FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『超擬態人間』シネマ・ロサ2

◆『超擬態人間』シネマ・ロサ2

▲ポスター。

五つ星評価で【★★★★キワモノ】
ツイッターであげた第一声が的を射てると思うので再録しておこう。
凄い映画を見たいか?
見せてやってもいいぞ。
だが、果たしてお前にその覚悟はあるか?
みたいな映画。痛い系。ちょっと凄い。


その他に関しては箇条書き断片で。
・斧と鉈と鉄の輪が一緒になったみたいな武器強いぞ。
・こんな映画を作る奴は気狂い(褒め言葉)。
・いいぞナナフシ
・すぐ棄てるのは良くないという道徳を学べます(捨てられた粗悪品と捨てられなかった真製品の破壊力の差がそんなにない)。
・サンタクロースの集団があの袋を背負ってよい子の所に届けたりしたらイヤだな。
・フウマの父親が現れるシーン、フウマの目線が上で、巨人を見ているようなアングルにはいささか興奮した。フウマをなだめる父の手が通常サイズなのがちょっと萎えた。あそこは作り物やエフェクトでも大きくしてほしかった(逆に大きくしたら、それはそれで萎えた可能性もあるが)。
・森が日本の森だけど地面が湿ってジメジメして実にイヤな感じが秀逸。今までの日本映画での森の描かれ方って「鬱蒼とした緑で触れては行けない神聖な場所感が強い」ために生物感が薄く、乾燥していて、綺麗だった。
・フウマの血統関係で3人、結婚関係が4人、施設関係者が2人、誰一人として混同するようなキャラクターがいないのは、衣装やメイクがちゃんと各人の色を与えているとともに、一目で分かるような違う顔の役者をキャスティングしてるように見える。それは偉い。
・しかし、未だに強化人間を作る設備があるって説明で全てを捩じ伏せてしまえるのは、表現された「超擬態人間」が強すぎるからだろう。一対一で正面から向かい合ったら仮面ライダーとかでも勝てないイメージがある。「正義」みたいな概念は微塵とないのだが、「超擬態人間」も「サイボーグ009」や「仮面ライダー」同様、自分を錬成した組織を裏切る者である。「サイボーグ009」や「仮面ライダー」は改造前に洗脳手術をしなかった事がその組織の壊滅になった敗因とされるが、「超擬態人間」は脳のリミッターを外す試験だから洗脳手術等と併用はできないだろう。であるなら、ブレーカーを付ければいい。みんな、ちゃんとやってるようで詰めが甘いのう。


【銭】
映画ファン感謝デーに見て、ロサ会館は1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
超擬態人間@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

「超」は付かないが

「擬態人間」なら「ランボー」の泥壁が元祖でしょう。

  • 2020/11/07(土) 14:58:32 |
  • URL |
  • 粕人間 #-
  • [ 編集 ]

Re: 「超」は付かないが

こんちは、先輩。

> 「擬態人間」なら「ランボー」の泥壁が元祖でしょう。

アメリカに「塗り壁」がいたら、ランボーも無事ではいれない。

  • 2020/11/08(日) 15:05:05 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6008-167a1aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)