FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『レイドバッカーズ』新宿ピカデリー6、『パンドラとアクビ』EJアニメシアター新宿

同日鑑賞2本をできるだけ短評で。

どちらも60分の中篇で、価格設定が1500円。60分なら1000円か1200円くらいにまで下げてほしいのだが、東宝のサイコパスも1500円の設定だったので、60分物についてはこの値段ラインを定着させようとしている匂いがプンプン漂ってくる。逆に言えばそろそろ通常の映画料金を値上げしたい事に関する布石かもしれない。60分1500円、90分以上2000円って、ちょっと妥当な線引きに見えてしまうのがイヤだ。

◆『レイドバッカーズ』新宿ピカデリー6

▲ハラミ。安定の主人公感。

五つ星評価で【★★★★キャラ立ちすぎてヨシヨシ】
「レイドバック」はチラシに付けられたルビによると「だらけた」という意味らしい。あー、確かにだらけた奴らだ。
でも、だらけながらも、ちゃんとやる事もやる御一行はとても頼もしく微笑ましい。

ものごっつ俗世間の悪影響に毒されながら、秘かに仲間が一番な魔術師のK様が一番好きかな。K様がホモマンガ手に取りつつ目を潤ませてるのが何かどうしようもない光景なのにステキに見える作画の力が凄い。偉い。キャラ愛が強い。
魔術師のKは戦いのサポートみたいな立ち位置がはっきりしてるが、赤髪・狂戦士のハラミと青髪・武闘家の舞は戦いでの違いとかあまりよく分からない。ハラミの「てーげー」な感じのゆるい姉ちゃんぶりが気安くって気持ちいい。

▲K

異世界召喚前の仇敵同士のアーネリアとらん、らんの純さに打たれながらも、アーネリアの不遇に同情する。アーネリアのあれ、癖になったらどうする? 反面、アーネリアは一人だけ疑心暗鬼で人を疑いまくる役だから、とても損な役。いやまあ、異世界(現代日本)に飛ばされた5人が、元の世界では災厄の元と思われていた魔王も含めてみな不幸であった。その夏休みをちょっとだけ差し上げる物語はとても優しい。

全てのラスボスがアーネリアを悩ますあの犬だったりして(幻魔大戦のフロイかよ!)


◆『パンドラとアクビ』EJアニメシアター新宿

▲アクビ(左)とパンドラ(右)。パンドラは役立たず。

五つ星評価で【★そこにキャラクターへの愛がない】
始まった途端、とてもイヤな物が始まった事が分かった。
『モンスターストライク』のパンドラ、続いて登場する『ハクション大魔王』のアクビ。申し訳ないが前者は知らない。後者は設定は知っているが、あまり嵌って見た覚えはない。見てくれと声は可愛い。そこにだけ集中したような作り。無理やり二つの世界を一緒にして話を初めるにもかかわらず、二人の設定を何も語らない。この二人が何が出来て何が出来ないのか全く分からない。元の話からキャラが引き継がれているかさえ分からない。そもそも大魔王の娘のアクビは万能だろうから、本気を出せば無敵だろうに、そういうので縛りを作らないのも筋立て的におかしいだろう。

物語は各種タツノコプロのキャラを出しては無駄に消化していく。
『ヤッターマン』のドロンジョ、
『マッハGoGoGo』の三船剛、
『新造人間キャシャーン』のブライキングボス、
『一発貫太くん』の貫太、
『おらぁグズラだど』のグズラ。
色々出てるけど、そっくりさんと言ってもいい。姿形、表面上の特技が似てるだけである。
彼等には心やオリジナルの魂が入っていない。
ドロンジョは魅力的なベシャリを封印され、三船剛は車で修羅場に駆けつけるが、マッハ号を楯に使うだけで、マシンスペックを一切使わない。ブライキングボスは単にメキシカンっぽい悪玉だし、人間味がほとばしってる。貫太なんて野球すらしない(まあ、貫太は全然、話を知らんのだけど)。つまり、彼等のなりやいでだちをコピーした偽物なのである。

何となく、タツノコプロの商標商品を作って見ました。どうです、可愛でしょ、と言うノリ。縫いぐるみだったら、ただ単にデザインと手触りが良ければいいが、アニメはそれでは面白くならない。ちゃんとキャラを立てないとダメなのだ。


【銭】
『レイドバッカーズ』:1500円均一料金。
『パンドラとアクビ』:当日1500円均一であるのを額面1200円のムビチケをチケ屋で見つけて1100円でGET。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-@ぴあ映画生活
パンドラとアクビ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5669-9cde58c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)