FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『旅猫レポート』『音量を上げろタコ!~』『デス・ウィッシュ』『プーと大人になった僕』『バタリアン』

摘まんで5本まとめてレビュー。

◆『旅猫レポート』トーホーシネマズ渋谷5

▲『ブリーチ』の死神と『残穢』の先生の間を行ったり来たりする業の深い猫。

五つ星評価で【★★★思ったよりも予告編以上の物がなかった】
予告編通りの泣き活映画。
予告編から窺い知れないのは、主人公と父母の関係性の話くらいか。
それにしても、もう全体像もやり口も読めてるのに、
着実に堂々と拷問のように泣かせに入るのは逆に清々しいくらいだ。
猫好きは確実にやられるであろう(私はそこはそんなでもない)。
高畑充希のナナの声は明るくハキハキしててよかった。
あの声でエロいことしてもらいたい気もする(オイオイ)。


◆『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねえんだよ~!!』トーホーシネマズ渋谷1

▲後ろのドラマーがデス・ウィッシュっぽい。

五つ星評価で【★★寝た寝た起きてられなかった】
歌のシーンとかはいい。
「おかしい話」なのだと思うが、「おかしくない話」の部分がきちんと普通に描かれていないので、なにがどうどれだけおかしいのか判断が揺らいでしまう。例えば、阿部サダヲが吉岡里帆と出会って、ずっと行動を共にする理由やこだわりが全く分からない。阿部サダヲのキャラクターだったら一宿一飯の恩義は返すというほどウェットでもないだろう。いや、吉岡里帆は可愛いと思うよ、キュートだよ。でも、それだけでは映画は持たない。


◆『デス・ウィッシュ』トーホーシネマズ新宿6

▲無毛人間。

五つ星評価で【★★★★「ういっしゅ」というタイトルはDAIGOを思いだすから原題のまんまなのは分かっているが、それでもやめてほしかった】
低い沸点で怒りながら冷静に対処するブルース・ウィリスが中々よい。
何かブルース・ウィリス昔から禿ていたが、顔周りの発毛という発毛が全て抜け、崖のような顔になってしまった。どこかカマっぽい風貌に近づいて見えてきて不思議な感じ。オリジナル『狼よさらば』のブロンソンはボボサなのに。
クズどもクズすぎ、奥さんと娘さんが可愛すぎ。
あんな娘がいたら、風呂場とか覗いちゃうよ。


◆『プーと大人になった僕』トーホーシネマズ上野2

▲ぷうたち。

五つ星評価で【★★★★冒頭から滂沱の滝】
最初から最後まで泣き通し。多分、それは俺がクリストファー・ロビンでさえなく、彼のクソ上司に近いメンタリティーだからじゃなかろうか。もう、純粋な自分には戻れないし、純粋な世界の人達の敵として生きるしかない事もあらかた予想が付いている。でも、冒頭のあの緑の鮮やかさに泣かされてしまうのだ。


◆『バタリアン』国立映画アーカイブ

▲「バイオSFX方式上映」と言うのに惹かれる。何じゃそりゃ。

五つ星評価で【★★★★やっぱりバタリアンは楽しい】
特集企画「現代アメリカ映画選集」から1プログラム。
1985年、カラー、91分。久々の鑑賞、何回か見てる。
東宝東和が持てる技術を無駄使いしてる映画のパッケージ力が素晴らしい。
音楽がスコアもいいが、歌曲も当時の悪ガキ音楽でクラクラする気持ち良さ。

久々見直してグッと来るキャラ
 ① タフハーゲン=皮膚がどこかゴムとかチーズっぽくて触るとブニュっと言いそう。首がもげても身体が「そんな事知りませんよう」みたいに動くのは当時としてはセオリー破りで、とても衝撃だった。
 ② タールマン=いい動き方する。ちょっと酔拳っぽいかもしれん。タフハーゲンと違って、あんななのに喋れるんだよなあ。知的に見えない喋りも魅力。
 ③ 半分犬=出番が少ないところが不憫で可愛い(まあ、活躍のさせようがないよなあ)。
 選外 オバンバ。意外に何もしないキャラだった。
あっヌード姉ちゃんは男の夢。人間の時にパンツ脱いでボカシもなく、股間の所がノッペリしてるアレは何なんだろ?


【銭】
『旅猫レポート』:トーホーシネマズ、メンバーサービス週で1100円。
『音量を上げろタコ!~』:トーホーシネマズ、メンバーサービス週で1100円。
『デス・ウィッシュ』:トーホーシネマズ、メンバーサービス週で1100円。
『プーと大人になった僕』:トーホーシネマズデー(毎月14日)で1100円。
『バタリアン』:国立映画アーカイブ一般通常料金520円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
旅猫リポート@ぴあ映画生活
音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!@ぴあ映画生活
デス・ウィッシュ@ぴあ映画生活
プーと大人になった僕@ぴあ映画生活
バタリアン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
旅猫リポート@大江戸時夫の東京温度
旅猫リポート@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
プーと大人になった僕@或る日の出来事
プーと大人になった僕@ノルウェー暮らし・イン・原宿
プーと大人になった僕@ノラネコの呑んで観るシネマ
プーと大人になった僕@ここなつ映画レビュー
プーと大人になった僕@SGA屋物語紹介所
スポンサーサイト

コメント

プーで泣かなかった僕

仕事を持たないからプー太郎なのか、と思っても泣けませんでした。

  • 2018/11/08(木) 07:31:49 |
  • URL |
  • ボー #0M.lfYJ.
  • [ 編集 ]

プーと

こんにちは。
「プーと大人になった僕」は最初考えていたよりもとても良く、最初考えていた所とは違う部分で泣けました。

あのテイストのぬいぐるみが欲しいです。
ふわふわ感でもなく、あえて言えばくたくた感というか…触感がこちらに伝わってくるようなプーはとても良かったです。

Re: プーで泣かなかった僕

こんちは、ボーさん。

> 仕事を持たないからプー太郎なのか、と思っても泣けませんでした。

玉葱です。玉葱を使うのです。

  • 2018/11/09(金) 13:44:23 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

Re: プーと

こんちは、ココナツさん。

> あえて言えばくたくた感というか…触感がこちらに伝わってくるようなプーはとても良かったです。

「くたくた感」ってタクアンっぽいな。プーさんにタクアンの後とか付いたら強固にシミ残りそう。

  • 2018/11/09(金) 13:49:57 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

キャラ

えーふじきさんはクソ上司じゃないでしょう。
多分、ティガーをそのまま人間にしたような感じじゃないの。

  • 2018/11/13(火) 21:23:39 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5542-3aecaa9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プーと大人になった僕・・・・・評価額1750円

子ども時代が、訪ねてくる。 クリストファー・ロビンが、100エーカーの森から去って数十年後。 英国伝統の寄宿学校・ボーディング・スクールで学び、戦争や結婚、子育てを経験し、ブラック企業勤めのくたびれたおっさんとなったクリストファーが、なぜか故郷から遠く離れたロンドンの公園で、幼い頃の親友・くまのプーさんと再開する。 英国の児童文学作家A・A・ミルンが、息子のクリストファー・ロビン・...

  • 2018/11/13(火)12:59:11 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

プーと大人になった僕

イギリス・ロンドン。 大人になったクリストファー・ロビンは会社で管理職となり、妻イヴリンや娘マデリンと休日を過ごす時間もないほど多忙な毎日を送っていた。 仕事にも家族との関係にも悩むロビンが公園のベンチで頭を抱えていると、自分を呼ぶ聞き覚えのある声がする。 振り向くとそこには、かつての親友くまのプーがいた…。 ファンタジック・コメディ。 ≪それは風船より大切?≫

  • 2018/11/13(火)09:52:44 |
  • 象のロケット

デス・ウィッシュ

アメリカ・シカゴ市。 救急救命医ポール・カージーの自宅に強盗が侵入。 妻ルーシーは殺され、大学進学を控えていた娘ジョーダンも重傷を負い昏睡状態に陥ってしまう。 孤独と捜査が進展しないことに悶々としていたポールは、自ら街の悪人どもを処刑しようと決意する…。 リベンジ・アクション。 ≪悪人には、問答無用。≫ R-15

  • 2018/11/13(火)09:45:56 |
  • 象のロケット

音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

世界的人気を誇るカリスマ・ロックスターの男性シン。 だがその歌声は“声帯ドーピング”で作られたものであり、シンの喉はドーピングのやりすぎで崩壊寸前だった。 一方、声が小さすぎる女性ストリート・ミュージシャンふうかは、偶然シンの声の秘密を知ってしまう。 そんな中、シンの最後の歌声の争奪戦が始まった…。 コメディ。 ≪この声に、世界がヤラれるっ!≫

  • 2018/11/13(火)09:44:30 |
  • 象のロケット

映画『旅猫リポート』★それでもネコちゃんがいれば幸せ人生二人旅♪

作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/172724/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・悟: 福士蒼汰 ・ネコ=ナナ(♂) ネコちゃんと旅をする、ほのぼのした話かと、思っていました。 が、そうでもなかった!(>___

  • 2018/11/12(月)23:25:09 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

旅猫リポート

元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 事情があってナナを手放さなくてはならなくなった悟は、ナナと一緒に、新しい飼い主を探す旅に出る。 悟とナナは銀色のワゴンに乗って、悟の大切な人たちを訪ねていく…。 ロード・ムービー。

  • 2018/11/11(日)14:38:12 |
  • 象のロケット

「旅猫リポート」:世界基準だと変な映画  #旅猫リポート

映画『旅猫リポート』は、その名の通り猫映画であり、かつロード・ムービー。猫映画の

  • 2018/11/08(木)22:17:45 |
  • 大江戸時夫の東京温度

「プーと大人になった僕」

1年の内1回ないし2回は、これが私のベスト!というわけではないのだけれど、ああ本当に良い作品だったなあ、と思える作品に出会う。本作も正にそんな作品で、本当にとても良い作品だった。もうタイトルからして内容は推測されるのだけれど…つまり、大人になって日々の暮らしを重ねるクリストファー・ロビンが、くまのプーと再会することによって忘れてしまった大切なものを思い出す話。もう絶対にそれ以外の話ではない。...

  • 2018/11/08(木)12:49:38 |
  • ここなつ映画レビュー

FC2Ad