FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『赤ちゃん颱風』『晴子の応援団長』ラピュタ阿佐ヶ谷『続警察日記』シネマヴェーラ渋谷

同日鑑賞縛りで3本まとめてレビュー。

◆『赤ちゃん颱風』ラピュタ阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★★赤ちゃんと動物には勝てない】
企画「添えもの映画百花繚乱」から2本で1プログラム。
1958年、白黒、55分、初見。
桑野みゆきが電車で赤ん坊をあやしていると親が行方不明で、遺失物扱い所でも母親と疑われ引き取ってくれない。捨て子は赤ちゃんコンクールに優勝した事で一躍有名になり、第二第三の捨て子が彼女の職場に運ばれてくる。実はかなり悲酸な話であるが、軽コメディーとして処理されている。
女院長に轟夕起子、副院長に益田喜頓。


◆『晴子の応援団長』ラピュタ阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★★鰐淵晴子にだって勝てない】
企画「添えもの映画百花繚乱」から2本で1プログラム。
1962年、白黒、64分、初見。
鰐淵晴子美人よのう。ネリカン脱獄のズベ公と自殺しようとした清純なJKの顔がソックリの一人二役もので二人は指導者に惹かれて細かい事は記憶喪失で押し通し、服を交換し、お互いの居場所に。交換物は細かい事突っ込みなし。ネリカンの囚人服が町中それで歩いても何一つ違和感ない感じでオシャレなデザイン。
脚本の高橋二三って昭和ガメラの人じゃん、松竹でも書いてたのかっと思ったら、東宝の『スーダラ節』もこの人だという。守備範囲広すぎだろ。


◆『続警察日記』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★田舎の警察こんなに忙しいんやろか】
企画「怪優対決 伊藤雄之助vs西村晃」から1プログラム。
1955年、白黒、119分、初見。
伊福部昭の音楽で雄大な磐梯山の景色ドーンで終わるのが何か凄く特撮っぽい。
雄之助は人情ある組織人として警察組織の係長を問題なく演じてる。『気違い部落』もそうだったが芸術祭参加作品。貧困に対する批判強し。まだまだ貧困が根強かった時代なのだ。モグリ産婆の婆さんは「いつでも婆さん」の北林谷栄、彼女が伊藤雄之助に取り調べを受けてる最中に、今まさに産まれそうな妊婦が警察署に飛び込んでくるエピソードが出色。ブラックジャックかよ。
冤罪事件の被害者の娘が新珠三千代、美人である。
署のムードメーカーの女の子桃ちゃんが芦川いづみ、カワイ子ちゃんである。


【銭】
『赤ちゃん颱風』&『晴子の応援団長』:特集特別料金1500円だが3回券を3600円で再び購入(その3回目の使用)。
『続警察日記』:通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
赤ちゃん颱風@ぴあ映画生活
晴子の応援団長@ぴあ映画生活
続・警察日記@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

ご無沙汰してます。「晴子」神保町でチラシもらい行きたかったですが父は施設、自営業は暇で金が消え無理でした。これからも私の分まで楽しいレポートお願い致します。なお高橋ニ三のスーダラ節は大映では?(川崎敬三が主役でクレージーはゲスト)ではまた!

  • 2019/07/23(火) 10:21:00 |
  • URL |
  • 豆はんてん #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、豆はんてんさん。

> なお高橋ニ三のスーダラ節は大映では?(川崎敬三が主役でクレージーはゲスト)ではまた!

あっ、それや! 確かそういうのあるって聞いた事がある。

  • 2019/07/24(水) 16:53:23 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5744-c7c59c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)