FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『機動警察パトレイバー』ユナイテッドシネマ豊洲12

◆『機動警察パトレイバー』ユナイテッドシネマ豊洲12

▲アルフォンヌ先生だって最高だぜ。

五つ星評価で【★★★★だって面白いからしょうがない】
1989年、カラー、120分、正確には分からないが3~4回目くらい。押井守監督。
劇場版は「2」の方が評判いいのだが、これはこれで充分、面白い。ただ「2」を見直したら、やはり又、打ちのめされてしまうのだろう。単純に「2」の方が悪夢の深さが深かったように記憶する。でも「1」も、昭和が終わり、平成も終わり、令和になった今、昭和の残滓として充分、魅力がある。昭和の終わりぐらいのまだ、クーラーが行き届いてなかった頃のうだるような暑さ、その暑さの中、徒歩で廃墟巡りさせられる刑事、刑事や特車2課が相手する犯罪者はシステム上に目に見えない時限爆弾のみ残してもうこの世にいない。彼が何を思って都市崩壊を企んだかは見終わっても判然としない。ただ、彼には壊す事が出来る才能があり、それを起こす衝動を止められなかった。一言で言うと「狂ってた」のだ。
これに立ち向かう特車2課の勝っても負けても結果としては負け戦。でもやらねばならないという姿勢がかっこいい。後藤隊長がムチャクチャ切れるのだが、この課長が切れる為には、それに相ふさわしい犯罪者がいなくてはならないというパラドックスもあり、それを考えたら、彼が自由に活躍ができないポジションと言うのは、現実的な人事采配かもしれない。それでも活躍しちゃうのだし。
今見ても内容はSFなのだが、モニターがみなブラウン管なのである(液晶は高価だし全然、汎用でなかった)。モニターに表示されるフォントや画像もパソコンをマイコンと言ってた時代に呼応してとても荒い。こういうのが肌感覚としてとても面白い。
登場人物キャラクターが、ゆうきまさみのマンガに馴れてるせいかノアがあまり可愛く感じない。作画としてリアルな人形にキャラの顔表情を合成するような作画をしているのが不自然で目に付いた。何でそんなんしてるのか?
聖書的なキーワードが散りばめられているがバビロンプロジェクト(バビルの塔建築)で、同時に作られる箱舟が災い(全ての人の言語を通用させなくする)の起爆装置になり、その持ち主であるノアが船を制御する事で人類の希望になる構成であるが、その先、彼等が生きていくためには飛び立った鳩が帰ってくる吉報を待たなければならない。確かに箱舟に鳩はいたが、彼らが飛び立っても、もう残骸と化した箱舟には戻らないだろう。今はいいが、その後はないぞという暗喩か。いや、そこまでは考えすぎだろう。


【銭】
『機動警察パトレイバー』:旧作料金1100円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
機動警察パトレイバー 劇場版@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6075-f317221a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『機動警察パトレイバー』

ロボットアニメでありながら、クライマックスに至るまで派手なドンパチはなし。殆どがミステリー物として展開していく。会話で繋いでいくシナリオも上手い。頻発するレイバーの暴走事件の原因は何か。新たに開発されたレイバー用のOSに原因があるのか。それはバグか、それとも故意に加えられたウイルスなのか。開発者は数日前に謎の自死を遂げたが、その目的は何だったのか。小出しにされた情報を手掛かりに、刑事の捜査と...

  • 2021/04/06(火)19:29:24 |
  • 【徒然なるままに・・・】

機動警察パトレイバー 劇場版

1999年夏。 自衛隊の試作レイバーが突如無人のまま暴走するという事件が発生する。 しかし、それは相次ぐ事件のほんの幕開けに過ぎなかった! 何者かが仕掛けたコンピュータウイルスによって、都内各所で作業用レイバーが次々と暴走。 警視庁特車二課第2小隊のはみだしポリスたちは、姿なき犯人を追ってこのメガロポリスを駆け抜ける…。 アクション・アニメ第1弾。

  • 2021/03/02(火)09:20:29 |
  • 象のロケット