FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『魔女がいっぱい』ユナイテッドシネマ豊洲2

◆『魔女がいっぱい』ユナイテッドシネマ豊洲2

▲アン・ハサウェイ、役者やのう。

五つ星評価で【★★★ラストそれなんかい?】
オクタビア・スペンサーがまたド善人。
紹介するのも面倒とばかり、大前提抜きにして、気のいい善人に仕立ててしまうのはキャスティングとしてはつまらないと思う。このオクタビア・スペンサーが主人公の少年の保護者にして、在野の白魔術師であり、なおかつ、ポンコツという位置づけ。このポンコツが巨悪を撃つのが映画のカタルシスな訳だが、面白いのは変身させられた三匹の鼠のうち活躍するのは主人公鼠だけで、彼はオクタビア・スペンサーの手足になる。巨悪であるアン・ハサウェイは沢山の部下を連れているが、彼等は雨に濡れたカキワリの様に雲散霧消してしまう。つまり、最終的には悪を撃つオクタビア・スペンサーと巨悪アン・ハサウェイの一騎打ちになり、関係が単純なのでアクションとして分かりやすい。
ああ、それにしても、アン・ハサウェイである。ステキよ、アン・ハサウェイ!その目も鼻も口も全てこの作品を作るために神から与えられたみたいだ。これで本当はアン・ハサウェイが内気で赤面症でモジモジだったら超萌える。『ガラスの仮面』かよ。
頭と手足の先端があーいうデザインの魔女と言うのは初めて見た。トカゲと蛇の中間種のようであり、指三本だから『本陣殺人事件』もとい『妖怪人間ベム』のようでもある。が、案外マンドラゴラのデザインに近いかもしれんなとか思ったりもする。
ラストの主人公の扱いに驚くのだけど、本当は30分で終わるような、ライトなホラ話という事かもしれない。


【銭】
ユナイテッドシネマ、有料使用ポイント2ポイントを使って1000円鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
魔女がいっぱい@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
魔女がいっぱい@yukarinの映画鑑賞日記α
スポンサーサイト



コメント

三匹の鼠

意地汚い小太りが、「でぶ」のお約束をやろうとしてたけど、
やっちゃたら、そこで終わっちまうもんな。
素振りだけでしたな。

  • 2020/12/19(土) 20:23:42 |
  • URL |
  • 粕人間 #-
  • [ 編集 ]

Re: 三匹の鼠

こんちは、先輩。

> 意地汚い小太りが、「でぶ」のお約束をやろうとしてたけど、
> やっちゃたら、そこで終わっちまうもんな。
> 素振りだけでしたな。

猫と鼠の関係から『長靴を履いた猫』を思い出したぞ。

  • 2020/12/21(月) 23:30:19 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6031-18f2c14d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔女がいっぱい

魔女は実在していて、実は世界中に潜んでいる。 若くおしゃれで上品な美女たちが、普通の人間の暮らしをしながらこっそり人間に邪悪な魔法をかけているのだ。 彼女たちの頂点に立つ邪悪な大魔女<グランド・ウィッチ>が目論む計画に、ある少年が気づいてしまう…。 ファンタジー・コメディ。

  • 2020/12/15(火)02:20:30 |
  • 象のロケット

『魔女がいっぱい』(2020)

ロアルド・ダールの小説をロバート・ゼメキス監督が映画化。プロデューサーがギレルモ・デル・トロとアルフォンソ・キュアロンというのが気になるし、音楽はアラン・シルベストリ。出演はアン・ハサウェイにオクタビア・スペンサー、スタンリー・トゥッチ、クリスティン・チェノウェス、クリス・ロック、ジャジール・ブルーノ、コーディ=レイ・イースティック。両親を事故で亡くした少年が、祖母に引き取られようやく明るさ...

  • 2020/12/08(火)19:50:21 |
  • 【徒然なるままに・・・】