FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『新宿パンチ』新宿シネマート1


▲パンチ(左)とヒロイン(右)。

五つ星評価で【★★★城定クオリティ】
城定秀夫監督だから、最低「面白い」事は分かってる。残りはどれくらい面白いか、だ。残念ながら、はっちゃけてって程でもなかった。但し、決してつまらない訳ではない。単に評価ラインが厳しいだけなのである。いつものファニーな感じは好きだし、そこから殴り合いのハードな展開もちゃんと見せるし、やっとヒロインが自分語りできるくらい主人公に気を許す自転車の二人乗りのシーンも絶妙だし。あー、いい映画じゃん。

地毛が超癖っ毛である為、いかついパンチにしか見えずずっと喧嘩に巻き込まれてきたファニーでファンシーな男が新宿歌舞伎町で惚れた女の為にスカウト稼業に精を出す。そこに巻き起こるスカウト戦争、みたいな話。

主役の小澤廉はパンチに熱血顔、ダブダブスーツで絵として目立つのが良い。けっこうアクションシーンも多いのだが、喧嘩の強さが頭突き以外はカラキシという設定っぽいのが後半揺らいでしまっている。ケンカは弱いが武器でも何でも使ってトントンくらいでいいと思うのだが。仲間に助けられるみたいなパターンでもいい訳だし。外見と違って、よく言えばナイーブ、悪く言えば女々しい男。

主人公に対峙するヒロインに吉倉あおい。ラスボスの情婦である過去を持ってたり、借金背負ってたり、それでも自力で立ち直ろう、正しくあろうとする信念を持っていたり、色々な面を持つので、割とちゃんとやらないとバラバラな変な女になってしまうだろうに、ちゃんと一人の悩める女性に見えたのは演技、上手いんじゃないだろうか? ボーイッシュなサバサバ姉さん良かった。大体、この子が良くないと映画全体が成立しないからね。

ヒロインの生活を拘束している乱暴者のスカウトに毎熊克哉。屑くっていいわあ。毎熊さん(ちょっとマイク真木さんみたい)は屑なんだけど、東映のヤクザ映画に出てくる悪役みたいに生まれた途端に悪人の人生を歩むんだろうみたいなタイプの悪相ではない。どっちかって言うと二の線。二の線だけど二枚目と断言するほどいい男ではなく、「不良」とか「普通」の成分が入り込んでる。ちょっとその辺にいそうなくらいのいい顔の悪い人。だから、リアル。ちょっとありそうなくらいの挫折で、ちょっと手を出して見るかくらいの覚悟で違法な薬物を扱う。この辺が割とありえないテンションの三の線の主人公とヒロインに対する現実からのカンフル剤みたいな歯止めになってるのが上手い。この毎熊氏は小澤廉であったり、その先輩スカウト宮崎秋人の落ちていった先の姿の大人なので、その大人と対比する子供としての小澤廉との対比は良かったが、大人同士、そっち側に落ちなかったスカウトグループのヘッド、矢柴俊博(いい演技してるわあ)との対決も本当は見たかった。大人同士でそこは言いたい事や、付けなければいけない落とし前もあって然るべきだろう(ヤクザ映画ではないから、その辺はグレーゾーンでも許されるのだが)。

あと、チラシに名前が載ってないが二人目の女の子さっちゃんも良かった。
一度退場してから、もう出番がないとは思わなかったけど。


【銭】
テアトル会員割引+曜日割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
新宿パンチ@ぴあ映画生活

PS 題名だけ聞いた時、絶対ボクシング映画だと思ったのに。
PS2 題名的には「パンチ」の後に「ら」が付いてもOK。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5574-5185f59f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)