FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ハナ子さん』シネマヴェーラ渋谷

五つ星評価で【★★怪作】
1943年、白黒、71分。初見。
特集上映「ミュージカル映画特集Ⅲ」から1プログラム。
歌って踊って特別な落ちがないマキノの戦時国策映画。
東宝舞踊隊(宝塚と関係あるんだかないんだか?)のムチっとしたお姉さんがミニスカートで群舞するMGM風のレビューシーンが無駄に費用潤沢。物語とは無関係に挿入されるこのレビューシーンはインド映画の歌舞シーン以上に削って差支えがない。

明るい表情で笑う轟夕起子に戦時の作為を見れるかと言えば、個人的にはそんなに神経質ではいられないのだけど、まあ、でんぐり返るのは作為であろう。戦時下であちこちの明るい家庭で、妻がでんぐり返っていたとは思えない。



【銭】
国立映画アーカイブ所有フィルムによる上映の為1200円(会員割引なし均一料金)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ハナ子さん@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5548-d3033ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad