FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ユナイテッドシネマス豊洲9

◆『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ユナイテッドシネマス豊洲9

▲集合写真。1日後だと中央の富豪がワイプに変わってたかも。

五つ星評価で【★★登場人物が多い推理物ダメなの俺】

むーづかしー。そーだそーだ俺バカだった。

ってのがツイッター最初の感想。だってバカなんだもん。
んー、ラスト畳みかけるようにちゃんと謎の解説を探偵がやってくれるので一応分かった感は出たんだけど、前半かなり舟を漕いでしまったので満足度が下がってしまった。だって、外人ばっか出てきた上にみんな英語で喋るんだぜい(そういう映画です)。

何か爺さんが死んで、遺産が意外な人の手にって『犬神家の一族』みたいだけど、助清と助武と助智が出てこないし、斧、琴、菊も出てこない。それじゃあ、分からんよ。でも、遺産相続人が女性ってのは『犬神家の一族』と一緒だから、そこからコマシ合戦が始まって成人映画になっていても俺は怒らないぜ(そう言う映画ではないです)。あの家政婦さんもとい看護婦さんタイプだし。だが、家政婦でも看護婦でも大豪邸で勤めるからにはメイド服かナース服できればちょっとエッチいスケスケな服を着てほしい。

PS 『ダウントン・アビー』を見た後だからかもしれないけど、屋敷が豪邸には見えなかった。何か当たり前の家であって、間取りが狭い。まあ、推理小説で一代で築いた財産という意味では「らしい」家なのかもしれない。ちなみに『犬神家の一族』の犬神家は畳敷きで間取りだけは広いからあれはあれて゜地味にお金がかかっているように見える(と言うか豪邸に見える部分、寝てたのかもしれないが←ダメ野郎!)。


【銭】
ユナイテッドシネマ会員曜日割引で1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密@yukarinの映画鑑賞日記α
スポンサーサイト



コメント

妙だな…

妙だな…ふじきさんがアナ・デ・アルマスの可愛さにぜんっぜん触れていない。そうかっ、やっぱり上映中寝ていたんだなっ!!

  • 2020/02/04(火) 12:18:30 |
  • URL |
  • ここなつ #/qX1gsKM
  • [ 編集 ]

Re: 妙だな…

こんちは、ここなつさん。

> 妙だな…ふじきさんがアナ・デ・アルマスの可愛さにぜんっぜん触れていない。そうかっ、やっぱり上映中寝ていたんだなっ!!

そんな「穴があります」なんてやらしい名前の女の子だったのか。女の子可愛かったけど、チラシに特定できる名前がなかったので記事ではスルーしてしまった。上映中寝ていた事はもちろん否定しない。

  • 2020/02/04(火) 22:20:07 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

彼女、「ブレードランナー」の続編で注目されたんだよね。
そして今度の007ではボンドアクトレスとして、ダニエル・クレイグと再共演。

  • 2020/02/05(水) 21:17:22 |
  • URL |
  • エクスカリバー #cks3dOnk
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、エクスカリバーさん。

> 彼女、「ブレードランナー」の続編で注目されたんだよね。
> そして今度の007ではボンドアクトレスとして、ダニエル・クレイグと再共演。

ボンドだから、すぐくっつくんだよね(大人の下ネタ)

  • 2020/02/06(木) 23:50:50 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5859-9efd91a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督がアガサ・クリスティに捧げたミステリー。ジェームズ・ボンド役で知られるダニエル・クレイグ扮する南部訛りの名探偵が、ワケあり家族相手に名推理を繰り広げる。一家イチのロクデナシを演じる「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスを始め、一家の長を演じるクリストファー・ブラマーを始めとし、右から左まで演技はだらけ。抜群のセンスとトリック...

  • 2020/03/04(水)16:23:55 |
  • 映画に夢中

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019)

世界的ミステリー作家が、自身の誕生日パーティを終えた夜に急死。一度は自殺と判断されたが、名探偵の元に匿名の依頼が届けられたこともあり、当日屋敷にいた家族や使用人らが全員容疑者になる、というライアン・ジョンソン脚本・監督のミステリー映画。亡くなったミステリー作家にクリストファー・プラマー、容疑者となるのはクリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、マイケル・シャノン、...

  • 2020/02/05(水)21:16:15 |
  • 【徒然なるままに・・・】

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」

極上の作品。古典的とも言える位にベタベタな推理モノ…とはなっていない。一見そう見えるのだけれど、ユーモアがまぶされていて、それが多少は下品混じりのものになっていたとしても、かなり愉快である。さすが「アガサ・クリスティーに捧げるオリジナル脚本」だけのことはある。そういえば、どことなく「ねじれた家」のテイストがあった。似ているのは豪邸とそれを取り巻くキナ臭い家族、という設定だけなのかもしれないけ...

  • 2020/02/04(火)10:55:44 |
  • ここなつ映画レビュー

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

アメリカ・ニューヨーク。 世界的ミステリー作家で出版社の創設者ハーラン・スロンビーが、85歳の誕生日パーティーの翌朝に遺体で発見された。 名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物から事件の調査依頼を受ける。 容疑者はパーティーに参加していた家族と看護師、家政婦ら屋敷にいた全員であり、やがて一家のもつれた謎が浮かび上がってきた…。 ミステリー。

  • 2020/02/03(月)02:43:50 |
  • 象のロケット