FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『恋するけだもの』UPLINK渋谷1

◆『恋するけだもの』UPLINK渋谷1

▲ケダモノ。

五つ星評価で【★★★凄いけどちょっと雑】
同じ監督、製作で作った18分の短編『恋のクレイジーロード』を長編にリブートした映画。もともと18分だったのを85分に引き伸ばしたので、ちょっと余計な贅肉が付いてる感じはある。でもまあ、伸びてよくなった分もあり、そこは肯定しきれない、否定しきれない、というグレーゾーンみたいな形で仕上がった。
ケダモノとして覚醒する田中俊介の演技がともかく凄い(勿論演出あっての事なのだろうが)。マジに演技スペックが変わっただけで、同じ人間に見えないと言うのは凄すぎる。
W主役を張ってる宇野祥平はラストに向かって倍々ペースで良くなる。と言うより導入部がモタついている。割と本人や演出の中では前回を踏襲しているから、異常に見えても初めてじゃないからいいやと気にしていないように見える。でも、傍目に見ていても汚い姿で女装に見えない。前作はそれなりに容姿の問題は別にして、一見、女性に見えるかも、という観客を迷わせる部分があった。それはおそらく初登場から一つ一つ異常性が開花する構成だったからだろう。今回は「いきなり化け物」なので、その化け物が自らを「少女」と名乗る異常性が逆に埋没してしまった。キチガイだから変な事を言ってもしょうがないだろうと言う論理。でも、それではどんな演技をしても「キチガイ」という設定に呑みこまれてしまい、オンリーワンなキャラが立たない。あー、でも、シャベルを手にしてからは気持ちいい。あの地と接してカチカチ出る火花がいー。
二匹の化け物に対峙する三人のチンピラも、どう見ても噛ませ犬なのだが、銃を持たせた事により、化け物どものグレードが上がって見えたのはよかった。
ちなみに、2020年に見た最後の映画。


【銭】
UPLINK水曜1200円均一。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
恋するけだもの@ぴあ映画生活
▼関連記事。
恋のクレイジーロード(オリジン)@死屍累々映画日記・第二章
・恋するけだもの(リブート)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6044-72b2cd87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)