FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『野良犬』神保町シアター

◆『野良犬』神保町シアター
五つ星評価で【★★田宮二郎の波に乗れず】
特集「没後30年 異端の美学 大映の成田三樹夫」から1プログラム。
1966年、カラー、85分、初見。
田宮二郎が明るいとぼけた関西弁で宿無しの一匹狼を演じる「犬」シリーズの第7作目。『白い巨塔』のイメージが強くて、こういうライトなのやってたのは全然イメージなかった。まあでもシリーズ化されてるから世間的な認知も高かっただろう。それでも、私には田宮二郎が無理して明るいセリフを言ってるように見えてしまい、なるほど役者に付く固定イメージってよろしくないな、と。明るくて、とぼけていて、自分の中に強い正義感を持ち、女は好きだが、女に弱い。今なら大泉洋がやったら似あいそうな役だ。まあ、田宮二郎版は妙に童貞マインドが強いから、その辺は改変対象かもしれない。
田宮二郎が交通事故にあった少女の兄を探すが、その兄は刑務所から出所したばかりで、暴力組織とトラブルを抱えていた。兄の役が成田三樹夫で、一応、役柄上は拳銃を常備しているから「殺し屋」なんじゃないかと思う。冤罪を押し付けられようとしており、でも、殺し屋なら受けて相応なリスクじゃないかと思わなくもない。この成田三樹夫が妙に正義漢が強く、まだ悪に染まりきってないのに、顔がそういう顔だから配役されてしまったみたいな。なので、こちらも往年の成田三樹夫みたいな根っからのヤクザみたいな図太さはない。この役は浪岡一喜に似合ってる。

「マスゴミ」って表現が初めて使われた映画だったりしないだろうか?


【銭】
一般入場料金1300円から曜日割引で300円引いて全員1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
野良犬〈1966年〉@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

役者に付く

>役者に付く固定イメージってよろしくないな

それしか知らない、観る機会がなかったら、「固定イメージ」ではないでしょ。
わちきは、それは単なる「先入観」だと思うな。
例えば、今の大学生あたりには「水谷豊」のイメージって「相棒」になってて「熱中時代」等にはならないと思われるけど、それを「固定イメージ」とは言われないでしょ。
TV版「白い巨塔」を観る前に、「悪名」とか「黒いシリーズ」を観てたら、この作品の田宮二郎に違和感(適切だろうか?)を感じなかったんじゃぁないかい。

いかん、「ちんちん」ネタじゃない。

  • 2020/11/13(金) 21:01:34 |
  • URL |
  • 粕人間 #-
  • [ 編集 ]

Re: 役者に付く

こんちは、先輩。

1980年より前くらいの邦画に関しては、摘まみ食いみたいな見方しかしてないから、全体的な知識が乏しい(ヤングだし)。だから、見た物や世間一般に思われてる流れから話をするのだが、勿論、それが本来の実像と噛みあわない事もあると思う。それが「先入観」か「固定イメージ」かどちらであるかは、実はどうでもいい。私はその二つを意識して二分しながら話をしていないし、そうする事が難しいから。
例えば、田宮二郎の明るい映画「悪名」「××犬」などを見ていないなら、見ていないなりに、田宮二郎が私に与えたイメージを元に話すしかない。そして、その時、TVなどで田宮二郎を偲ぶ映像群を元にイメージを作っていく事になる。そのの大部分が硬く、シリアスな田宮二郎なのだ。まあ、それはそうだろう。拳銃自殺で死んだ悲劇の役者であるから、セットとして付ける映像はシリアスな演技の方が嵌るのだ。直前の功績として『白い巨塔』がともに語られる事も多かったし、仕事のバリエーションとして、クイズ番組などのクールな司会ぶりが語られる事もあった。ただ、喜劇役者という枠組みではないから、田宮二郎のコミカルな一面と言うのは田宮二郎が在命中にそういう素材に触れた人により、色濃く残っている筈である。私はそうではなかった。マスコミによって流布されていた田宮二郎の「固定イメージ」は在命中と死後で違うのだと思う。先輩は前者、私は後者である。
もちろん、これは敷居が曖昧なだけで世代間である虚像に関する「固定イメージ」は違う。それは「先入観」を与えるメディアがずっと同じ物を流し続けないから。

今の若者が水谷豊の事を「相棒」しかやってない人という「固定イメージ」を持つのは妥当でしょう。
私だって、石原裕次郎の事を「太陽にほえろ」のボスしかやってない人というイメージしか持ってなかった。
まあ、この先は甘えなのだけど、だから、その「固定イメージ」は「先入観」によって与えられた「正しくない虚像」なのだから、全てを知って「正しい実像」を知るべきだとまでは思わない。そんな知識神みたいになるのは疲れるし、果てが見えない。

私は『野良犬』の田宮二郎に違和感を感じる。そりゃあ感じるだろう。今の吉永小百合しか知らない人が十代の吉永小百合を見たら違和感を感じるようなもんだ。でも、その違和感を感じなくする為に猛勉強しようとは思わない。しんどいもん。

そう言えば今の子供は「のび太としずかちゃんが結婚する」というエピソードを知らないらしい。そうね、そういう事が話題になった時代はもう過ぎた後なのね。多分、そういう当たり前と思ってる話題を共有できるのは40代くらいから後かもしれない。小学生とか手塚治虫知らないらしいし。そりゃあそうだ、本屋に並んでないものなあ。

> いかん、「ちんちん」ネタじゃない。

うむ。

  • 2020/11/14(土) 23:18:06 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

お約束

志村喬、市川右太衛門はどこに出てました?
(右太衛門のは現存してないらしい)

  • 2020/11/16(月) 18:55:20 |
  • URL |
  • 粕人間 #-
  • [ 編集 ]

Re: お約束

こんちは、先輩。

> 志村喬、市川右太衛門はどこに出てました?

渡哲也も含めて、そら、違う映画や。

  • 2020/11/16(月) 21:23:40 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6015-38f68ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)