FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アメリカが恐れた男カメジロー 不屈の生涯』ユーロスペース2『恋の應援團長』『青い指紋』シネマヴェーラ渋谷

ユーロスペースとヴェーラで3本をまとめてレビュー。
ヴェーラは特集企画「玉石混淆!?秘宝発掘!新東宝のとことんディープな世界」から2プログラム。

◆『アメリカが恐れた男カメジロー 不屈の生涯』ユーロスペース2

▲「あっと驚くカメジロ~お!」「驚いてない」

五つ星評価で【★★★悪くないけど良いかと言われれば疑問がある】
リバイバルかと思ったら同題材同監督での二作目。一作目の題名が『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』。タイトル似すぎ。タイトル中心の「恐れた男 カメジロー」が被ってるのが混乱の元だろう。プロデューサーが悩んだ「2」を付ける題名も、一作目前提の続きの話ではないから違うとは思うけど。『瀬長亀次郎 その不屈の生涯』辺りが一作目とは違うと主張する妥当な題名だろうか。
一作目と二作目では切り口が違うので、どちらも独立して鑑賞可能。一作目を見ていなくても二作目から見ても全然大丈夫。でも、一作目から見る方がよいと思う。それは一作目は「瀬長亀次郎」という男がどういう男だったかを表現するのに事件、事故、闘争などセンセーショナルな部分を組み合わせて作られてるから派手で分かりやすい。二作目は230冊を越える彼の日記を元に時系列に並べた「その時、カメジローは?」という構成だから、独立して見れはするが、やはり一作目の方が「知りたい意欲を映画にする」ドキュメンタリーというジャンルに普通に適している題材なのである。二作目は一作目より視点がマニアックになった分、大衆性は薄れた。

与党の佐藤栄作との国会審議が普通に日本語の会話でキャッチボールされている。
今の国会審議のひどさが浮かび上がる。ちゃんと中身のある言葉と内容で喋れよ首相。


◆『恋の應援團長』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★★キャー、應援團長ステキーっ】
1952年の白黒映画、85分、初見。
んもう最高に面白い。
應援團伝統の髭により外見は冴えないけど、あまりに善人なため軒並み女子をキュンとさせるのだけど、そのキュンとさせた事を本人だけが最後まで知らずにモテないと言う小林桂樹がたまらない。
井上梅次の初監督作、梅次は私と相性いい。
高島忠夫のデビュー作でもあり、何か絶妙にヒョロつとしてて恰好悪い。カラー映画時代の高嶋忠夫はなるほど随分余裕のある顔立ちに仕上がった、そんな感じの顔である。


◆『青い指紋』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★分かりづらいけど風俗確認するのにはとってもよし】
1952年の白黒映画、64分、初見。
ドキュメンタリー風に仕上げてる目新しさはあるものの、プリント自体の経年劣化からか、セリフが無茶苦茶聞き取りづらく、犯人逮捕までの筋運びが全く分からなかった。
1952年の渋谷駅前に既にいる甘栗太郎が映る。
当時の新宿、飯田橋、五反田、渋谷などが映るがどこも校外の田舎にしか見えない。
犯罪者がプールバーで女口説く遊び人ってのは今と変わらん。


【銭】
『アメリカが恐れた男カメジロー 不屈の生涯』:ユーロスペース会員割引で1200円。
『恋の應援團長』:通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
『青い指紋』:通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯@ぴあ映画生活
恋の應援團長@ぴあ映画生活
犯罪ドキューメタリー映画 青い指紋@ぴあ映画生活
▼関連記事。
米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー(一作目)@死屍累々映画日記・第二章
・米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯(二作目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5789-cb56d1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)