FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』『台風家族』『シークレット・スーパースター』『メランコリック』『岬の兄妹』キネカ大森3、2、3、2、2

キネカ大森括りで5本まとめてレビュー。

◆『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』キネカ大森3

▲かーいー二人。

五つ星評価で【★★★★普通じゃないバランス感覚】
『この世界の片隅に』の拡張バージョン。
オリジナルも凄くて強い映画だったが、増幅した部分がまるで元からそこにあったように溶け込み、人間存在のおかしみと深みを増していた。あんなん不用意に入れ込んだら映画全体をぶち壊すエピソードだ。勇気がある。そして才能がある。
良かれ悪しかれ前のも子供が看過して大人だけ気付くようなシーンがあったが、そういうシーンが増えた。ただ、行為自体が描かれる訳ではないからレイティングは付いてない状態でもいいんだろう。

正式タイトルが発表される前に、きっと『この世界の両隅に』に違いないとツイッターで呟いたら片淵監督の目に止まってRTされたか、イイネされたんじゃなかったか。そういうのは馬鹿冥利に尽きる。


◆『台風家族』キネカ大森2

▲こういうクズの役がSMAPで似合うの草彅君、あと吾郎もギリ合うかも。

五つ星評価で【★★★草彅君って目に付く、役者が似合う】
変な話なので話の転がり方が面白くて飽きない。
話が家の外に出るまでは面白い。
草彅くん「一本満足」CMの経歴がこんな所で生きるとは。


◆『シークレット・スーパースター』キネカ大森3

▲モサい主人公。

五つ星評価で【★★★そんなに好きになれないのは個人的理由】
主役の少女のでっぷりした容姿が嫌い。歌もあまりグッと来ない。立場に同情しないではないが、そんなにノリノリにはならなかった。エンドロールに使われるアーミル・カーンのPVはちょっと類を見ないクズ映像なんだけど、残念ながら俺はこっちの方が、いやいやいやいや、ノーコメント。


◆『メランコリック』キネカ大森2

▲ドランクドラゴンの鈴木拓くらい花がない主人公(左)。

五つ星評価で【★★★★ようでけとるわ】
舞台は銭湯なのに内容は血生臭い。それぞれ別の意味で社会生活失敗の主人公と仲間がすったもんだの挙げ句、ごっちゃに均質化するラストは味わい深い。つーか、もー話が単純におもろい。そんな風に転がるのかみたいな予想がつかない踏み外し方。役者は誰一人として知らないし、初見なのだが、この誰もが適材適所な感じがとても良い。


◆『岬の兄妹』キネカ大森2

▲リアルに困窮してそうな二人。

五つ星評価で【★★辛い系の話はどーも】
おいおい本物連れてくるなよという妹和田の演技は凄いが、やはり話のつらさが苦手。
知能障害の妹がSEXしてという映画だと、高橋伴明の『歓びの喘ぎ 処女を襲う』とどうしても比較してしまう。あれが良いので、こちらは「普通」扱いになってしまう。そんな不公平な事だってある、人生なんだから。


【銭】
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』:テアトル系水曜日1200円均一。
『台風家族』:名画座キネカード+ラスト一本割引600円。
『シークレット・スーパースター』:名画座キネカード+ラスト一本割引600円。
『メランコリック』+『岬の兄妹』:名画座キネカード1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
この世界の(さらにいくつもの)片隅に@ぴあ映画生活
台風家族@ぴあ映画生活
シークレット・スーパースター@ぴあ映画生活
メランコリック@ぴあ映画生活
岬の兄妹@ぴあ映画生活
▼関連記事。
この世界の片隅に@死屍累々映画日記・第二章
・この世界の(さらにいくつもの)片隅に@死屍累々映画日記・第二章
歓びの喘ぎ 処女を襲う@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

片渕監督、まめにエゴサーチしてますよね。その労力には感服いたします。私が見た時は小さいお子さんもいたりして例のシーンではややきまずいムードが漂いました

  • 2020/08/30(日) 18:02:15 |
  • URL |
  • SGA屋伍一 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、伍一どん。

> 私が見た時は小さいお子さんもいたりして例のシーンではややきまずいムードが漂いました

手取り足取り教育して、捕まるまでが1セットです。

  • 2020/08/31(月) 01:01:12 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5906-5e735f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シークレット・スーパースター

インド西部の都市ヴァドーダラー。 歌うことが大好きな14歳の少女インシアは、学業に専念し早く結婚することを望む父親から、歌を禁じられてしまう。 理解ある母親の提案で、インシアは顔を隠して弾き語りする映像を動画サイトYOUTUBEにアップした。 歌は評判になり、有名な音楽プロデューサー、シャクティ・クマールの目に留まる…。 音楽青春ドラマ。

  • 2020/05/18(月)03:14:18 |
  • 象のロケット

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

第二次世界大戦中の昭和19(1944)年、広島。 絵が得意な18歳の少女すずは、呉の海軍に勤務する文官・北條周作の妻となった。 夫の両親、義姉の径子や姪の晴美、ご近所との付き合いの中で、すずはだんだん主婦らしくなっていく。 戦争であらゆるものが欠乏していき、日本海軍の一大拠点で軍港の街として栄えていた呉は何度も空襲に襲われる。 そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた…。 アニメーション。

  • 2020/05/18(月)03:11:03 |
  • 象のロケット

メランコリック

30歳の鍋岡和彦は、東大卒業後はずっとフリーター(ほぼニート)で実家暮らし。 近所の銭湯「松の湯」で高校時代の同級生・副島百合と出会ったことをきっかけに、その銭湯でバイトを始める。 ところが、「松の湯」は閉店後に風呂場を「人を殺す場所」として貸し出しており、同僚の松本も実は殺し屋だった…。 サスペンス・コメディ。 

  • 2020/05/18(月)02:41:21 |
  • 象のロケット

台風家族

台風が近づく2018年・夏。 10年前、銀行強盗後に姿を消した老夫婦、鈴木一鉄と光子の葬儀が行われることに。 死体は見つかっていないが形式的な葬儀をする理由は、財産分与を行うためだった。 朽ち果てた実家に集まったのは、妻子を連れた長男・小鉄、事件のせいで離婚した長女・麗奈、小鉄とは仲の悪い次男・京介で、三男の千尋は姿を現わさない。 そこへ、茶髪のチャラチャラした男がやってきた…。 ヒューマン...

  • 2020/05/18(月)02:33:21 |
  • 象のロケット