FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ゾンピ3』新文芸坐

新文芸坐の企画「夜フェス!真夏のカルトホラー大集合!」から1プログラム。

◆『ゾンビ3』新文芸坐
五つ星評価で【★★おらあダメだ】
1981年のカラー映画。85分。初見。
「世界のホラー・ファンを熱狂させたマカロニ・ゾンビ映画屈指のカルト名作」だそうなのだが、私って実に凡人なのでなんか単純につまらなかった、キツかった。ゾンビ文化史的には大事な一本なのかもしれないけど、ゾンビ文化史を極めたり、構築する為に映画を見ている訳ではないから。
ゾンビがゾンビらしくないのは評価点であり欠点。坊さんスタイリッシュに個別に死人メイクしてる感じはいいけど動きが余りに普通の人間で、そこは演技指導してほしかった。つーか演技で言えば、被害者側(人間)がずっと叫んでるのがうるさい。人間、妙にSEX好きだし。そこはイタリア人だからしょうがないのか? あと少年役を少年そのままキャスティングすると虐待になる案件があって、少年役は監督が道で見つけた小柄で童顔の中年のオッチャンらしい。このおっちゃんの演技が凄くイヤ。何でだろうと思っていたのだが、そーか、少年じゃないからか。


【銭】
新文芸坐の会員割引300円減の1000円(特別企画価格)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ゾンビ3@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5752-ac3cf0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)