FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ザ・ファブル』ニッショーホール

◆『ザ・ファブル』ニッショーホール

▲こんな人の顔がニョキニョキしてるような髪型の奴がいたら普通じゃない。

五つ星評価で【★★★★アクションと笑い】
岡田准一のアクションが速すぎて見えない。だからきっと私には分からないけどアクション凄いのだろう。あんなに簡単にすっとビルが登れるって本当凄い。ナチュラル・ボーン・下着泥棒とかできる。オウムはあまり出番がなかったから、いなければいないでよかったと思う。これは「ジャッキー・チェンの映画をバスター・キートンを主役に撮ったらどうなるかと言う映画」とツイッターで呟いた。そんなんを実現できるアクション・スキルの岡田准一、下着泥棒にしておくには惜しい逸材だ(いや、それは違うだろ)。
そして、本当のところ誰が描いてるのか分からないけど、あの「絵」にムチャクチャ癒された。
山本美月ちゃんメチャめんこい。「いい人」顔なのだよねー。彼女が仮にビッチであっても、顔が「いい人」だから、このキャスティングは成功。まあ多分、彼女はビッチじゃないと思うけど(ビッチでもええよん)。理想は「俺の前でだけビッチ」。うわあ、すげえヤンマガ感。
粘着質な役をやる柳楽優弥が怖くてたまらん。善玉よりはこっちが本業じゃなかろうか。
『居眠り磐音』の芋姉ちゃんっぽさで個人的に株を下げてしまった木村文乃もこの映画ではよかった。しかし、ファブルはほぼほぼ相棒いらないよね。ラストでいいところ浚うけど全体的に大活躍はしないし。

ということで普通に面白かった。

ただ、岡田准一演じるファブルが本当に「こっち側」なのかどうかについて見ていて不安を覚えてしまった。
まず、原作のマンガは読んでない。
でも、マンガは映画よりリアルの線引きが低いから、主人公がクズだったり、鬼畜だったりしても、それなりに読めてしまう。逆に、主人公がクズや鬼畜の方が面白さを強調する事にすらなる。それはマンガというジャンルが完全に絵空事だからだろう。マンガで読んだ事が自分自身に振りかかる可能性は低いし、そんな事を考えながらマンガは読まない。
そんなマンガと違い、映画の場合、例えば主人公が「こっち側の」善人なのか「あっち側」のイカレタ狂人なのかは大きな問題だ。他人にまでキッチリ聞いて確認した事はないが、私自身、映画を見ていて善行がなされる事を待ち望んでいる。映画の中では勧善懲悪がなされてほしい。なので、ファブルが「こっち側」か「あっち側」なのかは、見るのに大事なポイントなのである。岡田准一くんが演じるんだから「こっち側」だろうと思うのだが、要所要所、極限まで感情表現が抑えられたファブルについては、見終わった今でも「こっち側」かどうか即答できない。おそらく「こっち側」だろう。そこが私を不安にさせる。何と言っても彼が感情を爆発させるのがジャッカル富岡のギャグを見てる時だけなのだ。すげー「あっち側」っぽい。

エンドロール後のオマケは久々に「必見」と言う言葉に似つかわしい。


【銭】
講談社連合試写に当選。ありがたや、ありがたや。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ザ・ファブル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ザ・ファブル@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ザ・ファブル@日々是精進
▼関連記事。
・ザ・ファブル(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
ザ・ファブル(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

おはようございます。

岡田さんのアクションは申し分無しですね♪
あの壁登りには驚くばかり。まさかのスタント無しとは。

原作がまだまだ続いているので、是非とも続編を作って欲しいところですが…。

  • 2019/06/30(日) 05:48:17 |
  • URL |
  • BROOK #-
  • [ 編集 ]

Re: おはようございます。

こんちは、BROOKさん。

> あの壁登りには驚くばかり。まさかのスタント無しとは。

さらっとやれちゃうのが凄い。好きこそ物の上手なれですな。

  • 2019/06/30(日) 22:47:38 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

山本美月は『桐嶋』の役がめっちゃむかついただけに、カーテンのCMとかこの映画では反動でめちゃくちゃかわいく見えます

  • 2019/07/18(木) 22:15:02 |
  • URL |
  • SGA屋伍一 #TyXokUWg
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、伍一どん。

> 山本美月は『桐嶋』の役がめっちゃむかついただけに、カーテンのCMとかこの映画では反動でめちゃくちゃかわいく見えます

山本美月はもともとデレっとした顔なんだけど、そのデレっとした顔のまま使おうってのがなかったのかもしれない。自分のブログ検索したらけっこう小さい役や端役をチョコチョコ演じてる。映画的には苦労人なんだよな。割と大きい役の「女子ーズ」とか5人の中の一人とかすっかり忘れてた。

  • 2019/07/19(金) 23:00:25 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは。
原作私も読んでいないので、ファブルの「くず」についてはふじきさん同様判っていませんが、本作の「くず」はかなり組員やチンピラ連中が引き取ってくれていますね。けれど、その中でも私は福士のくずっぷりに結構戦慄を覚えたのでした。
ああいうくず最近増えていると思うよ。義理人情とか関係なく、面白ければいいじゃん、的なくず。昔はサイコと呼んでいたけれど、今は普通にいるんですよねぇ。

Re: こんにちは

こんちは、ここなつさん。

> 原作私も読んでいないので、ファブルの「くず」についてはふじきさん同様判っていませんが、本作の「くず」はかなり組員やチンピラ連中が引き取ってくれていますね。けれど、その中でも私は福士のくずっぷりに結構戦慄を覚えたのでした。
> ああいうくず最近増えていると思うよ。義理人情とか関係なく、面白ければいいじゃん、的なくず。昔はサイコと呼んでいたけれど、今は普通にいるんですよねぇ。

ちょっと源作よんだけど、ファブルはそんなクズではないようでした。感情表現が平坦すぎるのは原作からですね。
福士くんはクズなのに恥じる事なく朗らかに明るいのが怖い。

  • 2019/08/27(火) 23:48:27 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5726-bdc50a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ザ・ファブル」

普通に面白い作品。こういう「普通に何とか」という表現はあまり好きじゃないのだけれど、「超」がつくかというとどうなんだろう?と思ったので。いや、実は観終わった時には「超面白かった!」と思っていたはずなんだけど。実際には結構前に観た作品なので、詳細をあまりよく覚えていないのだ。印象に残ったのは、出演者全員が(オリラジの藤森に至るまで)すごく楽しそうに演じていたということ。主演の岡田准一はいい具合...

  • 2019/08/26(月)12:36:07 |
  • ここなつ映画レビュー

ザ・ファブル

2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化。相棒ヨウコを木村文乃、ボスを佐藤浩市が演じるほか、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理ら豪華キャストが集結。カンヌをはじめ数々の広告祭で受賞歴を持つCM界の巨匠・江口カンが監督を務め、「20世紀少年」「GANTZ」の渡辺雄介が脚本を手がける。あらすじ:超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親で...

  • 2019/07/01(月)17:55:03 |
  • 映画に夢中

劇場鑑賞「ザ・ファブル」

レビューは↓ https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201906220001/ ザ・ファブル(01) (ヤンマガKCスペシャル) [ 南勝久 ]

  • 2019/06/30(日)05:45:40 |
  • 日々“是”精進! ver.F

映画「ザ・ファブル」の感想

ヤバかった 続きを読む…

  • 2019/06/30(日)04:59:19 |
  • fu+iのトラックバック用ブログ

ザ・ファブル

“ファブル(寓話)”と呼ばれる男は、どんな相手も6秒以内に殺すという伝説の殺し屋。 しかし、少々仕事をし過ぎた彼に、ボスはある指令を与える。 「一年間、一般人として普通に暮らせ。 休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す。」 ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコと共に一般人の生活を始めるが…。 ≪誰も殺さず、救えるか。≫

  • 2019/06/29(土)00:25:19 |
  • 象のロケット