FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『無垢なる証人』シネマート新宿1

◆『無垢なる証人』シネマート新宿1

▲ポスター。

五つ星評価で【★★★★観客を巻き込む無垢の嵐】
証人として裁判に呼ばれたのは自閉症児の少女。
彼女が証人としてふさわしいのか、証言は信用できるのか。

もう、見ていて彼女の味方にならざるを得ない。
証人の彼女だって「無垢」だろうが、
観客だって正しさを信じて「無垢」でいたいのだ、本当は。

「無垢(=垢が無い)」と対比して、映画の中で主人公が会社に強要されるのが「垢を付ける事(≒要領よく利口になる事)」で、お客への接待で酒や女にズブスブになりそうになる。「垢」の直接表現ではないが、日本で言う「手を汚す」みたいな物か。

主人公かっけー。
無垢な証人にキム・ヒャンギ。『神と共に』のあの子である。いやー、演技上手いわ。
アルツ患ってる主人公の父親役が、全く無関係である事が分かりながらも麻木貴仁に似てる。
途中退場してしまうヒャンギの友達シネも中々癖のある役。復権させてやりたかった(なるほど汚い心を自覚している私もこの映画により無垢に汚染されてしまったようだ)。


【銭】
テアトルの会員割引+曜日割引で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
無垢なる証人@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5858-d65e55ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)