fc2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『最後の決闘裁判』109シネマズ木場7

◆『最後の決闘裁判』109シネマズ木場7

▲左から、間男、妻、夫。

五つ星評価で【★★★ダークですな】
「最後の決闘裁判」と言うタイトルで「サイゴの決闘相手はキーラ」とかつい言ってしまう老害。
「最後のケツを問う裁判」と言うタイトルで「サイゴ×キーラ」、キーラのお目々はキラキラだから壁ドンされないようにバックでズンドコとかつい思ってしまう腐女子的老害。
そんなにヒットしてないと聞いたので、明るく楽しくライトな「踊る決闘裁判」にしないと、と思ったエコノミック老害。

一つの強姦事件を三者三様(夫、間男、妻)の視点から描く。これは実は黒澤の『羅生門』と同じ構成。ただ、藪の中で三人が争う『羅生門』と異なり、事件その物は妻と間男のみでなされる。なので、正しいか嘘かについては「妻」と「間男」しか答を持ちえていない。逆に「夫」にとっては、その事件が正しいか嘘であるかは大きな問題ではない。『羅生門』で大事になった誰が誰を好きになるという恋愛感情の揺らぎやその際に発生する優越感・劣等感がこの映画にはない。「夫」と「妻」の関係性が現代と違うからだろう。「妻」は「夫」にとって、「パートナー」や「相棒」ではなく「子を産む為の用具」でしかない。だから、「妻」が「間男」とまぐわっても、馬の種付け程度に相手として「あの馬はダメだ」としか思っていない。おそらく「夫」は「妻」の才覚についても認めていない。それは彼女が彼女の権限として口を出す仕事ではないからだ。
物語は「妻」の近くに三人の女性を配置している。「女中」「女友達」「義母」だ。「女中」に性はない。働くのみだろうし、手を付けられたとしてもそれだけの関係で、甘んじて受け入れなくてはならないに違いない。「女友達」は強姦犯の味方に近く、「イケメンと上手くやったわよね」程度にしか思っていない。おそらくこっちの方が当時の一般感覚だったのではないか? そして「義母」は同じように自分を押し殺し忍従してきた。だが、「妻」の仲間ではなく、彼女は「母」になる事で、やっと家族として迎え入れられたし、それを「妻」にも求めている。つまり「妻」だけ、現代的なキャラクターであり、浮いている。「妻」だけが「家」より自分が大事な人間である。
「妻」に比べれば、「夫」や「間男」は自己の権利闘争の為に、この裁判を利用している。「夫」も「間男」もそれぞれがそれぞれの政敵であり、亡き者に出来れば、より自分の権利をその所領で拡大できるだろう。それは「家」の為だ。「家」を強くし、「家」を守る事が「家族」を守る事に繋がる。「妻」の父はそれが出来なかった。「夫」も「間男」も「神」と「王」の威光を借りて自らの権利を主張する。これは一発逆転のチャンスである。先に裁判まで起こしたのに認められなかった「夫」の所領も、相手が「神」が正しくないと断罪した男であるなら、彼の手に戻るかもしれない。「間男」側は「間男」側で、「夫」が持つ全ての財産(残念ながら「妻」は含まれない)くらい簒奪できる可能性がある。何と言っても「神」に断罪された相手なのである。
こういう構造があるので、『羅生門』とは違う。誰が正しいかではない。彼等一人一人に関しては誰もが正しい。きっつい映画である。

マッド・デイモンとベン・アフレックが脚本を書いたという事で出演も兼ねているのだが、おかげでたいそう芋くさく、英語喋ってるのもあって、イギリスっぽかった。でも、フランスだ。マッド・デイモンはジャン・ギャバン、アダム・ドライバーはアラン・ドロン、ジョディ・カマーはエマニュエル・ベアールとかなのかもしれん(最近のフランス人役者知らん)。


【銭】
ファーストデー価格1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
最後の決闘裁判@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
最後の決闘裁判@ノラネコの呑んで観るシネマ
最後の決闘裁判@yukarinの映画鑑賞日記α
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント

こんばんは

これ戦国時代の日本舞台でリメイクしたら面白そう。
同じ展開にはならないだろうな。

  • 2021/11/13(土) 22:04:08 |
  • URL |
  • ノラネコ #xHucOE.I
  • [ 編集 ]

Re: こんばんは

こんちは、ノラネコさん。

> これ戦国時代の日本舞台でリメイクしたら面白そう。
> 同じ展開にはならないだろうな。

戦国時代で話が複雑になるのはお小姓さん(旦那のBL相手)の存在。妻とお小姓さんは互いをどう思ってたのかが興味津々すぎる。奥さんに手を付けられて争いにならないという事はなさそうだけど、TV時代劇とか見てると、誰もいない相手の城で奥さんに手を付けるという状況を作る事自体が難しそう。しかし、裁判の結果を神に委ねるという神様が唯一神でないから、信長辺りが「主君の前でお主らの自分が正しいと思う覚悟を争わせてみよ」みたいにしないと決闘裁判の開催も難しいかも。まあ、逆にいろいろ変わって面白そうです。

  • 2021/11/14(日) 16:56:26 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6248-e9c49658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最後の決闘裁判

14世紀末のフランス。 騎士ジャン・ド・カルージュの妻マルグリットが、夫の旧友ジャック・ル・グリに強姦されたと訴える。 目撃者はおらず無実を主張されるが噂は広まり、真実は神による絶対的な裁き“決闘裁判”に委ねられることに。 勝者が正義となり、敗者は命拾いしても死罪。 もし夫が負ければ、妻までもが偽証罪で火あぶりの刑を受けることになるのだった…。 実話から生まれた歴史ドラマ。

  • 2021/11/14(日)22:03:45 |
  • 象のロケット

最後の決闘裁判・・・・・評価額1700円

三つの“真実”、本物はどれ? 中世のフランス。 マット・デイモン演じる、騎士ジャン・ド・カルージュの美しい妻マルグリットが、夫の旧友に強姦されたと告白する。 だが、加害者とされた男は疑惑を真っ向から否定。 目撃者はおらず、証拠もない。 夫は神のみぞ知る真実を証明するために、敗者が死刑となる決闘裁判の決行を王に訴える。 果たして、嘘をついているのは誰なのか? フランスで法的に認められた最後の...

  • 2021/11/13(土)22:00:40 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ