FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『妖怪ウォッチ フォーエバーフレンズ』『ういらぶ。』『それだけが、僕の世界』『ラブライブ!サンシャイン!!』『機動戦士ガンダムNT』東宝錦糸町オリナス8,8、シャンテ1、上野2,6

◆『妖怪ウォッチ フォーエバーフレンズ』トーホーシネマズ錦糸町オリナス8
五つ星評価で【★★何でつまんないのかを見直して考えたくなったというのは口実で、『ういらぶ』見に行ったら、その前にちょうどまるまるこれが時間的にはまる事に気が付いたのだ】

何でつまんないのかは凄く明確だった。後半、舞台は妖魔界へと移り、そこで次から次へとバトルがずっと繰り広げられる。このバトルに説得力がなく、バランスが悪い。
イツキが力を覚醒しアマテラスで敵・紫炎と戦う。
紫炎・ブヨブヨの空亡になる。
空亡から紫炎の正義の心を救う。
シンの祖先の力が覚醒しスサノオと空亡戦う。
何となくまだ勝てない。
シン妖怪ウォッチで妖怪の全妖力を借りる。
よく分からないが何となく勝つ。

『ドラゴン・ボール』のように、勝ったり負けたりする事に説得力がない。時間いっぱいまでただ戦ってるかのよう。これはつまらんわ。だってそもそもそれだったら戦ったりしなくていいのだもの。それは戦いではなく調整だ。

あと、それとは別に町のアイコンがちょっと面白い。「さくら銀行」という銀行名にちょっと引っかかった。でも、これは実在した「三井住友銀行」の旧名称ではなく、「さくら町にあるさくら銀行」みたいな別系統の銀行のようである。「桜」は散る時に花ごと落ちるのが「落首」のようなので、あまり縁起の良い花ではない。そして、この町には雪が降り(雪は冬=非生命力の象徴)、「雪印」ならぬ「星印のバター」が売られていた(星も死んでいった者の象徴)。「第一生命」ならぬ「第三生命」という会社もあった。「第三生命」ってどこか霊体チックでかっこいいぞ。シンとイツキは町の上でイデオン飛行をやらかすし、もう、町は死の気配でプンプンだ。老人になったシンが世界各地の子供を幸せに出来るのはこの場所が妖魔界との接点の場所であり、死が濃厚に漂っていて、他の場所と違うからかもしれない。

あと、河童の役の立たなさが、ずば抜けてていじらしい。


◆『ういらぶ。』トーホーシネマズ錦糸町オリナス8

▲お前らみんなホゲタラだあ~。

五つ星評価で【★★★映画と言う枠を諦めた潔さがある。ダメダメなキャラに頭狂いそうになる】
いわゆる壁ドン映画で、男主役がドSを拗らせて、女主役がドMを拗らせてる。ちょっと恋愛のこじれ方が気持ち悪い。まあ、このリアルにはありえない拗れ方が全てと言ってしまえばそれまでだ。お前らイケメンイケ女の癖しやがって!
男主役はジャニーズ・キンプリの平野紫耀。彼はない引き出しをどんどんこじ開けられてる感じ。そんなに急いで実績作らんでもいいと思うんだが、何を焦っているんだろう。『honey』のガチガチ真面目演技(あれも状況は変だが)に仲間が増えた感じでコミカルな演技が加わった。まあ、頑張れ(謎の上から目線)。
女主役は桜井日奈子。後半コメディー演技をバランス変えて封印して、真摯に汚れて崩れていく感じは、ちょっと撃たれた。
サポート幼馴染1号の磯村勇斗くんはそろそろ友達ポジションを卒業しないと、この世界では居場所がなくなってしまうぞ。もうかなり体の作りが大人のそれのようである。そのうち、ポンと体育教師役とかになってしまうのだろうか?
サポート幼馴染2号の玉木ティナ相変わらずのフォロー上手。この人はハーフだから年が全く分からんのだな。


◆『それだけが、僕の世界』トーホーシネマズシャンテ1

▲徐々に弟を思いやるようになるイ・ビョンホンが離れて暮らしていた為に親の信用を勝ちえていないところがバリバリ泣ける。

五つ星評価で【★★★★イ・ビョンホンがいい意味で可哀想。】
いや本当に、こんな映画だとは思わなかった。このストーリーを宣伝するのは大変だ。あと2018年公開された映画の中で予想だにせず一番音楽に打たれた映画。ピアノに打たれるとは思わなかった。

どちらかと言うと何も悪くなく、ただひたすら悪い目ばかりに会っている、それでいて運命に辛く当たらないイ・ビョンホンの孤独が気高く悲しい。親にも弟にも言い分はいくらでもあると思うが、それがイ・ビョンホンの孤独を緩和したりはしないのだ。そして、イ・ビョンホンは顔に温かみが感じられない人なので逆に適役でした。


◆『ラブライブ!サンシャイン!!』トーホーシネマズ上野2

▲こんなラブドールみたいなん9体出されてもよう見分け付かんわ。

五つ星評価で【★★単なるファン・ムービーで済ます気満々かよみたいな疎外感】
個人的にこれをあまり楽しめないのは、元々の物語に付きあっていない為、細かい設定から置いていかれてしまうのと、ライブの場面でともかく個が目立たない演出をされるから。いや、ライブに限らず、メインキャラが6人もいて個性消すなんて意味が分からない。「個」を出して出して出し尽くすような演出じゃないとあかんやろ。そうでなくても「ラブライブ」って配色と声優が違うだけなのだから積極的に「分かち」で売っていくべき。いなくなってしまう3人に個性が集中していたのなら、それは残念としか言いようがないが、残りはヨハネと「ずら」くらいしか印象に残らなかった。

この後に見た『ガンダムNT』の少年たちの熾烈な運命と正反対すぎる。『ラブライブ』のメンツ全員が何か理由を付けて全員生態改造手術を受け、半数以上が再起不能になるような設定にせな、何となく俺は楽しめへん思うんだが、まあ、そういうの元のファンは望んでいまい。すいません。


◆『機動戦士ガンダムNT』トーホーシネマズ上野6

▲白木陽子と力石徹みたいな関係性の二人。

五つ星評価で【★★★★ガンダムは叫びながら戦って死に合え】
鑑賞前提のユニコーンを見てないのだけど無茶苦茶好み。やはりガンダムは叫びながら戦うのがよく似合う。
後、俺クズだから残酷な目に会う子供が好きなのだ。それにしてもニュータイプが「ムー」読者みたいなオカルト信者に進んでいってしまうのは驚いた。今年の夏に見たアニゴジのキングギドラ様もオカルト体験だったけど。話の流れがSFかオカルトかなら、SFに流れてほしいんだがなあ。

ミネバ様しっかりなさってるけど、かーいー。ミネバ様が何かの折に赤面するだけの映像を30分くらいなら見てたい。


▲自他ともに認める感じの屑「悪ぃ子はいねえが? あ、おらか」。
ゾルタン・アッカネンってのは、中二の塊っぽいキャラやなあ。こういう自覚のあるクズがいると話が早く進んでいいわ。名前もゴーショーグンのキャラみたいに何か弾んでていい(ゴーショーグンは「ヤッターラ・ケルナグール」と「スグニ・カットナル」と「ブンドル」だっけ?)。

ガンダム奈良恥部。福井県は奈良を許せないのか? いや、いきなりそんなん言うのも何なんだ?


【銭】
2018.12.20から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その8~12本目。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS@ぴあ映画生活
ういらぶ。@ぴあ映画生活
それだけが、僕の世界@ぴあ映画生活
ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow@ぴあ映画生活
機動戦士ガンダムNT@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
それだけが、僕の世界@ここなつ映画レビュー
機動戦士ガンダムNT@SGA屋物語紹介所
▼関連記事。
映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS(一回目)@死屍累々映画日記・第二章
ラブライブ!(一本目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

それだけが~の方です

こんにちは。
「ピアノに打たれるとは思わなかった」とは、「ボヘミアン・ラプソディ」に代表される音楽映画との比較でしょうか?それともピアノに体とか打たれてしまうということ?…な訳ないですね。ピアノは重たいから打たれたらかなりの重傷かと。

追記(私の失敗)

ふじき様
大変申し訳ないのですが、弊ブログにいただいたトラックバックを誤って消してしまいました。
お手数おかけして…ご面倒をおかけして…お手間ですが…
もう一度貼っていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

Re: それだけが~の方です

こんちは、ここなつさん。

イ・ビョンホンの映画が年末にやって来て、兄弟物くらいの情報で観に行って、いや、あんないいピアノ聞かせてもらえるとは思わなかった。映画で聞いた演奏の中ではこの映画のピアノが少なくとも去年に関してはダントツだったなあ。

  • 2019/01/22(火) 16:20:52 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

Re: 追記(私の失敗)

> ふじき様
> 大変申し訳ないのですが、弊ブログにいただいたトラックバックを誤って消してしまいました。

よおし百回くらい貼りに行くぞお(嘘)。

わざわざのご連絡ありがとうございました。

  • 2019/01/22(火) 16:38:59 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

NT気に入ったならぜひガンダムUCも観ていただきたく。『ミスター・ガラス』もかなり「ムー」っぽい話でした。はやってんのかな、ムー

  • 2019/01/27(日) 20:34:17 |
  • URL |
  • SGA屋伍一 #TyXokUWg
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、伍一どん。

> NT気に入ったならぜひガンダムUCも観ていただきたく。『ミスター・ガラス』もかなり「ムー」っぽい話でした。はやってんのかな、ムー

「ガンダムうっちゃん」かあー。まあ、劇場でやってくれるなら考えます(おでレンタルとか20年くらいやってないので敷居高いのよ)。東京では「ユリ・ゲラーVSネッシー」みたいな変な映画をやってるので是非、今週くらい見たいです。

  • 2019/01/28(月) 00:46:22 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

桜井日奈子が可愛かったっす。
「ういらぶ。」て「初々しい愛」て意味ですかね。
相手がジャニだとまともにキスシーンも撮れないてのがねえ、まあファンが発狂するてのが理由なんでしょうけど、俳優として出ているからにはその辺はちゃんと割り切って演じて欲しいし、覚悟足りてないとも思えます(日本映画のダメな部分)。

貼り間違え

URL欄、貼り間違え(前回のまま投稿しちゃいました)。
新たに貼り直しました。
TBも反映されませんし、色々ご迷惑お掛けします。

  • 2019/06/02(日) 14:57:57 |
  • URL |
  • ヒロ之 #-
  • [ 編集 ]

Re: 貼り間違え

こんちは、ヒロ之さん。

URLの貼り違いは気にしてないのでそちらも気にしないでください。ただ、管理者権限をしても直し方がよく分からないので修正はしません(できません)。

キスより「芸術性があってもなくても脱ぐ」そういう覚悟を女優に持ってほしい。

  • 2019/06/02(日) 22:52:15 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5609-292cb27b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニュータイプの涅槃が見られるか 富野由悠季・福井晴敏・吉沢俊一 『機動戦士ガンダムNT』

そういえば『00』が終わってからめっきりガンダムについて書かなくなってしまいまし

  • 2019/01/27(日)20:34:43 |
  • SGA屋物語紹介所

映画 『ういらぶ。』

                          JUGEMテーマ:映画館で...

  • 2019/01/23(水)23:34:46 |
  • こみち

それだけが、僕の世界

それだけが、僕の世界@なかのZERO

  • 2019/01/23(水)08:32:24 |
  • あーうぃ だにぇっと

『それだけが、僕の世界』 2018年12月30日 TOHOシネマズシャンテ

『それだけが、僕の世界』 を鑑賞しました。 今年の締めかな。パスポート7本目です。 【ストーリー】  40歳を過ぎたジョハ(イ・ビョンホン)は、アジアチャンピオンだったこともある元プロボクサーだが、今では昔の面影はなかった。ある時、彼は子供の頃家を出て行った母親と数十年ぶりに再会し、そのとき初めて自分にサヴァン症候群という病気の弟ジンテ(パク・ジョンミン)がいることを知る。 イ・ビョン...

  • 2019/01/22(火)21:19:00 |
  • 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-

「それだけが、僕の世界」

まるで何かに導かれるように、何かの力が働いたかのように、今年最後観た作品はこの作品だった。私が自分の人生の中で時々運や縁(えにし)を強く感じるのは、こういう時なのかもしれない。ジョハ(イ・ビョンホン)は中年の落ちぶれたボクサー。過去には東洋チャンピオンになった実績はあったものの、今はボクシングジムで若手のスパークリング相手をするいわば咬ませ犬的な仕事をしていた。だが、そこも本戦前の大事な若手...

  • 2019/01/21(月)12:35:02 |
  • ここなつ映画レビュー

それだけが、僕の世界

かつてWBCウェルター級東洋チャンピオンだった韓国のプロボクサーの男ジョハは、40歳を過ぎて今はホームレス寸前。 17年振りに母インスクと再会し一緒に暮らそうと頼まれるが、そこには初めて会う弟ジンテもいた。 何を言っても「は〜い」としか返事をしないジンテは「サヴァン症候群」で、天才的な音感とピアノの才能があった…。 ヒューマンドラマ。

  • 2019/01/21(月)03:22:31 |
  • 象のロケット

ういらぶ。

幼い頃から同じマンションに住んでいる少女・優羽(ゆう)と暦(こよみ)、少年・凛(りん)と蛍太(けいた)の4人は、固い絆で結ばれた幼なじみ。 優羽のことが好きすぎる凛は、彼女に冷たい態度ばかり取っていた。 家の改装で1ヶ月だけ仮住まいすることになった優羽は隣の家の高校生・和真から、凛は和真(かずま)の妹・実花(みか)から、それぞれアタックされる…。 ラブ・コメディ。

  • 2019/01/21(月)03:21:02 |
  • 象のロケット