FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『フレームアームズ・ガール きゃっきゃうふふなワンダーランド』ユナイテッド・シネマ豊洲9

◆『フレームアームズ・ガール きゃっきゃうふふなワンダーランド』ユナイテッド・シネマ豊洲9

▲持ち主に動く所を見られても差し障りのないトイ・ストーリー。チャイルド・プレイ的な側面はない(ようだ)。

五つ星評価で【★★これは一見さん禁止だわ(私は一見さんです)】
原作がプラモデルという珍品。
プラモデル → TVアニメ → 劇場版 という流れらしい。
ザックリ言うと、操縦者と実機が女の子であるプラレス三四郎。
いやまあ、正確には操縦してはいないけど。
身長15センチのAI付きバトルロボット少女がモニター兼保護者の女の子や、彼女の仲間達から色々な感情を学ぶ物語(らしい)、多分。編集したカットから垣間見える内容から、1クールやっていたTVアニメは長さに見合うそれなりに濃い内容だったと推測できる。これを劇場用アニメとして編集する際、TVアニメ顧客のみが楽しめるファン・ムービーとしてだけ作ってしまった。チラシのコピー曰く

これは、フレームアームズ・ガールたちと思い出をふりかえる物語!

「総集編」とはそもそもそういう物だが、通常は今までに見てない人達にも、抜粋した話を見せる事で、面白さを認識させようという顧客のパイを増やす作業をしたりもするのだが、その考えは綺麗さっぱり捨てたようだ。
いきなり全登場人物を出し、そもそも「フレームアームズ・ガール」とは何なのかという説明も一切せず、全登場人物を何の説明や設定もなしに擬人化したデフォルメ・キャラクターに変更、おそらく原典をかなりちゃんと知ってる人しか楽しめない展開。想い出カットをメインに全員会話トークで繋ぐため(絵と音声が乖離し)、一見さんでは覚えられない名前が羅列、誰が誰の事を喋っているのかがひたすら謎。そして、新撮カットとして、登場人物による歌のカットが何カ所か盛り込まれてる。人気声優対応であろうか。これが残念さに拍車を架ける。そこ、大してよいカットに見えないのだ。
個人的には地味キャラである主人公の轟雷はコツコツ努力する感じで可愛くて好き。逆に他は本気でほぼ分からん。83分あるのに学習が効かんかった。


【銭】
ユナイテッドシネマメンバー割引(毎週金曜)で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5733-f6c1066f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)