FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『マチネの終わりに』トーホーシネマズ日比谷11

◆『マチネの終わりに』トーホーシネマズ日比谷11

▲真ん中のピント合ってる女が一番凄い役。

五つ星評価で【★★福山雅治、君はそれでいいのか】
福山雅治と石田ゆり子のすれ違いラブストーリー。
ああっ、すれ違うのにそんな手があったのね。

それにしても役者としての福山雅治はいつも通り、今回もまた一番美味しい役ではなかった。福山さんあんなに主演の場数を踏んでいるのに、いつも美味しい役ではない。今回はそこそこ演技力お披露目のカットとかもあるけど、見せ場で言ったら絶対的に桜井ユキの方が目を引くし、切実だ。石田ゆり子はバランス的に良い組み合わせ。落ち着いているのでキャリア・ウーマンとして海外でちゃんと一人で働いているように見える。石田ゆり子が万全で来てるのに、どーも福山雅治そんなにかっこよく見えない。この辺は加齢による物なのか?結婚したからか? 怖っ!!

ラストのあの収まり方は君がいなければ死ぬとまで言ってた若かりし二人の尖り具合から考えると、妥当な落としどころかもしれないがそんなにそれを手放しで褒める気にもなれず。

最近の福山主役戦歴
『そして父になる』でリリー・フランキーにやられ放題。
『SCOOP!』で再びリリー・フランキーにやられ放題。
『マンハント』で鳩にやられ放題。
『三度目の殺人』で役所広司にやられ放題。


【銭】
2019.12.29から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その17本目
▼作品詳細などはこちらでいいかな
マチネの終わりに@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5850-1bd4d49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マチネの終わりに

東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化。蒔野役を福山、洋子役を石田がそれぞれ演じ、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は「容疑者Xの献身」「昼顔」の西谷弘。あらすじ:パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通...

  • 2020/02/02(日)17:33:43 |
  • 映画に夢中

映画『マチネの終わりに』★“誘われて“~大人の恋の行方~

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176524/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・蒔野(ギタリスト): 福山雅治 ・洋子: 石田ゆり子 (原作未読です) 予告編からは 結婚を控えた洋子と 独身の薪野が、恋に落ちて 不倫関係にでもなるのかと、思っていました。 でも、恋に落ちたのなら 洋子が婚約解消すれば、ナンとかなるわけだし…...

  • 2020/02/01(土)19:35:21 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

マチネの終わりに

世界的なクラシックギタリスト蒔野聡史は、公演の後でパリの通信社に勤務するジャーナリスト小峰洋子に出会う。 共に人生半ばの彼らは、出会った瞬間から強く惹かれ合い心を通わせる。 洋子に婚約者がいることを知りながらも、蒔野は洋子への愛を告げた。 しかし、思わぬ障害が生じ、二人の想いは決定的にすれ違ってしまう…。 ラブストーリー。 ≪東京、パリ、ニューヨーク。 世界のどこにいても、あなたを想う―≫

  • 2020/01/18(土)03:59:48 |
  • 象のロケット