FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『そらのレストラン』ユナイテッドシネマ豊洲12


▲UFOっぽいチーズ。

五つ星評価で【★★この映画を躊躇してしまう理由】
美談であるし、悪人は出てこないし、とても性善説の世界だ。そういうのに照れるってのはあると思う。登場人物の誰もが善人だったり、過去に辛い思い出があり、それが今の人格を形成してたり、みんな仲が良くって、誰一人として主人公の挫折からの復活を諦めないでサポートしてくれるのは構わない。うらやましいばかりだ。
問題は別の所だ。
多分、私は彼等を妬んでいるのである。
モデルになった人達がいるらしいのだが、その人たちもこの映画の彼等のように楽しく朗らかに苦労せず生活しているのだろうか。そう、彼等から労働の苦労・苦痛は感じない。冬の北海道に迷い込んだ本上まなみは、夫の大泉洋の畜産に手を出してるようには見えず、ほぼ専業主婦でノホホンと生活しているように見えるし、外資系から脱サラして牧畜業を受け継いだ岡田将生はペットに餌をやるように、ただ餌をやるシーンのみが描かれる。多分、それ以外は遊んでるのだと思う。農家のマキタスポーツ、高橋努も農家らしい苦労をしているようには見えない。農薬を使わないのは良い事だが、虫による被害をどう防ぐかは一切描かれていない。多分、あの大地では農薬を使わない作物には「呪い」か何かが仕掛けられてて被害を出さない仕組みが作られているのだろう。大雑把に大自然北海道の野生の力により作物は勝手に育つ。魚介類も同様。どんどん捕れる。その凄まじい恩恵を彼等は受けているように見える。いや、それはファンタジーでしょう。マンガ『銀の匙』の離農の現実などを見てると、この労働量で農業の生活基盤が立ってしまうのが謎である。と言う事で、挫折や復活などの精神性の問題はいいのだが、生活基盤の農業にリアリティーがない。私自身は農業に携わった過去は1分たりともないのだが、農家の人がこの映画見たら怒るのではないかと思う。

でっかいどう北海道果てしなく広がる遠大な背景を凄くロングから撮れるのは気持ちいい。

ラスト補助輪なしの自転車のカットはいいなあ。食もそうだけど、ああいうのに幸せを感じるのはいいよな。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜はメンバーデーでメンバー1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
そらのレストラン@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5630-3bd8f0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そらのレストラン

「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」に続く、大泉洋主演の北海道を舞台に描いたヒューマンドラマシリーズ第3弾。大泉が主人公・亘理役を演じるほか、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、小日向文世らが脇を固める。監督は「神様のカルテ」シリーズの深川栄洋。あらすじ:北海道せたな町の海が見える牧場で、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理は、妻のこと絵、娘の潮莉の家族3人、そして気の合う仲間たちと助け合い...

  • 2019/03/25(月)20:26:04 |
  • 映画に夢中

『そらのレストラン/スニーク』 2018年9月7日 テアトル京橋

『スニーク』 を試写会鑑賞しました。 公開時期が近くなったら感想書きます。。。(覚えているかな) 2019年1月27日再鑑賞 【ストーリー】  北海道せたな町の海が見える牧場で、牧場とチーズ工房を営む亘理(大泉洋)とその妻のこと絵(本上まなみ)、羊飼いの神戸(岡田将生)らは、ある日、自分たちが生産した食材が札幌の有名なシェフの手でよりおいしくなったことに感動する。そして、この感動を人々に...

  • 2019/02/18(月)23:06:12 |
  • 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-

映画『そらのレストラン』★日々の何気なさがじんわりくる味わいwithチーズ

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175345/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照してください ・酪農家(設楽亘理): 大泉洋☆ “海の見える牧場“の設楽亘理は、 牛乳を卸している”大谷チーズ工房“で 10年、チーズ作りを教わっているが、デキは、今一つ―― と言うと、この話のゴールは、 亘理のチーズ作りの成功? ...

  • 2019/02/18(月)15:58:16 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

そらのレストラン

北海道の道南・せたな町。 海が見える牧場で酪農を営む設楽亘理は、妻こと絵、一人娘・潮莉と3人暮らし。 厳しくも美しい大地で食を追求する仲間たちに囲まれ、楽しい毎日を送っていた。 札幌から訪れた有名シェフ・朝田に食材を激賞された亘理は、せたな町の美味しいものを集めた一日限定レストランを開くことを思いつく…。

  • 2019/02/17(日)10:35:34 |
  • 象のロケット