FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』トーホーシネマズ池袋2

◆『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』トーホーシネマズ池袋2

▲空戦+美少女集団、この二つの異なった世界観を両立させるのだから御苦労様である。人間のアニメートは『RWBY』のお化粧したCGモデルが動く方式。多分、この方式の方が会話劇が主体のこの映画だと予算がかからずに作れるのだろう。キャラクターの情感を伝えるのは声優にお任せ。それでいいと思う。

五つ星評価で【★★★空戦の未見性には興奮する】
TVアニメの編集物。原アニメ未鑑賞。という訳で一見さん鑑賞。
『ガールズ&パンツァー』の水島努監督最新作という惹句に惹かれて見てきました。まあ、そうね。そういう系列ではあるね。中心が女性キャラのグループで、ワイワイガヤガヤ。戦車を戦闘機に乗り換えて、基本、死人は出さない。戦車映画側で死人が出ないのはその世界ではスポーツであり、模擬戦で、火薬の量など殺傷可能にならないよう調節してあるからだろう。こっちはガチの戦闘なので、リアリティーから言ったら数人死んでもいい筈だが、そこをじっくり取りあげてしまうと大きな話が進まなくなるので、あえてそういう人の生き死には話から省いたのだと思う。

まず、時間の限られた劇場版で主役6人は最初かなりキツい。外見やキャラを如何にもな類型に分けつつ、努力してるのは分かるが、お姉さんタイプ3人、子供2人、変人1人。お姉さん同士3人、子供同士2人が中分類の中で未分化だ。逆にそうそう人って違わないものだから、極端に違わないというのは人間像としてリアルであるとも言える。いやまあ、それなら4人くらいが適当なのだが。

シリーズ初盤の敵と中盤の敵と最後の敵が違っていると言うのは、TV構成そのままなのだろうけど、普通にマイナス。
ただ、この段階を踏んだおかげで、ラスボスの「軽い悪辣さ」と圧倒的な物量差が感じられやすくなった。
敵の「自由博愛同盟」が「自由破壊同盟」に聞こえてニヤリ

そして、空中戦は今までこんなの見た事がないという未見性に満ちていた。見応えある。すげー。

穴の秘密がハッキリしないまま、終わってしまった。話はキッチリ閉じてるので満足感はあるのだが、この回答を出す為にまだ続いたりするのだろうか?

とってもお客が不入りなのか、二週目になってゴッソリ回数が減ったのには頭痛。


【銭】
トーホーシネマズのポイント6ポイントを使って無料鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
荒野のコトブキ飛行隊 完全版@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

テレビ版初回の、隼の発進手順の細かさとか、音響とか、いろいろカッコよかったんですわ。空中戦とかも、いい音で聴いたら、もっとカッコいいだろうなーとは思っていました。
あんまりチェックしてなかったけど、編集ものでしたか。

  • 2020/09/28(月) 23:11:15 |
  • URL |
  • ボー #0M.lfYJ.
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、ボーさん。

> テレビ版初回の、隼の発進手順の細かさとか、音響とか、いろいろカッコよかったんですわ。空中戦とかも、いい音で聴いたら、もっとカッコいいだろうなーとは思っていました。

そこは劇場でも勿論1回だけ使われていたけど、あんなん喜々として全部省略せず(だろう)やるのは好き者だよなあ。



> あんまりチェックしてなかったけど、編集ものでしたか。

そうですね。これがヒットするようなら続きが出来てもおかしくないみたいではあったけど。

  • 2020/09/29(火) 10:29:19 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/5987-c0d08bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)