FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『生理ちゃん』ヒューマントラストシネマ渋谷3

◆『生理ちゃん』ヒューマントラストシネマ渋谷3

▲生理女優 二階堂ふみ。

五つ星評価で【★★★こんなバリバリ企画ものの映画に出る二階堂ふみ偉いよなあ。】
「生理」を擬人化したキャラクターを使いながら主人公の奮闘を描くマンガの実写映画化作品。
絵が粗雑だなあと思いつつ、手に取るまでは至らず、表紙は知ってるけど原作未読。
「奴が来た」の一言だけで、「生理ちゃん」が生理の擬人化キャラクターである事など一切言わない。「察してください」と言う事なのだが、男らしいつーか、バカじゃね? 映画の題名が『生理ちゃん』だから察しないでもないけど。

生理ちゃんとタッグを組まされる女性は主に三人。
①バリバリのキャリアOL二階堂ふみ。
②二階堂ふみの妹、松風理咲
③恋と縁遠い二階堂ふみの会社の清掃業者、伊藤沙莉。

①はベテラン、②は新人、③は打席に立たない二軍選手みたいな扱い。割と③の伊藤沙莉はエピソードが凡庸で、彼女を削って①②の肉付けを太くすればいいのに。

「生理」その物は無関係で縁遠く、ピンと来たり、「あるある」感を共有できなかったりだが、「性欲くん」とは俺、深いところで分かりあっている。

「生理ちゃん」のデザインと仕上がりと何もやらない所が良い。
二階堂ふみが駆けだすシーンはこんな映画なのにグッと来た。


【銭】
テアトルの会員割引にて1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
生理ちゃん@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5820-bced16f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生理ちゃん

ファッション誌の編集部で働く米田青子は、子持ちの彼氏・久保との交際に悩んでいる。 清掃スタッフの山本りほは「煮え湯飲み子」の名でSNSで毒を吐き続ける。 青子の妹ひかるは彼氏ゆきちといい関係に。 久保の娘かりんは、父と青子の交際が許せない。 そんな彼女たちの前に、突然やって来るのが「生理ちゃん」だった…。 コメディ。

  • 2019/11/23(土)02:26:41 |
  • 象のロケット

『生理ちゃん』(2019)

女性に月一でやってくる「生理」を擬人化したキャラが出てくる小山健の人気コミックの映画化作品。青子(二階堂ふみ)は雑誌社で働くOL。山内(須藤蓮)という後輩と忙しい毎日を送っている。妻に先立たれた久保(岡田義徳)という彼氏もいるが、彼には年頃の娘かりんがいて、二人の交際に猛反対。青子にはひかる(松風理咲)という高校生の妹がいて、ゆきち(狩野見恭兵)という彼氏もいるものの、受験を控えてお互いに悶...

  • 2019/11/19(火)23:09:29 |
  • 【徒然なるままに・・・】