FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『引っ越し大名!』ユナイテッドシネマ豊洲1

◆『引っ越し大名!』ユナイテッドシネマ豊洲1

▲「越」と「大」の足が可愛い。

五つ星評価で【★★★思った以上にコメディではないが、これはこれで】
予告編を見て、もちっとがっつりコメディーかと思ったが、登場人物がみな気持ちのいい奴等なので気持ち良く見れた。まあ、監督が福田雄一ではなく、犬童一心だから、言われてみれば『のぼうの城』的な人情ドラマだった。と言うか、今回は時代劇だけどキャラが整理されていて、サラリーマンドラマのようだった。
星野源は文化系オタク窓際社員。オロオロが似合いすぎる。今、日本で一番「オロオロ」で稼げる男。
高橋一生は体育会系営業マン。愉快そうに演じる豪快キャラがおもろい。
高畑充希は×1の凄腕派遣OL。この人、天から二物も三物も与えられてるのに「それが当たり前で何が悪いの?」みたいな堂々としたオトボケキャラがよく似合う。基本、罪がない顔なので、エグいこと言っても周りに受け入れられる。なんちゅう適役。
濱田岳は情に弱い経理マン。無駄に熱意ばかり伝わってくるヘナチョコなラガーマンみたい。
後は命令ばっかりして、責任ばかり押し付ける重役の松重豊、西村まさ彦、正名僕蔵。
取引先とトラブルを起こすが平気な顔の下請け工場の若社長、及川光博。

そして、ピエール瀧がいい演技するんだよなあ。あの演技が薬のせいとは思わない。
綺麗に溶け込んでどこにいたか全く分からなかったずんの飯尾。
タチの悪いガヤをやらせたら天下一品、中村靖日。
久々に見掛けたら妙に小さい役の斉藤暁。
映画の中で大きい役なのに妙に語る事のない小澤征悦。
美人お婆ちゃん富田靖子。

準備に取り掛かる事が主体で600キロの10000人移動がたった一日のピクニックみたいになってしまったのはバランス悪いと思う。引っ越し準備も引越し自体ももうちょっとエピソードの深掘りできそうである。かと言って、今以上の長さになるとダレるだろうし、いいのか、これで? 

コメディ・パートで一番おもろかったのは高畑充希の床スー。
次におもろかったのが同じく高畑充希の「調子に乗っちゃって」の流れ。
ええ女優さんお使いになった。

PS この映画を「和製オペレッタじゃん」と評する人がいるが、
 何だか残念なんだけど、歌われる歌が楽しくない。
 労働歌を無理に歌わされてるみたい。んー、、、、、
 坂上二郎とか連れて来いよ。


【銭】
ユナイテッドシネマ豊洲前回来場時に貰った1200円で映画が見れる割引券を使用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
引っ越し大名!@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

マスカレード東京

わちき、先週は「ベニスに死す」、「引っ越し大名」、「おっさんずラブ」の流れで観たんだ。
いやぁ、「引っ越し大名」にも「24会館」が入っているとは思わなんだ。

  • 2019/09/13(金) 17:25:20 |
  • URL |
  • 粕人間 #-
  • [ 編集 ]

Re: マスカレード東京

こんちは、先輩。

> わちき、先週は「ベニスに死す」、「引っ越し大名」、「おっさんずラブ」の流れで観たんだ。
> いやぁ、「引っ越し大名」にも「24会館」が入っているとは思わなんだ。

ペニスがするのは腰を引いておっさんずラブ。

「24会館」分からねえからググっちまったぜ。

  • 2019/09/13(金) 22:56:53 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5773-f05bfc66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画・引っ越し大名!

2019年 【TOHOシネマズ名古屋ベイシティ】 原作 土橋章宏「引っ越し大名三千里」 原作は実在した大名のエピソードをもとにしているそうです 土橋さん原作の「超高速!参勤交代」が面白かったので興味津々 公開を楽しみに待っておりました 播磨姫路藩書庫番の上士・片桐春之介(星野源)は人と話すのが苦手で書庫に引き籠りがちで“かたつむり”などと揶揄されています そんなある日、藩主の松平直矩(...

  • 2019/09/13(金)09:39:56 |
  • 読書三昧の日々

映画『引っ越し大名!』★奮闘しつつ可笑しみのある引っ越し!

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175947/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・片桐(書庫番); 星野源☆ ・鷹村(武芸達者): 高橋一生☆ 実話に基づいた“国替え“だそうで “引っ越し“の大変さを、真に受けながら鑑賞☆ 星野源さんの、奮闘しつつも可笑しみあるのが 見ていて、ほのぼのして楽しい☆ この、松平サマの引っ越し...

  • 2019/09/09(月)18:39:40 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

引っ越し大名!

「超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を、星野源主演、高橋一生、高畑充希の共演、「のぼうの城」の犬童一心監督のメガホンで映画化。星野が春之介役を演じ、春之介の幼なじみで武芸の達人である鷹村源右衛門役を高橋、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭役を高畑が演じる。あらすじ:姫路藩書庫番の片桐春之介は人と接するのが苦手で、いつも書庫にこもり書物にあたっていた。幕府か...

  • 2019/09/09(月)18:25:32 |
  • 映画に夢中

『引っ越し大名!』(2019)

姫路藩主・松平直矩は突然豊後国日田へ国替えを命じられた。しかも石高は15万石から7万石へと半分以下の減封!このお家最大のピンチに”引っ越し奉行”の大役を命じられたのは、コミュ障で本の虫である片桐春之介。突然の大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で剣の達人の鷹村源右衛門や、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭の助けを借り、何とか準備を進めていく。だが此度の国替えの裏には、幕閣の陰謀が潜んでいた。「超高...

  • 2019/09/03(火)21:44:50 |
  • 【徒然なるままに・・・】

引っ越し大名!

播磨国(兵庫県)姫路藩藩主・松平直矩が、幕府の命により豊後国(大分県)日田藩への国替え(引っ越し)を言い渡された。 当時の”引っ越し”は全ての藩士とその家族全員で移動するという、費用と労力がとてもかかる超難関プロジェクト。 いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識もあるに違いないと、書庫番の片桐春之介が引っ越し奉行を命じられる…。 時代劇。

  • 2019/09/03(火)10:02:49 |
  • 象のロケット