FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『宮本から君へ』ユーロスペース2『カーマイン・ストリート・ギター』『さすらいのレコード・コレクター』下高井戸シネマ

同日鑑賞3本をまとめてレビュー。

◆『宮本から君へ』ユーロスペース2

▲池松と蒼井。

五つ星評価で【★★★★★昭和かよ!】
やはり最初に驚いたのが池松壮亮。体格だって顔の作りだって違うだろうにマンガの「宮本」にしか見えない。週刊モーニングに連載してたのをそのまま読んでて他のキャラは忘れてしまったが、主人公の顔や表情は覚えてる。鬼気迫るソックリさ。そして、蒼井優はまあやっぱすげえ女優である事をいつも通りに証明してくれた。あとドラッグで捕まってゴタゴタしたピエール瀧もいつも通りいい演技してるし、あの佐藤二朗がシリアスでちゃんといい演技を出来る事が分かってちょっとビックリした。これは役者の上手さもあるけどプロデューサーと監督が彼を起用してちゃんと演技させたのが偉い。

絶対勝たなくちゃいけない喧嘩に、勝ち目がないのに乗り込んでいく宮本。こんな頭が悪くて単純なプロット、最近なかなかお目に掛かれない。でもシンプルだろうが何だろうが力強いいい物語だ。


◆『カーマイン・ストリート・ギター』下高井戸シネマ

▲手作りギター野郎。

五つ星評価で【★★飽きてもうた】
建築物の廃材からギターを作ってニューヨークで売る名工のドキュメンタリー。
彼はちゃんとした技術を持つ名工だろうが、それを見る観客(=俺)の耳は素人なので、その音の良さがあまり伝わって来ない。基本的にインタビュー中心の評伝ドキュメンタリーだから中盤から後半、かなりキツかった。


◆『さすらいのレコード・コレクター』下高井戸シネマ

▲自由野郎。

五つ星評価で【★★★★びよんびよんおもろい】
主人公のオヤジが見苦しいのだけど凄くおもろい。レコード収集マニアの彼は稀代の趣味人(ディレッタント)と言って差し支えないだろう。でも決してかっこ良くない。半ズボンの人間って何であんなに権威がないんだろう。かっこは良くないが、常にリズムに乗っている。彼の守備範囲に対しての知識と行動力では誰も彼には敵わない。それを「好き」だけで実現した彼がとても「ニヤケきった」いい顔なのである。うん、おもろい。


【銭】
『宮本から君へ』:ユーロスペース火曜1200円均一料金。
『カーマイン・ストリート・ギター』:
『さすらいのレコード・コレクター』:下高井戸シネマ火曜1200円均一料金。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
宮本から君へ@ぴあ映画生活
カーマイン・ストリート・ギター@ぴあ映画生活
さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5827-144cabf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ショートレビュー「宮本から君へ・・・・・評価額1700円」

絶対、君と結婚したから! 非常に暑苦しい映画だ(笑 令和の世にあって、池松壮亮演じる全身から昭和臭を漂わせる熱血青年宮本が、大好きな彼女を守るため、幸せになるために闘う。 新井英樹の漫画は「ザ・ワールド・イズ・マイン」と映画化された「愛しのアイリーン」くらいしか読んだことがなく、本作の原作も未読だが、連載されていたのはバブル崩壊直前の1990年から崩壊後の1994年だとか。 なるほど、この...

  • 2020/01/30(木)22:34:12 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

宮本から君へ

文具メーカー「マルキタ」の営業マン宮本浩は、会社の先輩の仕事仲間である中野靖子に恋をする。 靖子の自宅で鉢合わせした彼女の元カレ・裕二を頑張って追い出し、めでたく二人は結ばれた。 ところが取引先との飲み会に靖子を連れて行った後、思わぬ事件が起こる…。 ラブ・ストーリー。 R15+ ≪金なし! コネなし! 勝ち目なし!≫

  • 2020/01/09(木)10:47:34 |
  • 象のロケット