fc2ブログ

『ライアー×ライアー』ユナイテッドシネマ豊洲5

◆『ライアー×ライアー』ユナイテッドシネマ豊洲5

▲そう言えばジム・キャリーの映画に『ライアー・ライアー』と言うのがあったな。あれは嘘付きの法律家(LOWERを子供が正しく発音できずに『ライアー・ライアー(嘘つきの弁護士)』になってた)。今回のは『嘘つき対嘘つき』。

五つ星評価で【★★歯痒さのホームラン王だ】
※ 酷評するだで、この映画を好きな人はスルーしてくれや。
森七菜は美人ではない。二者択一で言うなら「可愛い系」なのだが、この映画でずっとアップを見てるとそれも怪しく思えてきた。一つ一つのパーツはでかくて丸い。目も鼻も唇も、鼻の穴ですら。これは「可愛い」はギリあっても、そこから「セクシャル」とか「抱きたい」「寝たい」に進まない。極めてユルキャラ的な容貌、、、と言うより、ズバリ容貌がガチャピンである。
このガチャピンと大恋愛ドラマをする相手はジャニーズ・若手ストーンズの松村北斗。あー、知らん。本気で知らん。個人的には彼も、そのジャニーズ縁つーか、バーターで出演している友達役の七五三掛龍也も申し訳ないが美男とは思わん。巷のお嬢様方は今、こういうイケメンが流行なのかとは思えても、あまりにも自分のイケメン感覚と掛け離れているので、どーも映画の話に乗りづらい。なんか完全脱毛して若返った「ずん」の飯尾みたいでない? あと髪型からくるイメージで『ちはやふる』に出てたヒョロくんとかヒョッコリはんとか「ヒョ」に縁があるように感じてならない(何だよ「ヒョ」に縁があるって?)。

嘘から出た誠でギャルJKに変装した自分と義理の弟のラブ・ストーリーな訳なのだが、こんなのは相手の事を考えるなら、すぐにバラしてやれよ、としか思わない。バラせないのは相手の事を思っているように偽装しながら、自分に与えられるショックが怖いだけである。「あんな真剣に自分を思ってくれているのに本当のこと言えないよ」ってのは一見優しいようでいて、大変、性悪だと思う(だって、事態は何一つ改善しないもの)。ちなみに、物語は『思い、思われ、振り、振られ』の変形パターンである。

個人的には、こういう時に出てくる主人公を惑わす第二の相手である、カラスマくん(小関裕太)がいい人すぎて、主人公もうちょっとどうにかならんかなあ感が強まってしまった。

AさんとBさんの顔立ちが似てるかどうかはマンガやアニメに適した表現だ。だって細部を描かずに「似てる」「似てない」の主観要素だけ描けば「ソックリな顔立ち」に脳内補完されてしまうのだもの。これは便利。ちなみに、アニメでこの利点を十二分に使っているは『プリンセス・プリンシパル』

総論で言えば、人を愛するならもちっと真面目に愛した方がいいと思う。肉体関係にまでは至ってないようなので、それも含めて中学生対象みたいな恋愛映画だ。


【銭】
ユナイテッドシネマのメンバーズポイント2ポイントで1000円鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ライアー×ライアー@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる