で すっかり、生徒さんにな...

  • 2018/10/27(土)20:30:45 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

『日日是好日』 お茶の効能はマインドフルネス?

 監督は『光』『セトウツミ』などの大森立嗣。  原作は森下典子のエッセイ『日日是好日‐「お茶」が教えてくれた15のしあわせ‐』。  タイトルは有名な禅の言葉。後先考えずに始めてしまったこのブログのタイトルもこれをもじったもの。似たようなタイトルのブログを見かけたりもするのでありがちな言葉だったらしい。今となっては遅いけれど……。  「本当にしたいことが何なのかわからない」と...

  • 2018/10/27(土)01:03:29 |
  • 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実

FC2Ad