FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『守護教師』シネマート新宿1

◆『守護教師』シネマート新宿1

▲バイキンマンとドキンちゃん的な二人。

五つ星評価で【★★★★単純に力強く面白い】
英題は『ordinary people(普通の人々)』である。もう確実に邦題が素晴らしい。
相変わらずマ・ドンソクはどんな映画に出ても同じ人間であるが、別にマ・ドンソクに演技派になってもらおうとは誰一人思ってないだろうから、いつも通りで構わない。そもそも演技派のマ・ドンソクというのが何となく「言葉」として成立しない気さえするのだ。しわくちゃなオヤジ顔だが、ベース善人である事だけ分かればよい。とても単純に強い善人、お人よし。それを悪い環境に放り込んで正義が遂行されるまで。昔の東映映画みたいにスカっとしさえすればいい。そんな映画。
失踪した女子高生を新任の体育教師が失踪JKの親友のJKと探索するのだが、推理要素は薄い。何となく見ているうちに「あれよあれよ」と悪い奴が分かるように話しが出来ている。仕方ないよ、マ・ドンソクの映画なのだから。で、その「あれよあれよ」で分かる悪人も、そいつらがそうだからそうだというだけで、決定的にそいつでなくてはいけないという要素が薄い。だから、推理物の皮は被ってるけど推理物ではないのです。まあ、いい。それは些末な事だ。
一緒に捜査するのがキム・セロン。『アジョシ』の幼女。今ではすっかりJKである。でも、前田亜季に似て、どう間違えてもブイブイ言いそうにないから大丈夫。ピュア顔なんである。

映画はそんなキム・セロンとマ・ドンソクの可愛い合戦。
どっちも負けるな。
そう言えばマ・ドンソク、学生主任の雑用ばかり押し付けられて、授業シーンが一コマもなかったんじゃないか?


【銭】
テアトル会員割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
守護教師@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5761-828ccc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

守護教師

暴力沙汰を起こしボクシング・コーチの職を失った男ギチョルは、女子高の体育教師となった。 男ばかりの世界で生きてきたため、女子高生に囲まれて戸惑うばかりの毎日。 ある日、生徒のユジンが、学校に来ない同級生の行方を探していることを知る。 学校も警察も家出だと言って取り合わないが、意図的に行方を探していないようだった…。 サスペンス・アクション。

  • 2019/08/22(木)09:06:47 |
  • 象のロケット