FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』『ヴイナス戦記』キネカ大森3,1

キネカ大森同日鑑賞2本をまとめてレビュー。

◆『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』キネカ大森3

▲「どつき漫才ちゃうで!」

五つ星評価で【★★★奇蹟のシーンが嫌いだな】
2Dセルアニメ版は公開時に見ているけど、今回新たに見直したりはしていないので、新旧作の比較は新作を見て感じた印象違いを元にしています。正しくない可能性もあるけどその辺は許せや、そんなにいつも厳密に正しい事書いてるブログでもなし(おいおい)。
こんなだっけと思いながら脚本は旧2D版とほぼ同じらしい。
2Dセルアニメから3DCGアニメになった事で、ポケモンの質感や背景が緻密になり、リアル感が増した。炎の鬣の馬のポケモンなんか処理が凄く綺麗。でも、テイストが変わっても、大きく話が変わらないのなら無理に新作としてリメイクしなくて良かったのではないか、と私自身は思わなくもない。それは何かを表現したいという欲求より経済活動が優先された結果みたいで何かちょっと気が引ける。ただ、話は違わなくてもテイストが変わった事により、ポケモンのオリジナルとコピーが争うパートについてはとんでもなく悲壮感が上がった。やはり旧作のセル絵では話は分かるが、実際の動物がヘトヘトになるまで戦わされているという悲壮感は漂いづらい。その逆に、サトシの復活の場面はセル絵の方が良かったのではないかと思う。CGは絵がリアルな分、ありえそうにない嘘(奇蹟)は「意図的に作られた絵」のようにとても嘘々しく見えてしまう。ことデタラメに関してはセルアニメの方がハッタリが効くのだ。ロケット団の武蔵(♀)の髪もセルアニメまんまなのだけど、アレもデタラメな髪型なのでCGだと嘘っぽい。いや、逆に本当っぽく見えるから動きづらそうだったり、重そうだったりに見える。巨大な紫の鎌が頭に付いてるみたいだ。
声、ミュウが山ちゃんで、ミュウツーが市村正親ってギャップ凄いな。何となく、市村正親が早逝してしまったら、ミュウもミュウツーもどちらも山ちゃんがやる事になりそうな気がしてならない。ただ、あまりミュウが鳴いていたイメージないのだけど。
港の船長が小林幸子。何か普通じゃない喋り方だけど威圧感があって、あれはあれで下手というより、合っていた気がする。エンディングの歌は本職で流石に美味い。ショコタンとデュエットさせる所がポケモン・チームさんの商売のバランス感覚の絶妙さを感じる。
来年の予告で2Dピカチュウが出てきて、そのデタラメっぽい作画の力に凄く安心した(今回の予告ピカチュウ妙にセルアニメを強調した動きだった)。


◆『ヴイナス戦記』キネカ大森1
五つ星評価で【★★何でだろ、安彦手腕】
1989年の作品を何故かいきなり掘り出し上映。
金星の内乱騒動、占拠された戒厳令下で、町の不良が抵抗組織に拿捕されてバイク兵になる。
安彦さん、こーゆー割とロクデナシだけど度胸のない不良もどき好きだよね。
組織に使い捨てにされながらも暴力に嵌っていってしまう奴や、組織を信用しないが成り行き上コアになるほど活躍してしまう奴、話がちゃんとしてる。安彦さんってとてもマジメな話を作るのだ。多分、これ、アニメではなく、人間が演じた方が演出が引き立つと思う。そして、単純にエンタメとして気持ち良くはない。山場で盛り上がるべき所でテンポを変えたり、伴奏ジャカジャカならしたりしないのだ。多分、そういう意味では冨野氏の方が客を信用していないからこそ、客を気持ち良くする演出をしてる気がする。安彦さん、真面目で手堅い物を作るけど、物語や設定なんかが他人の物の方が程よくエンタメ濃度がそちらから流れてきて面白い結果を残してる気がする。
最後まで作画レベルが落ちないのも安彦さんがちゃんと真面目に仕事してるからじゃなかろうか。
女の子が不良姉御、派手系美少女、お嬢様と3人いて、みんな可愛く声を充ててる。まだ、アニメが高校生くらいまでの流行だった時期なので、ガンダムの女性兵士よろしく、政治状況がどんなに過酷で悲惨でも、凌辱されたりはしない。アニメはそういう事を描くメディアではなかったのだ。今でもそこまで陰惨なメディアではないか。
主人公の声は少年隊のニッキカッちゃん。いや、素人だけどそんなに下手さは感じない。ケナゲな感じで悪くないんじゃないかな? ダメかしら? どの役だか分からなかったが2本続けてこっちでも山ちゃんが声を充ててた。流石な感じ。
あ、戦車と軍事バイクの戦いはなかなか面白かった。でも、やはりバイクよりロボットの方が絵や展開が絶対、面白くなりそうなのだよなー。当たり前だけど、ロボットより軍事バイクの方がリアルなんだけど、それを又、絵と言うリアルじゃない物に戻してしまうのだから妙な事になる。戦闘シーンの背景の取り込みに実写を使っているのは効果的だったが、リアルにこだわるなら全編実写にした方がいいのだけど、それはそれでスポンサーも最終顧客も付かんだろうしなあ。


【銭】
どちらもテアトルの会員証使って見たので各1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ミュウツーの逆襲 EVOLUTION@ぴあ映画生活
ヴイナス戦記@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ミュウツーの逆襲 EVOLUTION@ノラネコの呑んで観るシネマ
スポンサーサイト



コメント

つぎは

ハリウッド版のポケモンたちが、日本版のポケモンにどっちがオリジナルかバトルを挑む話がみたいです。
デップーvs大谷育江w

  • 2019/08/20(火) 22:56:51 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集 ]

Re: つぎは

こんちは、ノラネコさん。

> デップーvs大谷育江w

デップーポケモンのミュウツーも人間に利用されてましたが、偉そうな割には脇が弱いよね。

  • 2019/08/21(水) 22:56:33 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5763-7ee3000f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」その二つをもつ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。 全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、一人の科学者がミュウの化石を発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう…。 アニメーション。

  • 2019/08/22(木)09:20:08 |
  • 象のロケット

ショートレビュー「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION・・・・・評価額1600円」

私は誰だ?なぜ生まれてきたのか? 記念すべきポケモン映画第一作「ミュウツーの逆襲」の21年ぶりのリメイク。 表現手法は手描きから3DCGに変わったが、監督、脚本はオリジナルと同じ湯山邦彦と首藤剛志だから、内容は非常に忠実。 というか、台詞からカメラワークに至るまでほとんど同じだ。 「名探偵ピカチュウ」のモフモフバージョンも良かったけど、こちらのCG化されたポケモン世界は、ゲームで見慣れたビ...

  • 2019/08/20(火)22:31:40 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ