FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『映画の教室2019上第一回』国立映画アーカイブ

◆『映画の教室2019上第一回』
五つ星評価で【★★★徒労的な疲労感】
国立映画アーカイブの企画上映「映画の教室2019上」。
全五回で今回のお題は「PR映画に見る映画作家たち」
一回目は「電通映画社:亀井文夫・樋口曳地源一郎」で、短編各1本。にしてもPR映画と言うのは又、大海すぎるのではないか。あまりに大海すぎて、5回という回数制限内で紹介される作品でPR映画の全貌や概要が浮かび上がらないのではないか。「摘まみ食いしました」で済むなら済むでいいけど。

『いのちの詩』1959年カラー39分。日本生命のPR映画。ドラマ仕立てであるが「あっ、生命保険に入らなくては」と思える気づきになるような出来事が作為的すぎる。
『生命の流れ』1967年カラー26分。第一製薬のPR映画。血液やリンパに関する啓蒙映画。とは言え、全く啓蒙された感じがしない。肉体の中を血液が流れるビジュアルや赤血球、白血球などどうやって撮っているのか本物の映像が数多く見れて何やらとても不思議な気分になる。でも、関心が向かない分野であるからか、グイグイ話に引きこまれたりはしなかった。


【銭】
国立映画アーカイブ一般入場料金520円+108円(前売券発行手数料)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
《映画の教室 2019/電通映画社:亀井文夫・樋口源一郎》@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

スレ違い上等

京マチ子さんは後で。
ドリス・デイ死去のニュースで、代表曲が主題歌だった「知りすぎた男」が引用されてました、で、思うこと。
85年頃うん十年ぶりのリバイバルで「裏窓」「知りすぎた男」「めまい」「ロープ」「ハリーの災難」と立て続けに公開されたんだけど、当時日本では「めまい」より「知りすぎた男」の方が評価が高かったようで、劇場もそれなりに大きいところで上映したんだ。でも今は「めまい」の方が評価が上になってるようです。
まぁ「知りすぎた男」は分不相応な評価だったこともあるけど、「めまい」は.いつから偉くなったんだろう。

  • 2019/05/14(火) 18:43:51 |
  • URL |
  • 死神小僧 #-
  • [ 編集 ]

Re: スレ違い上等

こんちは、先輩。

> ドリス・デイ死去のニュースで、代表曲が主題歌だった「知りすぎた男」が引用されてました、で、思うこと。
> 85年頃うん十年ぶりのリバイバルで「裏窓」「知りすぎた男」「めまい」「ロープ」「ハリーの災難」と立て続けに公開されたんだけど、当時日本では「めまい」より「知りすぎた男」の方が評価が高かったようで、劇場もそれなりに大きいところで上映したんだ。でも今は「めまい」の方が評価が上になってるようです。
> まぁ「知りすぎた男」は分不相応な評価だったこともあるけど、「めまい」は.いつから偉くなったんだろう。

バリバリ死によるねえ。
ヒッチコックって見たのがバラバラだったから、どれが優れてるとかあまり比較できない。次のを見る時はもう前のかなり薄らいじゃってるみたいな感じ。「めまい」はあのビジュアルがちょっとあからさまに「雑」だったから最初、評価されづらかったのかしら。「知りすぎた男」はタイトルで得してると思う。かっけータイトルじゃん。

  • 2019/05/15(水) 00:37:07 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5688-d28e6d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)