FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『チャーリーズ・エンジェル』ユナイテッドシネマ豊洲12

◆『チャーリーズ・エンジェル』ユナイテッドシネマ豊洲12

▲ポロリを期待させる衣装。

五つ星評価で【★★★エンジェルってこんなんか?】
テレビドラマのエンジェルには乗り遅れていて、ドリュー・バリモア版の映画エンジェルしか知らない私なのだけど、何とはなしにこれは監督のエリザベス・バンクスが「私達の新しいエンジェル」を模索しすぎた為に「本来のエンジェル」の領域を踏み荒らしてしまったような作品じゃなかろうか。オリジナルと前作映画が綺麗な花壇であるなら、今作映画は一見同じような花壇なのだけど、近づいて見るとみな食虫植物のみで構成されているかのような違和感がある。
なんつかエンジェルが「でかいの」と「小さいの」と「新しいの」の三人で、三人ともバラバラの寄り合いチームである。前のは仲の良さによるグループの強さとかバディ感が強かったと思うのだけど、今作はそういう三人になる為のビギニングという事で、そこを切り捨ててしまうのである。大胆と言えば大胆な話だ。それをサポートする有能で呑気なおっちゃん「ボスレー」も、今回は単に役職になっており、まあ、何と言いますか、大変に信用がおけない。そんなん「ボスレー」ちゃうやろみたいな使い方をされる。今作の「ボスレー」って、鬼太郎のネズミ男みたいなキャラと言ってもいいかもしれない(「しれない」のかよ、俺)。そしてお茶の間に流れていたドラマに牙を剥くかのように、大変、血なまぐさい出来になってる。元が非連続単発のテレビドラマだから、あまり怪我を負っているとか、血を流していると言うイメージが薄い。やはり、総合的にもエンジェルっぽくはないのじゃないかしら?

エンジェルは「でかいの」と「小さいの」と「新しいの」の三人がいるのだけど、でかいのはポワーンとした顔のダイナマイト・ボディーで、化粧すると強い顔が浮かんでくるという事で、浅野ゆう子似じゃん。「トレンディ」かよ(いや、それは別にいい)。「小さいの」は顔がちゃんとブロンド美人風でローラ似。タメ口じゃないけど性格がぶっちゃけてて、やはりローラ・キャラなのかもしれない。「新しい」のは表現しづらいのだけど「むちゃっ」とした顔。浅野ゆう子もローラもタイプで言えば「キラー・サイボーグ」の汎用パターンの端から端だけど、この新人はかなりちゃんと女の子っぽい顔立ち。ても、キャラが「新人」という事でしかないのがつまらん。

結論として「チャーリーズ・エンジェル」を名乗った事で、エンジェルでない部分が明確になった作品という事じゃなかろうか、知らんけど(いや、本当に「元」を知らないのよ)。


【銭】
ユナイテッドシネマの有料入場ポイント2ポイントを使って割引、1000円で鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
チャーリーズ・エンジェル@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

たしかに、3人組結成!のビギニングのようでしたね。
ボスも女性で、ハリウッドに散見できる「女性に権利を!」が垣間見えるみたいな、でも楽しかった。

  • 2020/04/23(木) 07:46:40 |
  • URL |
  • ボー #0M.lfYJ.
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、ボーさん。

> たしかに、3人組結成!のビギニングのようでしたね。

やはり、秋元康プロデュースでチャリエン48にすれば良かったんじゃないかな。
ライバルグループのボスレー48がダメすぎる。

  • 2020/04/24(金) 21:59:01 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

うんうん

こんにちは。
うんうん、このエンジェルの3人のばらんばらんなのがまた良いのですよ。
そこが「女はそれぞれ」と言っているのかいないのかは置いておいて。まあ、好きな部分なのであります。

  • 2020/04/26(日) 23:47:07 |
  • URL |
  • ここなつ #/qX1gsKM
  • [ 編集 ]

Re: うんうん

こんちは、ここなつさん。

> うんうん、このエンジェルの3人のばらんばらんなのがまた良いのですよ。
> そこが「女はそれぞれ」と言っているのかいないのかは置いておいて。まあ、好きな部分なのであります。

「♪ 人生いろいろ、女もいろいろ」。割とエンジェルさん達は頑張ってるんだけど、逆に対峙する男達がつまらん奴らだなあ、というのがありましたね。

  • 2020/04/28(火) 23:49:51 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんにちは!

コメントありがとうございました。
監督が好きな様に撮った作品て感じ。
観客の事を余り考えていない様な。
ビギニング的な構成は良いんですけど、話自体に魅力が薄いので観客ウケが悪かったのかもしれないですね。

  • 2020/05/08(金) 15:14:15 |
  • URL |
  • ヒロ之 #-
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは!

こんちは、ヒロ之さん。

> ビギニング的な構成は良いんですけど、話自体に魅力が薄いので観客ウケが悪かったのかもしれないですね。

野郎がロクデナシしかいない映画だったなあ。

  • 2020/05/09(土) 18:21:01 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

テレビドラマのエンジェル

K・ジャクソンーE・バンクス又はN・スコット
J・スミスーE・バリンスカ
F・フォーセットーK・スチュワート
って繋げられると思う。
D・バリモア版は、テーマ音楽やオープニングの台詞にTV版のを使ってたけど 、3人のキャラのせいかTV版とあんまり繋がらなかった。
まあ、わちきが、1stシーズンにバイアスが掛かっているせいかも知れんが。

>テレビドラマのエンジェルには乗り遅れていて
1977年の放送でしょ。
「ちんちん」の皮はムケテいてもおかしくない年頃では?

  • 2020/05/13(水) 19:44:14 |
  • URL |
  • 粕人間 #-
  • [ 編集 ]

Re: テレビドラマのエンジェル

こんちは。先輩。

> >テレビドラマのエンジェルには乗り遅れていて
> 1977年の放送でしょ。
> 「ちんちん」の皮はムケテいてもおかしくない年頃では?

同枠の「バイオニック・ジェミー」は見てたんだけど、何となく自分が「女が好き」と堂々と認めるのが恥ずかしかったんだろうね(ジェミーはSFだから見てたって言い訳できる)

  • 2020/05/13(水) 21:43:10 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。

私もなんだかオリジナルTV版は知らないはずなんだけど、
「チャーリーズ・エンジェル」っぽくないって思いました。
なんだろうなあ…
別にチャリエンじゃなくても、女性スパイシリーズで良かったような気もする。(…多分そのジャンルで草分け的で人気なのがチャリエンだからなのかなー)

クリステン・スチュワートは、はねてる華奢美人、ナオミ・スコットは可愛い役どころ、もう一人は…なんだろ…セクシー&アクション??

  • 2020/05/17(日) 19:09:26 |
  • URL |
  • maki #jQTfdwCM
  • [ 編集 ]

Re: こんばんは。

こんちは、makiさん。

> 私もなんだかオリジナルTV版は知らないはずなんだけど、
> 「チャーリーズ・エンジェル」っぽくないって思いました。
> なんだろうなあ…

エピソード0で、三人の関係がまだ出来てなくてギクシャクしてたからですかねえ? あと犯人を組織の裏切り者にするのも問題だし、「エンジェル」が大所帯すぎて探偵と言うより警察みたいになっていたのも違和感かも。

  • 2020/05/18(月) 00:42:57 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5895-ed249e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チャーリーズ・エンジェル(2019)

【概略】 女性エージェント組織、チャーリーズ・エンジェルの下に新エネルギーの軍事利用に関する情報がもたらされ、3人のエージェントが命を懸けた戦いに挑む。 アクション .0★★★☆☆ クリステン・スチュワートとナオミ・スコット、それとエラ・バリンスカさん…は知らないんだけども、この3人が本作でのメンバーです。 キャメロン・ディアスなどが出てたチャーリーズ・エンジェルも昔観ましたが、比べると全...

  • 2020/05/17(日)19:05:27 |
  • いやいやえん

チャーリーズ・エンジェル

チャーリーズ・エンジェル(国際機密企業チャーリー・タウンゼント社のエリート女性エージェント組織)に、巨大テクノロジー企業の女性プログラマー、エレーナから調査依頼が入る。 彼女が開発した新エネルギー源“カリスト”を、社が軍事利用しているというのだ。 エンジェルの新しい女性司令塔ボスレーは、サビーナ、ジェーンと共に調査を進めていく…。 サスペンス・アクション。

  • 2020/04/30(木)01:40:29 |
  • 象のロケット

「チャーリーズ・エンジェル」

壮大なフェミニズム讃歌。そしてこんな風な讃歌は嫌いではない。むしろ喝采である。なんとなれば私は本作で感動で落涙してしまった(それはどこのシーンかは、最後に書かせていただきます)。思えば、初代のチャーリーズ・エンジェルは、私がそういうのをあまり観ない年頃でもあって、全く食指が動かなかった。キャメロン・ディアスやルーシー・リューのアレである。同族嫌悪?というのとは微妙に違うんだけど、なんか女を売...

  • 2020/04/26(日)23:46:51 |
  • ここなつ映画レビュー

『チャーリーズ・エンジェル』(2019)

ボスレーがいっぱい、エンジェルもいっぱい。あの人気ドラマがリブート!ではなく、ドラマと、そして映画「チャーリーズ・エンジェル」「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」の”続き”として作られている続編。今や探偵事務所はグローバルな組織となり、各地にエンジェルを束ねるボスレーがいる、という設定。パトリック・スチュワートも、監督兼任のエリザベス・バンクスもみんなボスレーなのだ。そして今回のメイ...

  • 2020/04/25(土)06:35:01 |
  • 【徒然なるままに・・・】

「チャーリーズ・エンジェル」(2019年)

楽しかったよ。

  • 2020/04/23(木)07:42:03 |
  • 或る日の出来事