FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版 そして、生きる』ユーロスペース1

◆『劇場版 そして、生きる』ユーロスペース1

▲有村架純(左)と知英(右)。

五つ星評価で【★★★うわ有村架純かーいーじゃん】
有村架純かーいーなー。それだけに専念したかのような作品。
その有村架純が考える相手への無私の愛。
一見尊そうには見えるが、相手と断絶しても
それを貫こうとするのは、とても子供な気がする。
子供顔で可愛いよなあ。だから説得力がある。

対する坂口健太郎は愛や好意を他人に放熱し続けないと
そして、その愛に一定の見返りがないと満足できない。
彼は彼でどこか子供だ。
承認欲求を適度に補給できないと彼は故障してしまう。
彼は愛に依存しているのだ。

その坂口健太郎の病質を見抜き、愛を与えるのが知英。
知英と岡山天音は他人にペースを合わせる事が出来る。
言わば「大人」だ。
だから、有村架純と岡山天音、坂口健太郎と知英は相性が良い。

そんな相性のいい相手同士もついに破局してしまうって地獄かよ。
それでもノホホンと生きていける。
有村架純は母になった事で子供から脱却し、
坂口健太郎は知英の傍から離れた事で大人になったようだ。
でもまあ、大人同士でも愛は始まりそうにない。
それでいいと思う。
愛が全てだったり、愛が至高だったりしなくてもいいのだ。
でも、ドラマとしてはそういう締め方は弱かったかもとか他人事のように思った。いや、他人事なんだな。

有村架純可愛い。可愛ければ有村架純の勝ちと言う感じ。
坂口健太郎は理想を追いながら徐々におかしくなってく青年を好演。あの視線のチグハグさは気持ち悪いけど上手い。よく演じた。
知英は見てて外れた事がない。韓国人の役って逆に珍しいんじゃないか? 有村架純とじゃれてるの可愛い。
岡山天音は淡々といつも通り彼ならではのダメな若者役。もうそろそろ何か足したり引いたりが見たい。


【銭】
火曜はユーロスペース割引デー。全員1200円均一。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 そして、生きる@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5804-a9e663c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)