FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

マンガ『弱虫ペダル 第26~41巻』渡辺航、少年チャンピオンコミックスを読書する男ふじき

ちょっとまとまって安い棚から購入。

26巻、インハイ三日目機体トラブルの今泉と変わって真波と坂道の一騎打ち。そしてインハイ三日目、ラスト500メートルまで。まだ引っ張るか。
27巻、ついにインハイ三日目。結果決する。田所の裏方への声掛けが良い。こういうところをちゃんと欠かさずに描くのが良書だよなあ。
28巻、三年が卒業、次の世代への引き継ぎ巻。誰からも軽んじて見られる凡人手嶋の熱い戦いがこの巻から始まる。
29巻、次の世代への引き継ぎ巻。手嶋が坂道の巻島呪縛を解く。杉元弟登場。和みキャラほしかったのかなあ。基本、真面目か病んでるかガラ悪いのばっかだから。
30巻、御堂筋vs鳴子、箱学の3年引退引継巻。アラキタから黒田へ。
31巻、杉元兄の復権巻。
32巻、杉元兄の復権巻2。ちょっと負けっぷりが素晴らしすぎて泣く。インハイ予選。機体トラブルで全員失格寸前。にもかかわらずあっさりどうにかしてしまう。ウェイトかけなさ加減が適当で笑う。
33巻、総北のダークホース古賀登場。手嶋とインハイの六人目を争う。古賀がイケズに見えてしょうがないが理由は後の巻でハッキリする。自分に甘えを許さない手嶋が偉い。
34巻、古賀対手嶋決着。何も持たない男手嶋が熱い。やはり手嶋に比べれば坂道だって持つ男なのだ。そして古賀の決めカットが凄い神カット。
35巻、2年目インハイ初日開始。手続き的な巻。
36巻、2年目インハイ初日平坦コースでの箱学銅橋対総北無口先輩+鏑木。銅橋のセンス悪いオラオラぶりと鏑木のバカ振りがキツイ。
37巻、銅橋に負けた鏑木に仲間の声援が染みる。2年目インハイ初日山岳コース真波対手嶋。もう本当に誰からも軽く見られ、それを自覚もしてる手嶋が泣ける。
38巻、相変わらず一番後ろに落ちた坂道が登ろうとすると京伏にぶつかる。もうどうしても人間として描いてもらえない御堂筋。そして、2年目インハイ初日山岳コース真波対手嶋、ことごとく正反対な二人。
39巻、2年目インハイ初日山岳コース真波対手嶋。正しい事を愚直にやって負ける手嶋。山岳コースは終わり、次は初日のトップ争い。
40巻、京伏対総北対箱学。ワープのようにいきなりトップに現われすぎ、京伏は。
41巻、一日目決まり。二日目開始。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5750-fde24c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)