FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『無垢なる証人』シネマート新宿1

◆『無垢なる証人』シネマート新宿1

▲ポスター。

五つ星評価で【★★★★観客を巻き込む無垢の嵐】
証人として裁判に呼ばれたのは自閉症児の少女。
彼女が証人としてふさわしいのか、証言は信用できるのか。

もう、見ていて彼女の味方にならざるを得ない。
証人の彼女だって「無垢」だろうが、
観客だって正しさを信じて「無垢」でいたいのだ、本当は。

「無垢(=垢が無い)」と対比して、映画の中で主人公が会社に強要されるのが「垢を付ける事(≒要領よく利口になる事)」で、お客への接待で酒や女にズブスブになりそうになる。「垢」の直接表現ではないが、日本で言う「手を汚す」みたいな物か。

主人公かっけー。
無垢な証人にキム・ヒャンギ。『神と共に』のあの子である。いやー、演技上手いわ。
アルツ患ってる主人公の父親役が、全く無関係である事が分かりながらも麻木貴仁に似てる。
途中退場してしまうヒャンギの友達シネも中々癖のある役。復権させてやりたかった(なるほど汚い心を自覚している私もこの映画により無垢に汚染されてしまったようだ)。


【銭】
テアトルの会員割引+曜日割引で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
無垢なる証人@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

自閉症の彼女の視点を、
その場にいた全員に明らかにし、理解させ、
犯人から真犯人までも突き止め…って
よく考えればこれ凄いな

本当は弁護する側としては弁護する人の「悪事」を明らかにしちゃうんだから良くはないんだろうけれど、あたたかな感動がありました。
「神と共に」以来でしたが、キム・ヒャンギさんがとても良かったです

  • 2020/05/11(月) 09:59:14 |
  • URL |
  • maki #jQTfdwCM
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは

こんちは、makiさん。

> 本当は弁護する側としては弁護する人の「悪事」を明らかにしちゃうんだから良くはないんだろうけれど、あたたかな感動がありました。

弁護士という商売としてはNGですよね。会社から弁護士個人が訴えられかねない。



> 「神と共に」以来でしたが、キム・ヒャンギさんがとても良かったです

そうそう、キム・ヒャンギを見に行ったのです。

  • 2020/05/12(火) 21:31:20 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5858-d65e55ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無垢なる証人

【概略】 出世が懸かった殺人事件の弁護士に指定されたスノは、容疑者の無罪を立証するため、唯一の目撃者である自閉症の少女を証人として立たせようとする。 サスペンス .5★★★☆☆ 『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン、「神と共に」シリーズのキム・ヒャンギ共演のサスペンス。 サスペンス的な法廷劇と、自閉症の少女との心の交流を描いたヒューマンドラマとが、描かれています。 何事にも「誠実に向き...

  • 2020/05/11(月)09:51:35 |
  • いやいやえん