FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ハロー・ワールド』ユナイテッドシネマ豊洲1

◆『ハロー・ワールド』ユナイテッドシネマ豊洲1

▲不良がいたら必ず絡まれるカップル。

五つ星評価で【★脚本の練りが足りない】
あー俺これダメだあ。物語の物語の物語みたいな物語は何でもできてしまうが故にちゃんと抑制を効かさなければダメだと思う。現実と仮想現実が複数階層存在する世界観は『マトリックス』だったり『インセプション』だったりあり、先駆者の遺産を食い散らかしながら同じようなアクション・シークェンスを作りあげているが、途中から現実世界と思われていた世界が崩壊しだす。それはまあいい。だが、仮想現実世界も現実世界だった仮想世界も、世界に対する返答の一手が主人公の能力しかありえないというのは、話の中心が主人公だからに他ならない。つまり、とても都合が良い。その都合の良い彼に助言をする謎の存在がいる。その存在の正体は最後まで明かされない。なんて都合のいい。物語は最後の瞬間に意味が変わる。それはどんでん返しであるが、実にどうでもいい。だって、本当と嘘の境界線が曖昧だから、そこに何がリアルであるか分からない一つの事実らしきものをぶつけて見てもリアルらしさが全く感じられないからだ。それが本当である事の証明が何らなされない。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜会員デーで1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
HELLO WORLD@ぴあ映画生活

▼関連記事。
・HELLO WORLD@死屍累々映画日記・第二章@死屍累々映画日記・第二章
HELLO WORLD@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

参考映画…

パンフレットには参考にした映画として、いろいろと紹介してありました。
「ドクター・ストレンジ」なんかもそう…。

  • 2019/09/22(日) 14:08:46 |
  • URL |
  • BROOK #-
  • [ 編集 ]

Re: 参考映画…

こんちは、BROOKさん。

> パンフレットには参考にした映画として、いろいろと紹介してありました。
> 「ドクター・ストレンジ」なんかもそう…。

うむう。何を参考にしてもいいんだけど(ソックリすぎないのが望ましい)、あまり整合性欠ける内容になっちゃいかんだろ、と思う。

  • 2019/09/22(日) 22:31:51 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5786-d539b391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)