fc2ブログ

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』ユナイテットシネマ豊洲10

◆『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』ユナイテットシネマ豊洲10

▲ちょっとこれはないよなな水森亜土ビジュアル。

五つ星評価で【★★何か違う】
ハーレイ・クインで成り立つ話なのに、ハーレイ・クインに何だか魅力が欠けている。『スーサイド・スクワッド』で見せたようなゾクゾク感を感じさせてくれない。宣材のメイン・ビジュアル見た時点でセンスないなー、と感じさせられた。ハーレイ・クインの強さが微塵もない。白塗りの変なおばちゃんだ。メリーさんかよ。んーと、アメコミ物のヒーロー(善玉)やヴィラン(悪玉)の日常からかけ離れている外観は、それなりに理由があるのが普通で、単に「これはこういうメイクなのよ、のほほほほーん」みたいにただ塗ってるように見えるって最低じゃないだろうか。いかに外観を合わせるかではなく、いかに外観に合わせたメンタリティーを表現できるか、でなくてはいけない。

「ジョーカーに振られた(もしくは振った)」から始まる物語はハーレイ・クインの「イカレてるのに無双に強い」という個性を中途半端な物にしてしまった。グループ活動する仲間4人もどれもこれも地味ウーマンで小粒だ。その小粒の中の一人として埋没してしまうかのようであるハーレイ・クインにちょっと苛立ちを覚える。

敵のブラックマスク=ユアン・マクレガーも単に飲み屋のオーナーで、そんなに極悪に見えない。ゴッサムの悪を仕切る闇のボスなのかしら? とてもそうは見えない。なので、とても小さい話に見えてしまった。アメコミ発と思えない路地の片隅の最小スケール抗争。そら、あかんやろ。


【銭】
ユナイテッドシネマの会員デー(金曜日)に見て1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY@ぴあ映画生活
▼関連記事。
スーサイド・スクワッド@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」

マリリンの「紳士は金髪がお好き」ではありません。

「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」

本作は、緊急事態宣言解除後にステップ2で映画館が開いてから最初に鑑賞した作品である。地域が違えば状況も違うであろうこの事を書くのは、ただ自分の中での備忘録にしたいからである。本当は、3月に劇場で鑑賞する予定だった。すごくすごく観たくてすごくすごく楽しみにしていて、当時公開されていた作品の中で割と最後の方にとっておいた感がある。だが結局それが叶わなくなった現実を受けて、劇場が再開されたならいの...

ショートレビュー「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY・・・・・評価額1600円」

アタシの価値はアタシが決める。 いやー楽しい!最高にウェ~イなパリピ映画だった。 DCコミックのヴィランズ大集合映画「スーサイド・スクワット」の中で、ダントツに目立っていたスーパーヴィラン、ハーレイ・クインことハーリーン・クインゼルを主人公とした作品。 コロナ騒動でハリウッドのエンタメ大作が軒並み公開延期となる中、本作の日本公開が予定通りだったのは本国公開を二月に終えていたからだろう。 そ...

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

悪のカリスマ=ジョーカーと別れ、すべての束縛から放たれた女性ヴィランのハーレイ・クインは、天真爛漫な暴れぶりで街中の悪党たちの恨みを買ってしまう。 そんな彼女だったが、最凶チームをひっさげ、サイコな“極悪”ブラックマスクとの予測不能バトルに挑むことに…。 クライム・アクション。 PG-12

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒/BIRDS OF PREY』(2020)

<DCFU>の第8弾。「シャザム!」では使われなかったヒーロー大集合のDCロゴが帰ってきた!何とかユニバース続けてくれよ、DC!さてこのお話は「スーサイド・スクワッド」の続き。あの後でジョーカーと別れちゃったハーレイ・クインが主人公。後ろ盾を失ったハーレイは、ゴッサムシティの悪人どもや警察から追われる身に。前作ではチームの中の一人だったけど、今度は完全な主役。そして新たにワケアリ美女たちや、...

コメント

非公開コメント

楽しみにしていたのですが

こんにちは。
本作、公開を心待ちにしていて、結局劇場自粛で再開後に鑑賞したので、気持ちばかり醸造されてしまってたからあまり響かなかったのかなぁ…と思っていましたが、そんなこともなく普通に響かない作品でした。
女性のユニットが小粒なのはこういう作品では結構致命的かも。

Re: 楽しみにしていたのですが

こんちは、ここなつさん。

> 本作、公開を心待ちにしていて、結局劇場自粛で再開後に鑑賞したので、気持ちばかり醸造されてしまってたからあまり響かなかったのかなぁ…と思っていましたが、そんなこともなく普通に響かない作品でした。
> 女性のユニットが小粒なのはこういう作品では結構致命的かも。

割と褒めてる人は褒めてるので「ええっそうなんけ?」と思ってたんですが、私はダメ派です。
やっぱ「スーサイド・スクワッド」の時とは魅力が違うよなあ。

こんばんは!

鈴木その子かよって思う程の単に白いだけの魅力乏しいハーレイクインのビジュアル。
監督のセンス力が乏しいと感じました。
話自体も大して面白くなく、クソガキがクソガキでしかないとかもう色々終わってます。

Re: こんばんは!

こんちは、ヒロ之さん。

> 鈴木その子かよって思う程の単に白いだけの魅力乏しいハーレイクインのビジュアル。

暗闇から無言で鈴木その子が出てきたら怖いに違いない。

は~れ~(訳:あ~れ~)

白塗り度のせいか知りませんが、ジョーカーのように見えたときもあった、は~れ~くいん嬢でした。女ジョーカーにふさわしい。

テレビ画面で、ふわりんこ、と観てたら楽しい系なのかも?

Re: は~れ~(訳:あ~れ~)

こんちは、ボーさん。

そんな殿様の腰巻グルグルみたいなの、似あいそうで、、、、どうにも。

今年もよろしくお願いします。
プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる