FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アルキメデスの大戦』『ワンピース スタンピード』『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』『ワイルド・スピード スーパーコンボ』『メン・イン・ブラック インターナショナル』

摘まんで5本まとめてレビュー。そこそこ良いの二つとアレアレアレ三つ。

◆『アルキメデスの大戦』109シネマズ木場6

▲波動砲ちっちゃ(違)。

五つ星評価で【★★★★原作マンガに対する演出とか脚色が成功】
面白かった。
監督、そんな大人みたいな映画作れるようになったんすかと言う驚きがあった。何故だか割とそういうの作れないみたいに思ってた。もちろん、これは読んでないから分からないが(正確には今回の分量3巻までのうち2巻までをマンガ喫茶で読むという半端な事をした)原作マンガがそういう大人な内容を含んでいるのかもしれないが、脚本を起こした山崎貴監督がそれを落とさなかっただけでも褒めてよい。個人的には国策みたいな話に箸にも棒にも引っかからない『リターナー』みたいなライトなオリジナル娯楽作をまた作って欲しいのだけど。まあ、それは周りが作らせてくれないだろうなあ。有名になるのも善し悪しである。
まず、最初に感心したのは、実に「戦争なんて無駄で無益なものだ」という正論が裏表に二回くらい反転しながらも、ちゃんと貫かれていた事。但し、それを真面目一辺倒に叫ぶのではなく、娯楽に乗せながら、その「無駄で無益な戦争」でもやらなければならなかった立場の人の言葉が落とされずに語られている。ここが大したバランス感覚であると思う。一度勝負が着いたかに見えた後の攻防が見事であった。
「あと、そんな些細な確率のために」と言う設計論争も、核発電の事故が起こった後の今、その一言を入れて貰えたのは凄く嬉しかった。
役者で良かったのは菅田将暉、柄本佑、田中泯、舘ひろし。後者二名は例えるなら将棋の指し手。共に老獪な役柄で面白い。この二人以外盤面の近くにいる者はギャラリーに近い。小林克也、國村隼、橋爪功、よい引立て役だった。そして、舘ひろしが勝負に勝つために持ち込んだコンピューターが菅田将暉、その整備技師が柄本佑。老獪に反比例する若者の真っすぐな役柄で、これも良い。
割と感心したのが菅田将暉と柄本佑のキャラの膨らまし方だ。原作マンガの『アルキメデスの大戦』はちょっと特殊なマンガで、主人公を初めとして誰一人としてマンガなのにキャラが立ってないというちょっとマンガの常識からは考えづらいマンガなのである。ただ、話の面白さだけでグイグイ読ませる。なので、マンガの上では菅田将暉と柄本佑は大して違いのあるキャラではない。それを美しい物があれば常にメジャーで測りたくなり、それを「変人」呼ばわりされるファニーなキャラクターに変えたのは脚本だ。それと反比例する感じにゴリゴリに軍人っぽい立ち振る舞いを与えられた柄本佑もマンガ以上に人間としての色がちゃんと出てる。この二人が人間としてちゃんとキャラ化したので、観客は非常に話に乗りやすくなった。
あと、浜辺美波は可愛いけど原作同様にそんな大した役ではない。原作にない「測られる」エピソードが追加されたのには笑ったが、どうせなら鍵のかかる部屋で隅から隅まで測られたり、胸のサイズが黄金律ではないと言われたりしてほしかった。
マンガの内容をかなり端折らされてる感はあるのだが、長さの制約もあるだろうし、まあ、しょうがないだろう。山崎貴は脚本、監督、VFX全てよくやった。


◆『ワンピース スタンピード』ユナイテッド・シネマ豊洲10

▲カツアゲはこの表情でやれ。

五つ星評価で【★★★とてもよくできた田舎芝居感濃厚】
基本いつもと変わらん作りだがそれでいい。
別に『ワンピース』にいつもと違う構成を求めたりはしないから。
ただ、ルフィの相手になる極悪な奴が早々に出て来てしまって、すぐドツキアイになるので、複雑な話を展開できず、30分ものかと思うくらいに話のドラマ部分は薄い。
『ワンピース』に今まで出てきた人気キャラが勢揃いで一人の敵に対して共闘する、という胸熱展開なのだそうだが、そんなにコアなファンじゃないので、基本、誰も知らない俺の体たらく。ただ、原作も百巻を越える長い話なのだから、全巻読破してないようなふんわりな客層に対しても楽しめるようなミニ紹介的な作りをするのが本当のプロだと思うよ。おめえら、ちゃんと作れよ。
あと、ドラマを握る男ブエナ・フェスタはユースケ・サンタマリアの怪演と、作画陣の浮かれた変に暑苦しい作画で大変面白かったが、こいつが単に騒動の企画者でしかなく、ルフィ達と対峙しない事がドラマとしてのつまらなさでもある。
あ、詳しくは知らないが蛇の姉ちゃんが好き。ああいう果てしなく強いお姉ちゃんに愛されたい。そういう意味ではニコ・ロビンも好き。ニコ・ロビンのヒモになって風俗で大儲けしたい。


◆『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』トーホーシネマズ日比谷10

▲ゲッターロボ第一シーズンっぽい二人。

五つ星評価で【★★まあ、負けると思っていたさ】
一作目も二作目もこれ以上はない超絶ホラというコンセプトが最高なのに、実際できた話を見てると何だかつまんねーのは何でなんだろう? 今回も前回同様、乗りきれず。


◆『ワイルド・スピード スーパーコンボ』新宿ピカデリー6

▲「ニュー三匹が斬る」。

五つ星評価で【★★いや、負けるとは思っていなかった】
ロック様とステイサムが大暴れする怪獣映画。
予告編から「あんなテイスト」である事は分かっていたが、とっても大雑把な映画だった。
矢継ぎ早に打ちだされるアクションはどれも凄いのだが、緩急関係なく、特盛30連発みたいな勢いで打ちだされるアクションに過呼吸状態になったのか心が逆にちょつとダレた。
ステイサムの妹役のヴァネッサ・カービーさんもいい感じの娘さんやね。
悪のスーパーマン、イドリス・エルバもご苦労さん。でも、イドリス・エルバより、バイク君の可愛さの方が心を打った。あのバイクくん『みすて ♡ないでデイジー』のICBMのミミ子っぽい性格だと思う。


◆『メン・イン・ブラック インターナショナル』トーホーシネマズ日比谷10

▲テッサ・トンプソンってちょっと貫地谷しほりに似てる気がする。

五つ星評価で【★★負けそうだなとは思っていた、ドンピシャだ】
テッサ・トンプソンがダッコちゃんみたいでちょっと可愛いなと思って見に行ったら、なんとなく疲れてて退屈して眠った。疲労がひどく、ツイッターにすら何一つ呟かなかった。そう言えば、何が「インターナショナル」だったんだ?


【銭】
『アルキメデスの大戦』:109シネマズデー(毎月10日)で1200円。
『ワンピース スタンピード』:ユナイテッド・シネマメンバーズデー(金曜)で1100円。
『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』:トーホーシネマズデー(毎月14日)で1200円。
『ワイルド・スピード スーパーコンボ』:ピカデリーの前回有料入場割引で1300円。
『メン・イン・ブラック インターナショナル』:チケ屋でムビチケ額面より20円安い1380円で購入。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アルキメデスの大戦@ぴあ映画生活
劇場版 ONE PIECE STAMPEDE@ぴあ映画生活
アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲@ぴあ映画生活
ワイルド・スピード/スーパーコンボ@ぴあ映画生活
メン・イン・ブラック:インターナショナル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
アルキメデスの大戦@ノラネコの呑んで観るシネマ
ワイルド・スピード/スーパーコンボ@ここなつ映画レビュー
スポンサーサイト



コメント

ワイルド・スピード スーパーコンボ

こんにちは。
なんか「車」とか関係なくなってきていて、更には「車の改造」ではなく「人間の改造」になっちゃっている所が…
ドゥエイン・ジョンソンもジェイソン・ステイサムも2人揃うと主役感が薄まるような気がしております。

Re: ワイルド・スピード スーパーコンボ

こんちは、ここなつさん。

> なんか「車」とか関係なくなってきていて、更には「車の改造」ではなく「人間の改造」になっちゃっている所が…
> ドゥエイン・ジョンソンもジェイソン・ステイサムも2人揃うと主役感が薄まるような気がしております。

敵組織も逝っちゃってるし、なんだか随分どんぶり勘定みたいな映画作ったなあと思いました。

  • 2019/08/27(火) 23:45:51 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

アルキメデスの大戦

原作は未読です。
大東亜戦争の頃のエピソードを描いた「イミテーション・ゲーム 」に裁判劇をトッピングした感じ。
話なんだけど、「菅田」さん側には弱点があるでしょ。それをカバーするため、あの引数を出したのかも知れんが、それは無理だろ、ってことで興ざめしちゃった。
普通に展開しても、「一度勝負が着いたかに見えた後の攻防」に繋げられると思う。
(ネタバレになる?まずいなら削除して。)

さらにイチャモンをつけると、戦前は「東大」じゃなく「帝大」でしょ
あと軍に入ったら、髪切らないか?
詰襟だから「帝一の國」そのまんまじゃねえか。

  • 2019/08/28(水) 17:18:45 |
  • URL |
  • 粕人間 #-
  • [ 編集 ]

Re: アルキメデスの大戦

こんちは、先輩。

> 話なんだけど、「菅田」さん側には弱点があるでしょ。それをカバーするため、あの引数を出したのかも知れんが、それは無理だろ、ってことで興ざめしちゃった。

あの引数と計算式は原作にもあるけど、あれほどザックリではなく、もうちょっと色々な数字から緻密にやってます。まあ、そこは映画に映し損ねた部分の一つですね。



> さらにイチャモンをつけると、戦前は「東大」じゃなく「帝大」でしょ

あっ、そらそうだ。「わざと」ではなく、ぼんミスなんだと思うのだが。



> あと軍に入ったら、髪切らないか?
> 詰襟だから「帝一の國」そのまんまじゃねえか。

まあ、そこは兵隊で入った訳ではなく、時間がなく、髪の毛を切る事に理系の理由がなく、軍隊上そこそこの身分なので、かなり目上の人が「けしからん」と注意しない限りは切る必要がないのでは?

  • 2019/08/29(木) 11:10:15 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

オリンピック

東京オリンピックのディレクターが、こんな露骨にオリンピック比喩した話を作っても、クビにならないのだからまだ日本は大丈夫かもしれないw

  • 2019/08/29(木) 22:11:22 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集 ]

>MIBインターナショナル
よく眠れたようで…そういえばクリード2、アベンジャーズEG,本作でテッサちゃん3本目 一応これが一番かわいかったかな

  • 2019/08/29(木) 22:47:32 |
  • URL |
  • SGA屋伍一 #TyXokUWg
  • [ 編集 ]

Re: オリンピック

こんちは、ノラネコさん。

> 東京オリンピックのディレクターが、こんな露骨にオリンピック比喩した話を作っても、クビにならないのだからまだ日本は大丈夫かもしれないw

五輪直前に不審の病死って線がまだ残ってる。

  • 2019/08/30(金) 23:22:27 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、伍一どん。

> よく眠れたようで…そういえばクリード2、アベンジャーズEG,本作でテッサちゃん3本目 一応これが一番かわいかったかな

クリードは真っ当な女性で、EGは近所の勝ち気なお姉ちゃんで、MIBがバカ女。まあ、要素的にはバカ女が一番可愛いで正解っしょ。

  • 2019/08/30(金) 23:25:18 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

>アルキメデスの大戦
うん、ちょっと三田先生の絵って独特で
読みづらいんですよね… 慣れればくせになってくるのかもしれませんが。山崎監督にはずっといっぺんゴジラを撮ってほしいとおもっているのですが

  • 2019/09/17(火) 22:30:55 |
  • URL |
  • SGA屋伍一 #TyXokUWg
  • [ 編集 ]

>スーパーコンボ
バイクちゃん、よかったですね。自分はターミネーター4のモトターミネーターを思い出しました。だれも覚えちゃいないでしょうけど

  • 2019/09/17(火) 22:34:05 |
  • URL |
  • SGA屋伍一 #TyXokUWg
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、伍一どん。

> うん、ちょっと三田先生の絵って独特で
> 読みづらいんですよね… 慣れればくせになってくるのかもしれませんが。山崎監督にはずっといっぺんゴジラを撮ってほしいとおもっているのですが

三田先生の絵はマグリットが描く人物画みたい。マンガなのに表情に乏しい。
山崎監督は「三丁目の夕日」で、ちょっとだけゴジラ撮っててアレの出来が凄く良かったですからね。今度やるのがら成功したら「ルパン対ゴジラ」って目があるかもしれない。いや、「ルパン対ゴジラ ユア・ストーリー」か(謎)。

  • 2019/09/18(水) 06:35:59 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、伍一どん。

> バイクちゃん、よかったですね。自分はターミネーター4のモトターミネーターを思い出しました。だれも覚えちゃいないでしょうけど

そう言えば、下半身バイクのロボさんがいたような(おぼろげ)。まあ、上半身バイクで二本脚だったら効率悪すぎるから。あー、上半身バイクで足が百足とか無駄な連想してしまった。

  • 2019/09/18(水) 06:39:18 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5764-119ff6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ワイルド・スピード スーパーコンボ」@109シネマズ川崎

 公開初日。2D字幕版を上映するシアター4の客入りは5~6割くらいだ。   映画の話 ロサンゼルスで娘と暮らす、ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ・元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の元MI6エージェント・デッカード・ショウ。2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲し...

  • 2019/09/07(土)19:51:23 |
  • 辛口映画館NEXT

映画『アルキメデスの大戦』★痛快な櫂の計算と上いく平山の先見

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176528/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・櫂(少佐): 菅田将暉☆ 数学者 ・平山(中将): 田中泯☆ 計算(数学)で、戦争を止めようとした男―と聞きましたが 端的には、戦艦(大和)の造船を、阻止しようとする。 でも、造られましたよね…… その経緯の鍵を握ったのは、田中泯さん♪ 泯さんの...

  • 2019/08/30(金)00:36:54 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』★スゴイ!痛快!最強の二人(^_-)-☆

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176485/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 (原題 HOBBS AND SHAW)  ~そのまま(^^♪ ・ルーク・ホブス: ドウェイン・ジョンソン☆  元捜査官 ・デッカード・ショウ: ジェイソン・ステイサム☆  元特殊部隊 ドミニクとブライアンのストリートレースから盛り上がった本作。 ブ...

  • 2019/08/30(金)00:34:54 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

アルキメデスの大戦・・・・・評価額1750円

戦艦大和とは、いったい何だったのか? 驚くべき傑作である。 戦争映画然とした予告編から想像出来る内容と、実際の映画は全く違う。 戦闘シーンはあるが、これは戦争映画ではない。 背景となるのは、海軍の次期艦艇を戦艦にするか空母にするかの、軍内部の派閥対立。 航空機の時代の到来を予測し、空母の建造を推す山本五十六は、空母よりも巨大な戦艦の予算見積もりが安すぎることに疑念を抱き、本当の建造予算を...

  • 2019/08/29(木)22:04:06 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

メン・イン・ブラック:インターナショナル

アメリカ・ニューヨークに本部を置く最高機密機関「メン・イン・ブラック(MIB)」に所属するエージェント達は、地球に生息するエイリアンが犯罪や侵略を行わないように監視し取り締まっている。 ロンドン支部に配属された新人女性エージェントMの最初の任務は、男性エージェントHとチームを組んでMIB内に潜伏するスパイを摘発することだった…。 SFサスペンス・アクション。

  • 2019/08/29(木)09:56:36 |
  • 象のロケット

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

謎のテロ組織から新型ウイルス兵器の奪還に成功した、英国諜報部MI6女性エージェントのハッティ。 しかし超人的肉体を持つ男ブリクストンの襲撃を受け部隊は壊滅し、ウイルスと共に逃走したハッティが犯人にされてしまう。 政府は元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ハッティの兄である元MI6エージェントのデッカード・ショウに、ウイルス兵器の回収とハッティの保護を依頼する…。 大ヒットカーアクション第9弾。

  • 2019/08/29(木)09:55:15 |
  • 象のロケット

アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲

2047年。 荒廃した地球を捨てた人類はナチスの月面基地で生き延びていたが、エネルギーが枯渇し滅亡の危機を迎えていた。 月面基地の女性指揮官レナーテの娘で機関士のオビは、画期的なエネルギー源となる“ヴリル・ヤー”を入手するため、地球の深部(ロスト・ワールド)へ旅出つ。 しかしそこはナチス・ドイツと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった…。 SFコメディ第2弾。

  • 2019/08/29(木)09:54:23 |
  • 象のロケット

劇場版 ONE PIECE STAMPEDE

海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典「海賊万博」が開催されることに。 招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味が会場のデルタ島に到着すると、そこには世界中の海賊が勢揃いしていた。 全員の目的はただ一つ、万博の目玉「海賊王ロジャーの遺した宝探し」。 熾烈なお宝争奪戦が始まった…。 アニメーション。

  • 2019/08/29(木)09:51:55 |
  • 象のロケット

アルキメデスの大戦

1933年(昭和8年)、軍拡路線を歩み始めた日本。 海軍省は、戦いの軸となるのは砲撃戦だとして世界一の巨大戦艦建造を進める嶋田繁太郎らと、今後は航空戦が主流になるとして航空母艦建造を推す山本五十六らの戦艦建造反対派に分れていた。 山本は、元帝国大学の数学者・櫂直(かい・ただし)に命じて、巨大戦艦がいかに無駄遣いであるかを明らかにしようとする…。 人気コミック劇場版。

  • 2019/08/29(木)09:50:53 |
  • 象のロケット

アルキメデスの大戦

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。あらすじ:日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十...

  • 2019/08/28(水)18:28:02 |
  • 映画に夢中

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

メガヒットシリーズ「ワイルド・スピード」の通算9作目で、「ワイルド・スピード MEGA MAX」で初登場して以降、シリーズの顔となったドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスと、「ワイルド・スピード EUROMISSION」からシリーズに参戦したジェイソン・ステイサム扮するデッカード・ショウがタッグを組んで挑む戦いを描く。ブリクストン役は「パシフィック・リム」「マイティ・ソー」シリーズのイ...

  • 2019/08/28(水)18:27:39 |
  • 映画に夢中

メン・イン・ブラック:インターナショナル

地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズの4作目。主演は、過去3作のウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズから、「マイティ・ソー バトルロイヤル」でもタッグを組んだクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンへとバトンタッチ。ヘムズワースが演じるイケメンでチャラ男風な先輩エージェントのHと、トンプソンが...

  • 2019/08/28(水)18:26:23 |
  • 映画に夢中

劇場鑑賞「アルキメデスの大戦」

レビューは↓ https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201907260000/ 【取寄商品】 CD/オリジナル・サウンドトラック アルキメデスの大戦/佐藤直紀/RBCP-3329 [7/19発売]価格:2700円(税込、送料無料) (2019/7/21時点)

  • 2019/08/28(水)05:36:32 |
  • 日々“是”精進! ver.F

『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』(2019)

人類は核戦争で自滅し、生き残った人たちは月面のナチス基地で細々と生き延びていた。そして30年の歳月が流れ、今やエネルギーは枯渇し、彼らは滅亡の瞬間を迎えていた。そんな時、死んだ筈の月面総統により恐るべき事実が語られる。彼らは太古の昔に地球へ辿り着いた宇宙人で、遺伝子操作で人類の誕生に関与し、その歴史に裏から干渉していたというのだ。そして地球は空洞であり、地下都市アガルタに彼らは今なお君臨して...

  • 2019/08/26(月)19:44:10 |
  • 【徒然なるままに・・・】

『メン・イン・ブラック/インターナショナル』(2019)

幼い頃にエイリアンと遭遇したモリーは、その際にMIBの存在を知る。長じて自らMIB本部を突き止め、仲間入りを志願。エージェントOは彼女の熱意と実力を認め、研修生のエージェントMとしてロンドン支局へ配属を命じる。そこでMは自ら売り込み、一見チャラ男だが実は凄腕のエージェントHと組んで要人警護の任務に就くが、謎の暗殺者の出現により任務は失敗してしまう。だが一部の上級エージェントしか知らない筈の任...

  • 2019/08/26(月)19:44:03 |
  • 【徒然なるままに・・・】

『アルキメデスの大戦』(2019)

「ヤングマガジン」誌上に連載されている三田紀房による漫画を、山崎貴が映画化。出演は菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろしら。撮影後に急逝した角替和枝に捧げられている。第二次大戦秘話ではあるが、戦争映画というよりはミステリー・サスペンス物やコン・ゲームの趣きもある異色のドラマで、菅田将暉が「仮面ライダーW」のフィリップを彷彿とさせる変わり...

  • 2019/08/26(月)19:41:10 |
  • 【徒然なるままに・・・】

「ワイルド・スピード スーパーコンボ」

酷暑にへばった身体と心を回復させるには最適の作品。とにかく良い。何が、ということではなく、ひたすら何も考えなくていられるのが良い。本作は「ワイルド・スピード」シリーズのスピンオフという位置づけであり、シリーズで連邦捜査官としてワイスピファミリーに関わったルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と、元英国特殊部隊所属のデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が主役を張っている。ただし、スピ...

  • 2019/08/26(月)12:27:36 |
  • ここなつ映画レビュー