FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』シネスイッチ銀座1

◆『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』シネスイッチ銀座1

▲昔のWindowsのデフォルト壁紙みたいな農園。

五つ星評価で【★★★目に優しいドキュメンタリー】
荒れ地を自給自足の小さな生態系が循環する農地へと変えるドキュメンタリー。
成功したかと思えば、失敗に洗われ、
失敗したかと思えば、成功に洗われる。
そのリズムの良さがドキュメンタリーをドラマのように見せている。
元動物カメラマンの夫が撮る種々の動物の表情も魅力。

ただ、撮影者が撮影対象である為、最終的には自分達の事を悪者としては書かんだろう。
この農法をする限り、境界線に集まってしまった自然の動物が問題になると思う。
自然の動物は持ち主が違うからと言ってAの畑、Bの畑と食い変えてはくれないだろう。
周りに人が皆無ならそれでいいのだが、そうでないなら土地を召しあげてどんどん大きくするのが宿命なのかも知れない。それって地上げみたい。


【銭】
テアトル割引+曜日割引で1100円。年次更新料が1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5894-6e1ead94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方・・・・・評価額1650円

そこは命の輪が回る場所。 きっかけは一頭の犬だった。 殺処分寸前で保護した愛犬トッドの鳴き声が止まず、ロサンゼルスのアパートを追い出されてしまったジョンとモリーのチェスター夫妻が一念発起し、昔からの夢だった農園経営の道に歩み出したのは2010年のこと。 これは二人の経営する「アプリコット・レーン・ファーム」の8年間の記録である。 野生動物を描く番組制作者でカメラマンでもあるジョンと、料理家...

  • 2020/05/09(土)21:53:37 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方

アメリカの大都会ロサンゼルスで映画やテレビ番組の制作・監督・カメラマンをしていた夫ジョンと料理家の妻モリーは、殺処分寸前で保護した愛犬トッドの鳴き声がうるさいと言われ、アパートを追い出されてしまう。 郊外へ移り住むことにした夫婦は、200エーカー(東京ドーム17個分)の荒れ果てた農地を農場へと創り上げて行く…。 農業ドキュメンタリー。

  • 2020/05/05(火)21:40:57 |
  • 象のロケット