FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『罪の声』トーホーシネマズ日比谷1

◆『罪の声』トーホーシネマズ日比谷1

▲ちなみに「昭和最大の未解決事件」は「三億円強盗」やと思うわ。

五つ星評価で【★★★★宇野祥平の凄さ】
イブニング連載のマンガを読んでたので筋は知っていたが、映画を見て、改めてこれはマンガに向いてない作品である事が分かった。
事件を調べる側、事件の調査を受けて過去の証言をする男達、犯罪者集団、ともかく役の大小に関わらず登場人物が多い。マンガだとこれを描き分けなければならないが、リアル指向の劇画の場合、人体の特徴を極端に誇張も出来ず、ここで魅力的なキャラクター造形がちょっと欠けていた。映画だとそれぞれ似てない俳優をキャスティングすればOKである(勿論、大根ではいけない程度の制約はある)。
そして、本当の事件(グリコ・森永)がかくもこうであったかのように思わせるリアリズム、これも映画は素晴らしかった。マンガは35年前と今をコマ内の映像として列挙して、一目で分かるように描写するのに適していなかったりするので不憫だ。
映画は圧倒的な脚本の力と、素晴らしい俳優の演技力で充分な見応えがあった。ただ、映画では、この事件の悲劇の責を誰かが負わなければならないという結論になり、最終的に事件の始まりに関与した二人の大人に負わせたが、それが正しいのかどうかが私の中では判然としない疑問になって残った。そりゃあ、企画者が責任を負うのは理に適っているが、彼はリーダーではなく、アイデアを求められて参加した参謀である。リーダーを食い殺した残虐なヤクザ組織なり、そのリーダーをサポートしてやれなかった金主なりが、もう少し責めをおってもいいのだが、それは服屋と新聞屋の主人公なので、どうも冷静にそこに立ち向かう絵ヅラを作れなかった、その代わりに全ての責任を押し付けられる位置に落ち着いてしまった気がする。確かに最後の最後まで可哀想な被害者を守りきれなかった企画者は責任がゼロであるとは言えないのだが、彼等が意図して被害者(大衆ではなく、もっとも被害をもっとも集中的に浴びた者)をそこに追い込んだ訳でもないのに。

W主役の小栗旬と星野源は全く違ったタイプのバディとしてよく機能してると思う。小栗旬って演技が特別に上手いとは思わないのだが、アニキャラみたいな架空の存在を演じさせたり、バディ物で強烈な個性の対極の普通の人を演じる時、きちんと嵌る。どれくらい加減すれば相手との繋がりが本当らしいかみたいなバランスの設定が上手いのかもしれない。

今回の映画の飛び道具は宇野祥平と原菜乃華。宇野祥平うまいわあ。原菜乃華かーいらしいわあ。

松重豊はやっぱり組織の中にいないと良さが出ない。それに古舘寛治を合わせるなんて通よのう。市川実日子も盤石。宇崎竜童なんて、もう本当にちゃんと役者なのでビックリする。

しかし、薄幸の少年少女の運命に涙しながら、ただ一番悪い奴は引きずり出してないんじゃないか。
映画途中で星野源が叫ぶ「面白おかしく記事にして、加害者家族の未来に責任は取れるのか」という設問には小栗旬の原稿は応えられていないんじゃないかと思う(偶然、良い再会があったからと言って、その部分がチャラになる訳ではないと思うのよ)。


【銭】
トーホーシネマのあまり安くならない会員割引デー(火曜日)で1400円で鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
罪の声@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
罪の声@yukarinの映画鑑賞日記α
スポンサーサイト



コメント

確かに

ふじきさん☆
確かに真実に近づいたけれど、実際の事件を基にしているだけあって、完璧な解決には至らずスルーされている部分が多くて、その辺りは引っかかったままですよね。
主な目的は声を使われた子供たちに対する「大人の責任について考える」ということなのだと思いました。
漫画もあるのですね~

  • 2020/11/06(金) 19:54:42 |
  • URL |
  • ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  • [ 編集 ]

やっぱり漫画とかで
登場人物をあらかじめ知っているのは重要だったんだろうなー
私は本も漫画も読んでなかったから
多い登場人物を把握仕切れなかったと思う
だからブログには景色のことしか書いてないwww
が、大筋は理解したwww
星野源の服の職人はハマってたなー
やわらかい京都言葉も関西の人かと思うぐらい身についてた。

  • 2020/11/07(土) 19:05:04 |
  • URL |
  • カシス☆ #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: 確かに

こんちは、マダムさん。

> 主な目的は声を使われた子供たちに対する「大人の責任について考える」ということなのだと思いました。

どんなもんでも物証はあかんのね。捜査対象になるから。それを子供を使って作ってしまった事に後から考えると「ぬかり」があるのですね。



> 漫画もあるのですね~

あまりオススメはしないですが、映画見た後だと読みやすくて面白く読めるかもしれません。単行本化されてるなら講談社のイブニングKCです。

  • 2020/11/08(日) 15:03:03 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、カシス☆さん。

> やっぱり漫画とかで
> 登場人物をあらかじめ知っているのは重要だったんだろうなー

いや、覚悟は出来たけど、マンガと映画の人間が似てないので予習になった気はしない。ただ、あ、このセリフは先に読んだみたいなのがあるのは予知能力者めいてて面白かった。



> 星野源の服の職人はハマってたなー
> やわらかい京都言葉も関西の人かと思うぐらい身についてた。

優しいはんなりとしたお父さんと、真の通った強そうなお母さんでした。

  • 2020/11/08(日) 15:09:06 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

やっぱ梶芽衣子でしょう。
平凡な母親役でキャスティングした訳じゃないだろうなあと思ってたら、やっぱり。

  • 2020/11/14(土) 23:13:48 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、ノラネコさん。

> やっぱ梶芽衣子でしょう。

殺気と言うか、緊張感漂う演技でした。
梶芽衣子と宇崎竜童が同じくらいの年と言えば、そりゃあそうだよなあ、と後から納得。確かに芸歴的に全く接点はないけど、同じ頃に活躍し始めたのだものな。

  • 2020/11/14(土) 23:37:47 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは。
全体的に配役が良かったですね。
派手過ぎず、地味過ぎず、絶妙な線だったと思います。
しかし、グリコ・森永事件が遠い昭和の出来事になったんだなぁ…と一番感じたのは梶芽衣子の「おばあちゃん」役でした。

  • 2020/12/08(火) 16:38:23 |
  • URL |
  • ここなつ #2gmiGI6Y
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは

こんちは、ここなつさん。

> 全体的に配役が良かったですね。
> 派手過ぎず、地味過ぎず、絶妙な線だったと思います。

近過去の話にしてはデブがいなかったので、、、、、

  • 2020/12/10(木) 16:02:06 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6009-402b82cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「罪の声」

日本を震撼させた最大の未解決事件の一つ、グリコ・森永事件を元にした「その後」の話。事件の脅迫電話に使われた声の持ち主を巡る「その後」である。面白かった。とても丁寧な作りなのも良かった。加えて適材適所に実力派俳優を配しており、見応えをより大きくさせる。演出も、華美ではないし必要以上にセンセーションを煽ったりしないけれど、むしろしっかりと心に届く。風化した事件を追う新聞記者阿久津英士(小栗旬)が...

  • 2020/12/08(火)16:41:46 |
  • ここなつ映画レビュー

「罪の声」@TOHOシネマズ日比谷

 公開3週目の夕方。au会員割引最終日と重なり、客席は間引き着席であるがまんべんなく観客が座っている。若い女性客が多い。映画の話平成が終わろうとしている頃、新聞記者の阿久津英士は、昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、30年以上前の事件の真相を求めて、残された証拠をもとに取材を重ねる日々を送っていた。その事件では犯行グループが脅迫テープに3人の子どもの声を使用しており、阿久津はそのこ...

  • 2020/12/07(月)00:08:54 |
  • 辛口映画館NEXT

罪の声・・・・・評価額1750円

本当の罪人は誰なのか。 1984年から85年にかけて日本中を震撼させた劇場型犯罪、グリコ・森永事件をモチーフとした重量級の人間ドラマ。 現実の事件は全ての公訴時効が成立し、未解決のまま完全犯罪となったが、犯人グループの要求を伝える電話に子どもの声のテープが使われていたという事実から、フィクションの翼を広げ、驚くべき深度を持った作品に仕上げている。 ひょんなことから、テープに自分の声が使われ...

  • 2020/11/14(土)22:54:00 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

罪の声

グリコ・森永事件をモチーフにした塩田武志の同名小説を、小栗旬と星野源主演で映画化した社会派ミステリーだ。昭和59年~60年に起きた大阪や兵庫を中心に起きた食品会社を標的にした誘拐脅迫事件は、その当時のマスコミを大いに騒がせ世間の注目を浴びたことを覚えている。2

  • 2020/11/14(土)19:55:29 |
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver

罪の声

35年前、誘拐・身代金要求そして毒物混入など食品会社への脅迫事件が相次ぎ、日本中を震撼させた「ギンガ・萬堂事件(ギン萬事件)」。 大日新聞の記者・阿久津英士は、既に時効となったこの未解決事件の担当となる。 一方、京都の注文紳士服店の2代目店主・曽根俊也は偶然、ギン萬事件の脅迫に使われた3人の子どもの声のうちの1つが、幼い頃の自分の声であることに気づく…。 ミステリー。 「俺の声だ―」

  • 2020/11/08(日)23:41:23 |
  • 象のロケット