FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『グリザイア:ファントムトリガー』EJアニメシアター新宿、『コンジアム』シネマート新宿1

同じビル繋がりで2本まとめてレビュー。

◆『グリザイア:ファントムトリガー』EJアニメシアター新宿

▲社会通念的にこんなに堂々と制服でバイクに乗るのはどうか、と。

五つ星評価で【★★★アクション燃えるぞ】
基本一切合切知らんで一見さん鑑賞(あ、予告は見た)。オリジナルがどんなメディアかすら知らない。が、冒頭すぐに始まるアクションの練度の高さにすぐのめり込んでしまう。主人公達に「殺人についての禁忌や罪悪感」が全くない事はアクション・シーンを面白くし、日常シーンのリアリティーを少し減少させている。多少不謹慎でインチキくさいけど見応えのあるアクション、それが売りだろう。今の時点で彼女たちの内にも外にも「正義」はない。話が続いていく中で、彼女たち自身にとっての「正義」とは何かがモチーフとして語られる日が来るのかもしれない。
ただ女の子4人と指揮官1人のチームで4人の行動部隊隊員が全員美少女で、オシャレな女子高生制服を着てパンチラバリバリで諜報活動に勤しむのは、なんつーか、お前らこういうの好きなんだろと見透かされてるようで実に恥ずかしかった。最初に「セーラームーン」がメディアに出てきた時みたいなダメな萌え感。
主人公レナの出自を語る物語だからという事もあるのだろうが他の3人の活躍が薄く、その為にそれぞれの活動を通じてのキャラ立ちがあまり描けなかったのは減点。ミッションに集中させて学園ドラマ部分は割愛しても良かった気がする。
ライバル姉妹校の食わせ物チームとかも奥が深くて面白い。


◆『コンジアム』シネマート新宿1

▲笑うと負けよ、あっぷっぷ。

五つ星評価で【★★ありがち】
怪奇番組の撮影クルーが心霊スポットを巡ったら予想しない怪奇現象が撮れてしまったという体のフィクション。日本にはこのタイプに『コワすぎ』という超傑作シリーズがあり、それが起爆剤になったのか、心霊スポット探訪物はフィクション、ドキュメンタリー双方ともそこそこある。そもそも低予算を強いられるホラーの撮影にこの方法は向いているのだろう。本物の心霊スポットを使う事でセット不要、撮影機材はプロ仕様でなくても良い。撮影時間は深夜で、何が映るにせよ、映らないにせよ、明確に映ってなくても良い。そして、そんな荒い映像の編集や加工はしやすいに違いない。そんな心霊スポット探訪物に韓国から殴り込み。結果としては、国は違えど、そうそう大きな違いは出なかったな、と思わされた。これ、こういうジャンルを数見てる人にはそんなに独自性の高い映画ではないです。
ただ、韓国と言うお国柄か、音が大きくて、くどい。まるでキムチと焼肉の波状攻撃みたいなくどさ、そこは流石、韓国と思わされた。
あと、前半部分、若者が合コンチックに遊ぶシーンが大変ジャマ。どう考えても『15時17分パリ行き』のショッピングのシーン程度には不要。あそこで誰と誰がどういう風にアチチっぽいとか心霊スポットで全く関係ないし。いや、基本登場人物、男4人、女3人のキャラも立ってないし(※)、いろいろ不親切な作りだとは思う。もっと分かりやすくしたり、整理したりも出来ただろう。

※ 女3人、実は長距離狙撃手、中距離遊撃手、忍者で、実は影で「ファントム・トリガー」と呼ばれていたりしたらキャラが立ったかもしれんな。その場合、どう考えても泣き叫んだりしない3人だけど。


【銭】
『グリザイア:ファントムトリガー』:テアトル会員割引+曜日割引で1000円。
『コンジアム』:毎月25日はシネマートデーで1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION@ぴあ映画生活
コンジアム@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5663-de674eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)