FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『AI探偵』シネ・リーブル池袋1『ざ・鬼太鼓座』新文芸坐

仕事帰りの同日鑑賞2本をまとめてレビュー。

◆『AI探偵』シネ・リーブル池袋1

▲右上が滝口幸弘さん。

五つ星評価で【★★★千葉誠治シナリオうまくね?】
滝口幸弘さん追悼上映(主人公のライバルの大手探偵事務所の探偵)。
私はこの役者さんは知らなかったが、宇宙人とか忍者の映画で個人的にお馴染の千葉誠治監督だから見に行った。え、千葉誠治監督こういう脚本も書けるんだ。と言う発見もあり、なかなか面白かった。ツンデレのAIとイケメン探偵のバディーもの。なんつーか、徹底してるのは話に関わってくるような女子キャラが一人も出てこない事。全ての登場人物が(あ、大家だけ別だ)イケメン枠。あー、そーゆー需要の映画ってあるある。観客、男子俺一人。ハレムや、ハレム。誰も俺に目もくれないけど(そらそやろ)。主人公とAIの関係性や展開に関しては『名探偵ピカチュウ』をちょっと思い起こさせた。2019年10月18日公開という事だから、影響受けてる可能性は高い。それにしても仕事が早いな。
主役の荒牧慶彦は文句の付けようのないイケメン。


◆『ざ・鬼太鼓座』新文芸坐
五つ星評価で【★★★★うふふふふふふふふふ】
4回目。
何回見ても変でいい。
前半に出てくるダウンタウンブギウギバンドの宇崎竜童なんて健全だよなー。高そうなランニングシャツ着てるし。鬼太鼓座の面々普段着ボロボロやもん(ステージ衣装は流石にちゃんとしてるが何かどれ見ても着心地は悪そう)。
演奏シーンをあえて邪魔する加工電子音の追加など、演出も気が狂ってる。
でも、見てると魂抜けていい感じになる。ドラッグかよ。


【銭】
『AI探偵』:テアトルの会員券使って1300円。
『ざ・鬼太鼓座』:ラスト1本割引で950円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
AI探偵@ぴあ映画生活
ざ・鬼太鼓座@ぴあ映画生活
▼関連記事。
ざ・鬼太鼓座(1~3回目)@死屍累々映画日記・第二章
・ざ・鬼太鼓座(4回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5830-aadc46e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)