FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『星屑の町』テアトル新宿

◆『星屑の町』テアトル新宿

▲そこそこのん(にこにこぷんみたいな)。

五つ星評価で【★★何がこの映画をもう一歩に踏み止まらせててるのか?】
離れて暮らしている兄弟やコーラスグループ内の口喧嘩のシーンは面白い。そこに全く問題がないとは言えないが、どちらかと言うとそこに投入される新ボーカル{のん}の立場や気持ちが分からない事の方が問題である。コーラスグループがそれぞれのトラブルを抱えながら右往左往するのはいい。彼等は他に行き場所がなく、最終的にまとまるしかない集団だから。内輪でガチャガチャやって、それを描写するのはたいへん理に適っている。だが、ボーカルののんは基本どんな方向にも一人で行ける娘だ。その彼女が自分自身何を求めているかが映画を見てて中途半端で推し量れない。これが映画を適当にしている。一応、「音楽性の違い」と言う奴なんだろうか? 移籍先の音楽をジックリ聞かせてもらえないので、その辺の説得力は薄い。

コーラスグループの面々は良くも悪くも本当に年寄りで、のんとの対比が効いてて良いと思う。ただ、この物語が演劇発であると聞いて「なるほど」とバーチャルで膝を打った。彼等爺さんの面々は口喧嘩の内容から零れ落ちる程度しか、それぞれの人柄や過去が明らかにされない。演劇の場合はそれで充分だ。一人の人間として足りない分はそこにいる本人が自己の魅力で補う。つまり、役者本人の過去が「借景」のように役柄に投影されるのだ。そして、彼等が歌う歌が生で観客席に届く時、役柄と役者は嫌が応にも同じ一人として錯覚させられる。映画はそうはいかない。映画の中の役者は自分の人生を立ち切って役柄を演じる、そういうルールだ。だから、演劇のままで個々人の経歴があまり掘り下げられてない彼等の喧嘩が表層的に見えてしまう。それは歌も含めて、演劇から映画にあまり上手く移植出来ていないという事だろう。

のんは可愛いけど、歌も含めてビックリするほどは良くない(悪いと言ってるのではない)。悶々とトリコにさせるくらいじゃないといかん。

歌はサブローが味があっていいが、他のコーラスパート5人がほぼほぼ素人。わざと素人みたいに歌ってるのかな。この辺のムード歌謡は懐かしくはあるが、バッチリ、ストライク・ゾーンではないのが残念だ(逆にストライクな人はいいんじゃない?)。

のんの祖父役の柄本明を見逃してしまった。 何や意識うしなっとったんか、俺。


【銭】
テアトルの会員割引+曜日割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
星屑の町@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5880-f8cfbdb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

星屑の町

これといったヒット曲もないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」は、ベテラン女性歌手キティ岩城と地方を回り細々と活動を続けている。 修の生まれ故郷である東北の田舎町に営業に来た彼らに、歌手を夢見る地元の田舎娘・愛が「ハローナイツに入れて欲しい」と直訴してきた…。 音楽ヒューマンドラマ。

  • 2020/03/20(金)02:05:10 |
  • 象のロケット