fc2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アイス・ロード』トーホーシネマズ日本橋7

◆『アイス・ロード』トーホーシネマズ日本橋7

▲ニュー・マトリックス トリオ
もとい、運ちゃん3人。トラック転がしてそうファッションと言おうか、競馬場で「行け、行かんか、刺せ、まくれ、本気で走らんとしばくぞ、われ」と叫んでいそうな服。あと、アル中っぽい。

五つ星評価で【★★★★不満ゼロではないが全くもって上々の出来】

ツイッターでの最初の感想(↓)

リーアム・ニーソンの特殊職業シリーズ、トラッカー編。政府の暗部と関係ない時は貧乏。一緒に運転する姉ちゃんが今田未桜を3倍くらいヤク中にしたみたいな顔のトラブルメイカーでグッと来る。

とりあえず、今田桜だな。ごめん。

地下に閉じ込められた作業員の命を救うため、特殊な救助機器をアイス・ロード(天然のスケートリングやね)の上を突っ走って届けに行く三台のトラック。各トラックにはそれぞれその救助機器が乗せられ1台でも時間内に到着すればミッション成功になる。つーか、そんな大事な救助機器、工場内に常備しておけよ(そんなに使用頻度が高い物でもないので一台くらい常備しておかない理由が全く分からない)。到着一分くらいで装着してたので、あれ三分割してヘリで運搬して、現地で溶接とかでも出来たんじゃないか? いや、主人公達が走れなくなる展開は捨てておこう。

トラック三台で乗るのは5人。
運ちゃん三人とメカニック一人(リーアム・ニーソンの弟で軍歴ボケあり)、保険会社の見届け役一人。
メカニックはと言うか、リーアム・ニーソンもなのだが、トラックを知り尽くしてるのがちょっと良い。巨大トラックが氷原で全て横転してしまうなど絶望にしか見えない状況をヒョイヒョイ乗り越える。なるほどなるほど。
ローレンス・フィッシュバーンが出てくるなり偉そうで、偉そうにするだけの野郎なのだけど、ちょっと贅沢で豪華な使い方だった。別にこの映画に出たから『マトリックス』降板した訳ではないだろうが、あっちも出てやれよ。ローレンス・フィッシュバーンって映画に登場して5秒で観客にマウント取っても許される役者で、そういう役者ってあまりいない。全盛期の梅宮辰夫とかか。
リーアム・ニーソンも老境至ってすっかりアクション役者だが、「年は取っているがムチャクチャ強い」という隙間ジャンルで主役を張ってもう何本も撮ってるって凄い。ブルース・ウィリスみたいに試しに撮ってみましたみたいな人はいるけど、ここを主戦場にしてる人はリーアムさんくらいしかいない。ある意味、クリント・イーストウッドが生きてるだけでこの域とも言えるが、流石にイーストウッドに殴る蹴るやらせると骨が折れそうだから注意がいる。リーアムさんには望む人がいるうちは老骨鞭打って頑張ってほしい。それにしてもこの人はいつも哀しい顔をしている。ハワイとかグアムに行ってもずっと日陰にいて笑わないイメージ。貧乏神かよ(しまった、似合いそう)。
三人目の運ちゃんがアンバー・ミッドサンダー。姉ちゃん性悪な顔してて、メキシコ辺りで3年娼婦やってた今田美桜みたい。いいね、今田美桜メキシコで3年娼婦やってほしい。場所はどこでもいいけど最初の客になりたい。と言うか、今田美桜もだけど、目が反抗的。ちんちん見せたら「汚いもの見せるんじゃねえよ」って言いそう。まあ、あまり綺麗なちんちんってのも頭に浮かばないんだが。そうだなあ、ベース金とスワロフスキーでカバーして、アール・ヌーボーな絵柄を蛍光色であしらったグッド・ルッキングなちんちんを今田美桜の周りに10本くらい並べて、本気のイヤな顔をされたい。あ、アンバー・ミッドサンダー、今田美桜、って吉川ひなのに似てるかもしれない。三人集めて30本のグッドルッキングなちんちんで囲みたい(何だよそれ!!!)。
映画は単純にトラックが氷原を走るだけの映画にならず、思った以上にちゃんと緩急がある。ただ、トラックの設定を3台にした為、トラック単位、又は搭乗者単位に話が分断される事がちょっとあり、これは人それぞれかもしれないが、個人的には少し話が停滞してるっぽく感じないでもなかった。あと、スピード重視されるミッションなのに、ちょっとトロトロ感出てしまう部分がままあるのも減点としたい。ちょっと前までちんちんの話してたのに厳しいな、俺。
ネズミが『ガンバの冒険』とか『レミーのおいしいレストラン』くらい活躍するとは思わなかったが、あれだったらそんな執拗にネズミにしなくてもいいくらいな感じはある。アナベル人形とかでもよいよ。ミッション失敗しちゃうだろうけど。
ミッションの妨害者がかなり執拗にプロでいい感じ。あのしつこさは買いだ。ラスボスの悪い奴が顔は特徴あるが案外中間管理職のしょぼい奴なのもいい比較。まあ、ラスボスがローレンス・フィッシュバーンだったら、ギリギリ、リーアム・ニーソンは勝てなそうだから、そこをそういうキャスティングにはしないだろうけど。何となくではあるけど、ラスボスが全盛期の梅宮辰夫だったらリーアム・ニーソン勝てる気がする。まあ、単純にトラックで轢いちゃえばいいだろう。

※オマケ※
「アイス・ロードどんな映画だった」
「タイトル通りだよ。みんな労働を愛すてた」
「訛るなよ」

※ダメオマケ※
「単純に凍った道でなく、もっと氷の深い部分に水が浸透した…」
「ディープ・スロー…」
「弁士中止!」

PS

ポスター図案。大きく映っている黄色いトラックには主役のリーアム・ニーソンが乗ってなかったりする。リーアム・ニーソンが乗ってるトラックは後方小さく映ってる赤い方(別に3倍速かったりしない)。つまり、ガンダムで言うと手前にガンタンク、後方小さくガンダムが映ってるような状態。後ろに大きく顔が出てるリーアム・ニーソンも敵ボスキャラみたいだ。
ローレンス・フィッシュバーン「誰がハヤト・コバヤシやねん!」


【銭】
トーホーシネマズの有料入場ポイント6ポイントを使って無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アイス・ロード@ぴあ映画生活
▼次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
アイス・ロード@風に吹かれて
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント

そうそう!
ローレンス・フィッシュバーン出てた なんにでもでてるなあ〜と思ってたら すぐいなくなったから忘れてた
確かに贅沢な使い方
今田美桜ちゃんもこのブログ読んだらびっくりするやろなぁ〜
こんなにおチンチン要素があるなんて
(∩∀`*)(。つ﹏<。)(*´艸`*)

この映画 私もアイスわぁ〜
リーアム・ニーソンの映画また観よう!

  • 2021/11/17(水) 19:42:53 |
  • URL |
  • カシス☆ #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、カシス☆さん。

> 今田美桜ちゃんもこのブログ読んだらびっくりするやろなぁ〜
> こんなにおチンチン要素があるなんて
> (∩∀`*)(。つ﹏<。)(*´艸`*)

いや、それは、すまん。



> この映画 私もアイスわぁ〜
> リーアム・ニーソンの映画また観よう!

ただ、リーアムさんの映画、取りっぱぐれがない。何かしら返ってくるから。

  • 2021/11/19(金) 00:43:41 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは。

>つーか、そんな大事な救助機器、工場内に常備しておけよ
これこれ!私もこれ第一に思いましたですよ。
で、アイス・ロード全く関係なくなっちゃうから禁じ手のヘリコプターも、アメリカなんだから空軍でも使えば?レベルでアリだと思うし。
でもなんか、目的が段々変わっていって、最後には抗夫の口封じが目的になっていってなんのこっちゃになってしまってますからねぇ。
もう、経営者がバカでやってらんない、的な話のオチになりそう。

  • 2021/11/21(日) 22:28:12 |
  • URL |
  • ここなつ #/qX1gsKM
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは

こんちは、ここなつさん。

> でもなんか、目的が段々変わっていって、最後には抗夫の口封じが目的になっていってなんのこっちゃになってしまってますからねぇ。
> もう、経営者がバカでやってらんない、的な話のオチになりそう。

しかし、抗夫を口封じするなら、トラック側より炭鉱側でもう一発地崩れしそうなところを秘密に爆発するとかできた気がする。

  • 2021/11/22(月) 21:38:54 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

ツッコミどころ

ふじきさん☆
色々な意味でツッコミどころ満載でしたが、ただ走っているだけなのにしては面白かったですよね~
命を助ける装置を常備していないのは、経営陣が労働者を軽んじている職場ってことを強調しているのかも?

  • 2021/11/23(火) 23:49:36 |
  • URL |
  • ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2
  • [ 編集 ]

Re: ツッコミどころ

こんちは、マダムさん。

> 色々な意味でツッコミどころ満載でしたが、ただ走っているだけなのにしては面白かったですよね~
> 命を助ける装置を常備していないのは、経営陣が労働者を軽んじている職場ってことを強調しているのかも?

♪命短し恋せよ労働者。ガスの検査機切りで貰うお金はみんな恋に使っていたのよ。あ、鉱山女性がムチャ少ない。あれか、恋のガチムチ鉱山みたいな奴か。

  • 2021/11/24(水) 23:18:56 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんにちは☆

TB&コメントまで、ありがとうございます!

アメリカでは配信だけとは!(>_<)
この作品は、劇場鑑賞で盛り上がりたいですよね。
配信だと、面白みが半減ですね.....orz

  • 2021/11/27(土) 19:02:39 |
  • URL |
  • yutake☆イヴ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、yutake☆イヴさん。

> アメリカでは配信だけとは!(>_<)
> この作品は、劇場鑑賞で盛り上がりたいですよね。
> 配信だと、面白みが半減ですね.....orz

重低音が気持ち良さそうな映画は劇場が良いですよね。後、トラックがでかいんだから、でかいスクリーンで見たい映画です。しくったな、アメリカ(色々事情はあるんだろうけど)。

  • 2021/11/29(月) 05:00:01 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

THE GREYとかスノーロワイヤルとか、リーアム・ニーソンには寒そうなところが良く似合いますね。次の『マークスマン』は暑そうなところ(メキシコ国境)らしいですが

  • 2021/12/15(水) 22:47:35 |
  • URL |
  • SGA屋伍一 #TyXokUWg
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんちは、伍一どん。

> THE GREYとかスノーロワイヤルとか、リーアム・ニーソンには寒そうなところが良く似合いますね。次の『マークスマン』は暑そうなところ(メキシコ国境)らしいですが

寒暖はともかく、平和な場所でお孫さんか猫と一緒にのんきに暮らしてもいいじゃないか。

  • 2021/12/16(木) 01:26:31 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

こんにちは!

コメントありがとうございました。
なんていうか一言で表したら

リーアム・ニーソン怒りのアイスロード

て感じがしないでもないですが、何時もみたく元軍人とか元〇〇じゃなく普通のおっさんてのがそれ相応のアクションとしてちゃんと反映されていたのは好印象でした。

  • 2022/05/06(金) 14:45:10 |
  • URL |
  • ヒロ之 #-
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは!

こんちは、ヒロ之さん。

> 何時もみたく元軍人とか元〇〇じゃなく普通のおっさんてのがそれ相応のアクションとしてちゃんと反映されていたのは好印象でした。

元○○とは何ぞや、元老院とかか? 閑話休題。電動ウィンチとロープがあれば、大概のトラック事故はどうにかなることが学べました。

  • 2022/05/07(土) 20:23:35 |
  • URL |
  • fjk78dead #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/6253-52adcba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アイス・ロード

爆発事故で、カナダの鉱山の地下に26人の作業員が閉じ込められた。 地下の酸素が尽きるタイムリミットは30時間。 救出装置を運ぶため、4人のトラックドライバーが集められる。 30トンの巨大トラック3台が走る最短ルートは、氷の道〈アイス・ロード〉。 スピードが速すぎれば衝撃で、遅すぎれば重量で、氷が割れて水に沈んでしまう。 その上、この事故には危険な陰謀が隠されていた…。 レスキュー・エンタテイ...

  • 2021/12/05(日)22:36:31 |
  • 象のロケット

映画『アイス・ロード』☆氷上で不可能を可能にするリーアム(^^)/

作品について https://cinema.pia.co.jp/title/188037/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・マイク: リーアム・ニーソン☆ ガス事故現場に、救出機材を運搬することになった 3台のトラックだが “薄氷“のアイス・ロードを通り切るテクニックが 必要だったー ↑敵は“氷“(だけ)だと思っていたら 思わぬ伏兵がいて、ミッションを さらに不可...

  • 2021/11/27(土)18:57:16 |
  • yutake☆イヴの《映画★一期一会》

「アイス・ロード」

閑話休題。というか、東京国際映画祭の作品について書き続けていて、深く真面目に考える、とか意図を模索する、とかが続いて少し疲れたので、何も考えずに観られる映画を観たいなぁ、というレイジー&クレイジーな私が出てきたので、本作の鑑賞を選択。いや、予想を超えて面白かった。何も考えずに、ただ楽しめればいいのよ〜という気持ちに沿っていることもさることながら、30t(もしかしたら荷だけが30tなので車体を...

  • 2021/11/21(日)22:31:01 |
  • ここなつ映画レビュー