FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『センコロール・コネクト』シネ・リーブル池袋1

◆『センコロール・コネクト』シネ・リーブル池袋1

▲テツとユキと何か。

五つ星評価で【★★★伸び悩んだんじゃないか】
元になる短編『センコロール』を見た時は褒めた。
それが長編の尺になって、長編の尺になったからこそ、ちょっと違う気がしてしまった。
長編の尺なのに、物語の気の引き方が実に短編チックに「印象」に頼りすぎてる。ビジュアル面白いし、キャラも短編だったら、あのそこいらにいそうなリアルな内面の分からないキャラで可能だが、同様のキャラが二人増えるのは居心地悪い。彼等は組織の人間だから、非組織の人間よりは統制取れていそうな物なのだが、輪をかけて自由だ。極力何も描かない事で醸し出してたリアル感を、少し余分に描いたら、余分の描き方が悪くて、リアル感を失ってしまった。組織側の人間の組織を全く描かない事で「行き当たりばったり」っぽく見えてしまっている。「組織」のように見えながら、あと一人統制する者がいるだけなのかもしれないが。何だ、それ、花のぴゅんぴゅん丸みたいな組織かよ。

手に入れたセンコに怪物を食べさせて卒無く暮らすテツ、
そのテツにまとわりつくユキ、
テツのセンコを手に入れたい謎の少年シュウ、ここまでが前作のメンツ。
組織からシュウを追ってきた力が全てのカナメ、
カナメをサポートする組織の一員ゴトウダ、この二名が今作のメンツ。

前作のメンツもみなそこそこ勝手なのだが、追加された二人も自分の勝手ばかりを押し通す。みんな手前勝手で人の事を思いやらない。実際はそんなもんなんだろうが、何かこういう功利的なキャラクターが単に勝ち負けを争う物語には御贔屓が出来ずに見づらい。

ハイジの白いパンみたいなモコモコのモンスターが味わい深くていい感じ。モンスターの人相は悪いが、あまり気にならないのは、軽いタッチでデフォルメされている事と、胎児に似ているからかもしれない。

でも、次が出来たら見るだろう。見ないでいられるか。こんな中途半端な状態でほっとかれて。


【銭】
テアトル会員割引+曜日割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
センコロール コネクト@ぴあ映画生活
▼関連記事。
センコロール(前作)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5734-c1ffb9c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)