FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版 おいしい給食 Final Battle』ユナイテッドシネマ豊洲2

◆『劇場版 おいしい給食 Final Battle』ユナイテッドシネマ豊洲2

▲ポスター。

五つ星評価で【★★★★とても変でそそる】
給食大好き教師市原隼人が教え子の給食の食べ方に日々負け続ける日を描きながら(理解できないだろうが、そういう話なのである)、大きな時代のうねりの中、反目しあっていた二人が手を取り、そして時代のうねりに負けてしまう、という、まー、なんつーか、変な映画。そしてまあ、変な映画は好きなんである。

市原隼人が変。いや、案外いつも変ではあるんだけど。
通常は抑制が効いたプロの黙り人みたいなイメージだが、
今回は給食が好きすぎるが教師の威厳を保つために
生徒にはそれを悟られないようにしながらも、
ウキウキのボディー・ランゲージでバレバレなのである。
給食オタクと言うか、給食が好きすぎて、筋肉に波及してる。
よく分からないかもしれないが見れば納得してもらえる。
給食を前にして踊り出すようなキャラクターなのに、
「教師の威厳」として、それが生徒に悟られていないと
思っている、ある意味、人を殺す奴以上にサイコパス度が高い。

前半はこの市原隼人の奇行を面白おかしく描きながらも、
市原隼人をギリギリ許せる存在としてキャラ付けてる。
後半は給食とは何かという給食のレーゾン・デートルを探りながら
給食による文明論をちょっとだけ展開する。

残念なのは、ラスト、市原隼人とその朋友が
彼等の障壁に対して勝ちえない事である。
そこは勝たせてやってもいいだろう、エンタティーメントなんだから。

武田玲奈なんてついこの間まで制服着て女子高生役だったのに(今でも全然通用する)、中学生相手の教師役なのだ。でも、ワンピース着せるとそれなりに先生に見えるんだから不思議だ。可愛らしい。悩みに悩む教師役と言うのが実に未完成で武田玲奈に合う。そう、できてない女、それが彼女なのだ。

酒向芳が校長先生。アクが強い顔なので、悪人側のチョイ役が多いが、今回はド善人。基本的に何をやらせてもこの人は上手いなあ。

献立的にほぼほぼ出会えなかったがミルメーク飲みたいなあ。


【銭】
ユナイテッドシネマの入場ポイント2ポイントで割引鑑賞1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 おいしい給食 Final Battle@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5879-014981d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)